オオルリ 

カテゴリ:野鳥図鑑 ア行

オオルリ

IMG_47536.jpg

スズメ目ヒタキ科
英名 Bule-andwhite Flycatcher
大きさ/ L16cm W27cm

日本へは夏鳥として渡来し、山地の渓流沿いのよく茂った林に住む。

オスはよく木の梢に止まり、樹上で綺麗な声で囀る。

その美しい鳴き声は、ウグイス、コマドリとともに日本三鳴鳥とされる。

また、コルリ、ルリビタキと並ぶ青い御三家の一角でもある。

IMG_0851_1.jpg

オスの背中は尾羽も含めて光沢のある青色をしていて、尾の基部には左右に白斑がある。

大山ではポピュラーで、至る所で美声を聞くことが出来る。

IMG_47553.jpg



アカショウビン 

カテゴリ:野鳥図鑑 ア行

これからぼちぼち僕が撮った鳥の記録を野鳥図鑑として残していこうと思います。




まず一回目としてアカショウビンです。

IMG_47287.jpg

アカショウビン(赤翡翠)
ブッポウソウ目カワセミ科
英名:Ruddy Kingfisher
大きさ/L28cm W40cm

体の大部分は黄色みを帯びた赤色で翼には紫がかった光沢がある。
腰の中央には瑠璃色の羽毛がある。
IMG_47231.jpg

くちばしは赤く足も赤い。

夏鳥として全国のよく茂った林に渡来し繁殖する。

鳴き声は「キョロロローーー」と尻下がりに鳴く。

飛びながら「キョロロ、キョロロ」と短めに繰り返す。

IMG_47203.jpg

オスもメスもほぼ同色。

唯一お腹の色の濃淡で見分けることが出来、色が濃いのがオスで薄いのがメス。

背中から見ただけではどちらか判別は出来ない。

ちょうど真下から撮影できましたが、さーてこれはどっちかな~?(笑)

IMG_46903.jpg

観察できる時期 5~8月 (あくまで僕自身が観察できた時期です)



こんな感じでアップしていこうと思います。

基本的に写真と動画ないし音声ファイルを一緒に残していくつもりでいます。

今の時点ではそのファイルの無いものもありますし、この先もっといい

写真が撮れるかもしれません。

ですので内容は随時変更ないし補足していきます。

僕の目の黒いうちに、果たして何種類掲載することが出来るか楽しみです。