スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕刻の河口にて 

カテゴリ:夕焼け

先週末は斐伊川河口で夕方まで過ごしました。

いろいろな鳥が見られ、お目当ての鳥にも会えて有意義な一日でした。

夕方、土手に上がって猛禽待ちしていると綺麗な夕焼けに。

PB238866.jpg


コハクチョウが河口へと向かって飛んでいきます。

IMGP8754.jpg


最近なかなか夕焼けを撮る機会も無かったのでちょっとテンションアップ(笑)

PB238879.jpg

コハクチョウ、マガンが次々と河口へと。

IMGP8776.jpg

IMGP8837.jpg

IMGP8826.jpg

ちょうど空がオレンジ色になるところで狙って遊んでみました(^^;;

PB238876.jpg

おまけで土手にいた猫チャン

IMGP8631.jpg

なかなか良い感じで撮ってあげられたと思います^^

スポンサーサイト

久々の夕景 

カテゴリ:夕焼け

今日は仕事終わりに銀行やら百均やらに寄り道。

港近くで日が落ちかけていたので夕焼けを少し撮影してみました。

DSC_3091.jpg


この港で撮影するのも久しぶり。

以前は工事をしていたが、しばらく来ないうちに工事は終わり綺麗になっていた。

時刻は満潮近かったか、海面は道路ギリギリ近くまで上昇していた。

DSC_3099.jpg

少し前までは雲があったんだけど、いつの間にか青空の方が多くなっていた。

印象的な雲もなく、10分ほど滞在して帰路へ着いた。

DSC_3107.jpg



撮影機材 NIKON D300 + TOKINA AT-X 116 PRO DX


港の夕景 

カテゴリ:夕焼け

これを撮影したのは昨日ですが、昨日はパソコンに向かう気がしなかったので

今日のアップになりました。

仕事を終えて家に帰った後、ふと外を見ると空が赤くなっている。

慌てて外に出てみるときれいな夕焼けだ。

DSC_1193.jpg

一瞬迷ったが、車を出して撮影に向かう。

どこに行こうか悩んだけど決めかねている時間は無い、ここは港に行くしか無い(笑)

5分ほどで着いた。

DSC_1194.jpg

雨が降っていたので路面には水たまりが出来ている。

雨上がりで雲が多いからであろうか、海面まで真っ赤に染め上げられていた。

DSC_1205.jpg

考えて見たらこの場所へ来るのでさえ何ヶ月ぶりだろう(笑)

昔はこのあたりで夜な夜な出掛けて魚釣りをしたもんだなあ。

DSC_1201.jpg

そんなことを考えながらひとときのショーを楽しんだ。

DSC_1207.jpg

家で迷っていたらこの情景には出会えなかっただろうな。



NIKON D300 + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO HSM


秋の日はつるべ落とし 

カテゴリ:夕焼け

秋の夕陽は早く沈みます。

まるで井戸に釣瓶が勢いよく落ちていく様子をたとえて「秋の日はつるべ落とし」といいます。

この時期の夕陽を見ていると、あれよあれよという間に沈んでいくのがわかります。

IMG_42088.jpg
こんな状況から

IMG_41835.jpg
こうなるまではあっという間

IMG_42141.jpg

それにくわえてこの時期は前日との日没時間の差が大きいので、余計に早く感じるらしいです。

こんな日は太陽が沈んだ後にこそドラマチックな夕焼けが待ち受けています。

IMG_41910.jpg

IMG_41935.jpg

刻々と変化を見せる空の色。

いつまでも帰るタイミングが掴めずついつい長居をしてしまいます(^^ゞ

DSC_2501.jpg

IMG_42102.jpg

DSC_2531.jpg

一旦帰りかけてても、ついまた他の場所で止まってしまう(^^ゞ

IMG_42281.jpg

IMG_41870.jpg

でも出来ればもっと他の場所でこの夕陽を撮ってみたいといつも思うのですが・・・。

IMG_41973.jpg

現実は仕事帰りにそうそういろんな所へは行けませんねえ(笑)

IMG_41864.jpg

さあ月が出た、そろそろ帰ろう。


城山から眺める夕陽 

カテゴリ:夕焼け

近頃日も長くなり、仕事帰りにでも十分夕陽に間に合うようになった。

日曜に久しぶりに城山に登ったが、ここから眺める夕陽はどんなんだろうと

気になったので、先日天気が良かったので仕事の後登ってみることにした。

頂上に着いたときには4,5人ほどいたがすぐにいなくなった。

日も傾きちょうどいいタイミング。

IMG_25724.jpg

欲を言えばもう少し右の方へ沈むかと思っていたがこのあたりがちょうど良いか