琴浦町の憂鬱 

カテゴリ:ポタリング

この日は朝から不穏な空気が立ちこめていた。

IMG_32962.jpg

この一週間前、ゆるポタさんのこの一言から全ては始まった。

「大山を走りたい」と。

つい不覚にも「だったら付き合ってもいいよ」と言った私。

それだけなら良かったが、その場にいたマシンガンさん、そして大山だからと言う理由だけで

選ばれたぽん太さんにまで白羽の矢が立った。

犠牲になるのは私一人で良かった、なのにさらに二人も巻き込むとはなんとも卑劣な(笑)

どうやら私の一言の時点でゆるポタ氏の青写真が出来かかっていたに違いない。

だが、私は一筋縄ではいかない男である。


当日集合場所に着くとすでにゆるポタさんとぽん太さんが何やら密談をしていた。

どうやって私たち二人を坂で苦しめてやろうかという相談だったに違いないが、私は

朝からもう自転車に乗る気はさらさら無かったのだ(笑)

というのも理由が二つある。

ひとつはこの日琴浦町で河本家住宅の一般公開が最終日であること。

そしてもう一つは事前に申し出ていた光地区の鏝絵を見に行くにあたり、ちょうどこの日

なまこ壁・鏝絵サミットというのが開かれており、午前中に行っておかないと午後は人が

多くなるという心配があったからだ。

その旨を説明し、当初の目的であった大山の坂を走るという計画はこれでなくなった。

そして車で移動、向かう先は光地区。

途中ゆるポタさんが電話で「どこまで行くの~?、そろそろ自転車乗ろうよ~」と何とも

拍子抜けした声で言ってくる。

「いいから黙って付いてこい!」と蹴散らし、光地区へ。

ここで撮影会の幕開けである。

私は以前ここは撮影済みなので、今回はマニュアルカメラをもって向かうこととした。

一同それぞれ思うままに撮影していく。

私も順調に撮影しているかに思えたが、ふと気になることがあった。

で、恐る恐るカメラを覗いてみるとどうやら予感は的中。

レンズの絞りが動いていなかったw( ̄△ ̄;)wおおっ!

時々動かなくなることはあったが、まさかこんな日に症状でなくても(笑)

まあ後日無事に直ったことは付け加えておこう。

ここで撮影を楽しんだ後、自転車乗りたくてウズウズしてる人がいるので、役場の駐車場に

車を止めてポタすることにした。


昼食、河本家住宅と進みゆるポタさんが気になるという田園地帯へと向かうことに。

道がわからないというので、少し坂のあるほうへと誘導した。

快調に飛ばすゆるポタさんとぽん太さん、私とマシンガンさんは後方から追走。

IMG_33086.jpg

この後少しアップダウンするコースを走ったがゆるポタさんのブルーノには坂というのは失礼か。

私でも3速で登り切ったほどであるから、たいした坂ではない(笑)

そして田園地帯へと突入。

IMG_33114.jpg

ここで再び皆さんの撮影モードに火が付いた。

もう言葉はいらない(爆)

IMG_33101.jpg
ダイヤモンドフレーム&ブルックス3兄弟

IMG_33134.jpg

おそらくこの時点でゆるポタさんの青写真はもろくも崩れ去っていたはずであった。

だが、どうやら無理矢理にこじつけて記事にしたようである。

真相は、当日参加した4人のみが知るところである( ̄ー ̄)ニヤリッ

だがゆるポタさんにはもう一つ自慢することがあったのだ。

IMG_33143.jpg

IMG_33144.jpg

これでもかと言わんばかりに見せつけてくる、なんとも嫌みな男だ(笑)

しかし、それが様になっているのだから悔しい(-_-;)

ある意味私は燃え尽きたのかもしれないが(笑)

IMG_33147.jpg

忘れてはいけない、私の心の火はまだ消えてはいないことを。

IMG_33151.jpg

だがそんな事は口には出さず、ぐっと心にしまい込んだ。

そんな私を夕陽が優しく包み込む。

IMG_33202.jpg

約束しよう、いつか必ずこの場所に戻ってくると。

IMG_33215.jpg


最後までご覧頂きありがとうございます。

琴浦町シリーズは以上で完結します。


蒜山走行会 2010・秋 ~蒜山焼きそばリベンジ~ 

カテゴリ:ポタリング

昨日蒜山高原サイクリングロードにて恒例の山陰ポタリング倶楽部の走行会が開催された。

朝少し早めに出たので途中御机に寄り道してみた(笑)

IMG_32380.jpg

朝から青空が広がり、大山もスッキリと見えていた。

IMG_32385.jpg

これで気分良く蒜山へと向かえるはずだった。

しかし、この日は「蒜山高原マラソン・全国大会」というのが集合場所付近で開催されており

交通規制のため集合場所に辿り着けないという波乱の幕開けとなった(笑)

ゆるポタ部長の機転により急遽集合場所を変更し事なきを得た。


この日集まったメンバーはゆるポタ部長にいつか見た風景さん、尚さん、初参加となる

ケンケンさんに紅一点のsugarさん、そして私の計6人。

ちょっ物足りない気もするが、いろんな事を考えるとちょうど良いくらいの人数だったりする。

そのあたりがビミョーであるが(笑)


スタートはバタバタしたがこの日の蒜山はまさに小春日和(ちょっと早いか)。

走っているとちょうど良いが、止まると少し汗ばむくらいの気温である。

朝夕の気温の変化を考えるとこのくらいがちょうど良い。

IMG_32404.jpg

青空が広がり、風もほとんど感じられなかった。

IMG_32422.jpg

川の水面も穏やかである。

途中栗が落ちていたが、誰かが悪さを始めた。

栗とブルックスのハニーがベストマッチだった(爆)

IMG_32427.jpg

さて、今回はいつものサイクリングロードとは異なり一部集落の中を走ることとなった。

IMG_32465.jpg
これはいつかさんと被ってしまった(^^ゞ

IMG_32483.jpg

いつもとは違う光景に自転車を止める回数も必然的に多くなる(笑)

IMG_32485.jpg

これは名前はわからないがきれいな虫でした。
IMG_32482.jpg

畑の中の一本道をゆるゆると進んでいく。

IMG_32523.jpg

IMG_32510.jpg

ちょっと走っては写真、また走っては写真と走りを満喫することは出来ない(笑)

尚さんは少し退屈されていたかもしれない。

写真を撮る時間が長すぎて、走る距離の割には時間ばかりが過ぎていく。

昼を少し回ったところで食事をとることにした。

当初はそばを食べる予定であったが、この日の蒜山はかなりの人が集まっており、ゆっくりと

食事をすることはままならないと思った。

そこでそばは取りやめ、近くでちょうど席の空いている所があったのでそこで昼食とした。

「きんべえ」という店にしたのだが、ここで思わぬメニューを目にすることとなった。

そこには「たれ焼きそば」とあった。

この店はあいにく「ひるぜん焼きそば好いとん会」に入会していないためひるぜん焼きそばを

名乗ることは出来ないそうだが、この店自慢のたれで焼き上げたれっきとしたひるぜん焼きそばである。

そして、ここは肉の種類を豚ととり2種類から選べるようになっていた。

春にひるぜん焼きそばを食べたときにえらい目にあったので、今回は無難に豚でいこうと思った。

だが、あのときとどちらがうまいか比べるには鶏肉じゃないといけないといつかさんが言い出した。

今回焼きそばを頼んだのは私を含め三人。

だが誰も「うん」という者はいない。

しょうがない、では私が鶏を食べてリベンジを果たそう、と言うことになった(笑)

普段鳥を撮影している私に鶏肉を食べろとは何とも酷な話ではないか。

早速出てきたきんべえ焼きそば。
IMG_32533.jpg

見た目は、どちらかと言えば前回のほうがいいかもしれない。

気になる鶏肉はというと、やはり少し硬い。

気になったので調べてみた。

ひるぜん焼きそばでは「かしわ」と呼ばれる鶏肉を使うらしい。

本来かしわとは鶏肉一般の名称として使われるらしいが(かしわめし、かしわうどんなど)、

岡山では老鶏のことをかしわというらしい。

なので若鶏や普通の鶏肉と比べて食感が硬いようである。

だとすればこの硬さは妥当なところか。

気になる味のほうだが、前回食したときより数段こちらのほうがうまい。

ただ、普通に焼きそばとして食べるには若干疑問の残る味だが、いわゆるB級グルメとして

みればこれは美味しいのだろうと思う。

残念ながら私にはB級グルメという概念がわからないためではこれが絶品かと聞かれると

それは返答に困るところである(^^ゞ

ま、そんなことで楽しい昼食タイムもあっという間に終わり、再びコースへと戻る。

IMG_32553.jpg

少し秋の気配を感じられるポイントでまた撮影タイム。

みなそれぞれに撮影を楽しむ。

紅葉はまだ早いようだが、イチョウだけが少し色付いていた。

IMG_32581.jpg

これから気温は下がっていくが、もう半月ほどすればきれいな紅葉が見られるだろう。

そうこうしているうちに日は傾き始め、走行会も終盤へとさしかかる。

IMG_32583.jpg

最後の撮影はお約束の「Nadja」

みな思い思いにシャッターを切っていた。

IMG_32587.jpg

こうして今回の走行会は昼頃に一時雲が広がったがその後天気も持ち直し、終日

穏やかな中無事に終了することとなった。

IMG_32611.jpg

あ、忘れてた!

今回は一部コース変更となったので酪農大学前の坂道は通らなかった。

だが、もう一つの坂、高原センター裏の坂道は通ったのだが、ここでとんでもない光景を

目の当たりにすることとなった。

坂道を前に何やらサドルの位置を高くしていたケンケンさん。

これは坂道を前に気合いを入れてるなと思ったのだが・・・・。

なんと、坂道が急だとわかるやいなや、あっさりと自転車から降りてしまうではないか(爆)
IMG_32539.jpg

オーマイゴッドですよ(爆)

私たちより前に家族連れが坂にさしかかっていたが、そこの男の子はヒイヒイ言いながらも

必死でペダルをこぎ続けていたというのに・・・。

のこり10メートルほどになってようやく自転車に乗り坂道を上がってくるケンケンさんと

2年前のtakesanさんとが重なって見えたのは私だけではなかったはずだろう(笑)

きっと数ヶ月後にはケンケンさん自らリベンジの申し出があるはずである(爆)


秋満喫 

カテゴリ:ポタリング

今日は朝仕事だったがすぐに終わるのはわかっていたので自転車を積んで出た。
予定通り10時には仕事は終わり、少しポタをすることに。
あまり一人でポタをするような人間ではないが、今日はどうしても走って見たかった。
それは、自転車を買って以来初めてドレスアップをしたからだ(笑)
そんなちょっとおめかしをしたGIOSとの旅行先は安来に決めた。

IMG_32256.jpg
あまりにでかくて収まらない!しかも自転車ちっちぇ~(笑)

なかうみ農村公園に車を止めて走り出す。
このあたりは広大な田園地帯が広がる。
実は鳥を探すのにも良いところで、昨秋以降よく訪れている。
とりあえずあてはなく、ぶらりと走って見ることにする。

IMG_32258.jpg

田んぼではほぼ9割方稲刈りは終わったといった感じだろうか。
気温もそこそこ上がってきたが、走れば風は心地よくまさに自転車日和(⌒-⌒)

IMG_32267.jpg

ここから9号線を渡り飯梨川も渡った(笑)

IMG_32272.jpg

川を渡ってすぐに鉄橋があったので自転車を止めて写真を撮ろうと思ったらなにやら音がする。
一瞬考えて、すぐに電車の音だと気付いた。
見ていたわけではなかったが音を頼りにタイミングを測ってシャッターを切ったらちょうど良かった。

IMG_32278.jpg

しかし、自転車が遠すぎた(爆)
アップダウンもなく平坦な道をぶらぶらと走る。
自転車に乗るのも数ヶ月ぶりなので一人のんびり走るのがちょうどいい。


IMG_32288.jpg

さっきからちらちら写真にも写っているのでお気づきと思うが、今回はいろいろと
パーツを換えている。
というのも、たどれば盆にまで話は遡るが盆休みに久しぶりにマシンガンさんをお誘いして
出掛けたときにマシンガンさんから「ハンドルいらない?」という言葉が。
少し前からハンドルを換えたいと思っていた私にはまさにグッドタイミングであったが、
気持ちを悟られないように冷静に「いただきます」と答えた(笑)
こうしてドロップハンドルを手に入れた。

さて、ハンドルをもらったはいいがその先が問題である。
ハンドルを換えるためにはシフターからブレーキまで全て取り外さなければならない。
シフターもグリップシフターがいていたので、これではドロップハンドルには付かないので
換えなければならない。
そんな事を考えているうちに一ヶ月が過ぎ、倶楽部の走行会も近づいてきたのでようやく
踏ん切りがついた。


IMG_32283.jpg

ハンドルにはレザーテープが巻いてあったのでサドルもそれに合わせてブルックスの革サドルにした。
サドルバッグもそれに合わせ同じくブルックスのD-シェイプツールバッグに。
少々小ぶりだがそれほどバッグに物は入れないのでこれで十分である。

IMG_32344.jpg
せっかくケーブルも換えるならとアウターケーブルもフレームに合わせ白に交換。
アウターキャップはアクセントに赤色に。
これだけでも雰囲気は変わるものである(笑)
ついでにミラーも付けてみたがこれは見にくい、選択ミスだったか(^^ゞ

こうして生まれ変わったGIOSとこのような秋晴れに走れるのはこの上ない至福の時間でした。
この坂に出会うまでは・・・。
地理的にどこをどう走ったのかはわからないが、田頼という地区から広域農道を走り
山を越えることにした。
この行動が失敗で、この坂が結構きつく途中心が折れそうになった(笑)
普段から自転車に乗っていれば何でもない坂なんだろうが、数ヶ月に一度程度しか乗らない
私には少々キツ過ぎたようだ。
最近運動不足気味の私は完全に”ヘタレ”になってしまったようである(爆)

IMG_32312.jpg

坂を登り切ることに必至だったため途中の写真は無い(^^ゞ
この坂を上り終えた後息絶えた(爆)

IMG_32306.jpg

しばらくボー然としていたが、息が整った後再び走り出す。
登った後は降りるだけなので楽ちん(笑)
この後は再び中海のほうへ出て、海岸線を走る。

IMG_32321.jpg

中海が一望出来、素晴らしいロケーションである。
汗をかいた体に吹き付ける潮風も心なしか心地良い。
海岸沿いを抜けると再び田園地帯へ。
IMG_32341.jpg

このコースはなかなかいい、春の田植えが終わった頃に走るのもいいだろう。
コスモスも咲いていた。
IMG_32346.jpg

秋の風景をしっかりと満喫出来たポタであった、あの坂を除いては・・・(笑)
こうして僅かな時間だったが私とGIOSの小旅行は幕を下ろすこととなった。
自分で言うのも何だが、今回のマイナーチェンジはなかなかいいぞ(笑)
本来なら来週予定されているポタリング倶楽部の走行会でお披露目の予定であったが
私用で参加出来ないため今回急遽ここでお披露目することとなった(笑)

倶楽部の皆さんとは、また来年どこかでお目にかかることになるでしょう。
IMG_32369.jpg


今回は自転車に偏った画像中心となり、また記事も少し長くなりました。
最後までご覧頂き、ありがとうございます。

追記としましてnasukaさんよりリクエストのあったコース図をアップします。



まあ距離自体はそれほど無いコースです(笑)
基本的にフラットですのでどこまでも走れるコースですね^^

そしてもう一枚、マシンガンさんが気になっているシフターです。
IMG_32374.jpg

いろいろと吟味しましたが今のところこのシフターが一番良いようです。
えー、いちおうSHIMANO製です(笑)
値段も2千円そこそことリーズナブル^^
しばらくはこのスタイルでやってみようと思います。



新緑の蒜山ポタ会 

カテゴリ:ポタリング

先日の日曜、蒜山サイクリングロードにて山陰ポタリングクラブの
ポタ会が開催された。
集まったメンバーはゆるポタさん、ぽん太さん、kogikogiさん、
しじみカレーさん、陽さん、もとさん、尚さん、私にゲスト参加として
いつか見た風景さんを加えた総勢9名である。

前回ここを走ったのはちょうど8ヶ月前。
私自身はこれで3回目の蒜山となるが、新緑のこの時期に走るのは初めてである。
初めてお目にかかる人も多く、ちょっと新鮮な感じがする(笑)
その中でもトピックはもとさんのGIOSである。
これでGIOSが2台になった^^
しかも青と白のそろい踏みである(笑)
t_IMG_27635.jpg

でもこうしてみるとブルーは鮮やかでいいなあ(^。^ゞ

そうこうしているうちに準備は整い、いよいよ出発。
まずは黄金杉を目指す。

この黄金杉は道路には看板のような物は見当たらず、一見するとわかりにくい。
地図を見ながらこれだろうという推測で辿り着いた。
IMG_27639.jpg

画像右下に見えるのが案内板である。
しかもこの看板、個人の畑の縁に立てられている(笑)
それぞれが思い思いに撮影を始めるが、急に何台も自転者が来て一斉に写真を撮り始めるので
近くにいたおじさんが怪訝そうな顔をして見ている(^_^;)
とりあえず挨拶をして黄金杉について聞いてみると、毎日見てるのでそんなに珍しいものだとも
思われていないようだった。

普通は5~6月頃から色が変わり始めるようだ。
よく見ると葉が他の物よりも多少薄いような気もするし、先端が少し黄色ががっているようだった。
だが黄金色に輝いて見えるのは早朝の朝日を浴びる時間帯のようで、日も既に高くなってしまった
この時間では普通の杉と何ら変わらない(笑)

しばし撮影を楽しんだ後、再びサイクリングロードに戻る。
秋とは違い芽吹いたばかりの新緑の中を走るのは実に気持ちが良い。
同じコースを走るがやはりいつもとは違うコースのように感じる。
起こされたばかりの畑の土も綺麗だ。
IMG_27671.jpg
この時は天気も良かったので吹き抜ける風も心地よかった。

IMG_27658.jpg

酪農大学では牛さんが昼食中(^~^)モグモグ
IMG_27672.jpg

坂も皆さん余裕で駆け上がっていく。
IMG_27675.jpg

がんばれ!昼食までもう少し(爆)

その前に、休暇村前の坂を登り切ったときにふと思いついた。

IMG_27691.jpg

白い3連星!(爆)
気付けば白い自転車が3台にもなっていた。
私としては嬉しい限りだ。
手前からいつかさん、私、尚さんの自転車だ。
いつかさんはゲスト参加だが、もう倶楽部入会も同然でしょう。ね、いつかさん(笑)

昼食はB級グルメとして売り出し中(?)の蒜山焼きそばだそうである。

IMG_27694.jpg

見た目は微妙、味も・・・・ビミョーである(笑)
二度と食わない(爆)

食後ここではゆっくり出来そうもないので早々に次の目的地ワイナリーを目指す。

IMG_27727.jpg

4月にオープンしたばかりだそうで綺麗な店内である。
IMG_27701.jpg

ゆるポタさんは何故かにんじんジュースを飲んでいたが、私といつかさんは
ノンアルコールワイン=山葡萄ジュースを頂くことにした。

IMG_27706.jpg

これがまたノンアルコールとは言え飲み口はワインそのもので芳醇な味わいである。
店内の落ち着いた雰囲気とガラス越しに見える風景、上品なワインとこれは超お勧めである。
これからの時期はテラスで景色を眺めながら頂くのも良いだろう。

IMG_27696.jpg

このワイナリーでサプライズでtakesanさんが登場した。
とりあえず車で駐車場まで行き、そこから逆送して合流するとのことだ。
お昼を食べる頃から天候が怪しくなり、風も冷たくなってきていた。
このあたりからは自ずとペースも速くなる(笑)

前回でも立ち寄った「のーすぽーる」

IMG_27728.jpg

この前はパンは既に売り切れだったが、今日はどうだろう。
どうやら大きなパンしか残っていないようだ。
どうしても食べたいゆるポタさんは皆と分け合うことにして大きいパンを購入された。
嬉しそうにほおばるゆるポタさんの表情が印象的だった(笑)

最後にブリキのオブジェで有名な喫茶店で撮影会(笑)
ここでtakesanさんも合流された。
だが写真はない(爆)

IMG_27758.jpg

IMG_27751.jpg

最後は寒さからもう走るだけみたいになったが、まあそれもしょうがないか。
それでも前半は気持ちよく走ることが出来たし、何より今回も事故や怪我もなく無事に
走り終えることが出来たことに感謝しよう。
新緑の蒜山はやっぱりサイコーだった。
今回集まられた皆さん、お疲れ様でした。
また次回、お会い出来る日を楽しみにしております。


気まぐれ 

カテゴリ:ポタリング

目が覚めたとき、まぶしいほどの日差しが部屋に差し込んでいた。

徹夜明け、睡眠時間4時間・・・。
だがそんな事は何でもなかった。
平日なので今日の休みは一人だ。
たまには一人で自転車でも乗って鳥を探しに行くか。
それにそろそろ乗っとかないと、私が自転車持ってることすら
忘れられるかもしれない(笑)
何故かふとそう思い、何ヶ月も放りっぱだった自転車を引っ張り出した。
当然タイヤの空気は抜けぺっちゃんこ。
簡単に手入れをして車に積み込んだ。(と言っても空気調整と油差しくらいだが)

向かった先は彦名干拓地。

だが、さっきまでの日差しは嘘のように消え、肌寒い風が吹き付ける。
一瞬「やっぱりやめようか」という思いが脳裏をよぎったが、せっかく
持ってきたんだし、ちょっとでもいいから走ろうと思いスタート。


こぎ出すがやっぱり寒い。
4月も半ばだというのにこの寒さは何なんだ。

IMG_23627.jpg

しばらくすると体も芯から冷え、風も更に冷たく感じる。
とりあえず水路沿いで数枚写真を撮って自転車はやめ、車で探鳥する事にした(笑)

IMG_23616.jpg

走行距離7キロ弱の小旅行であった(爆)

IMG_23636.jpg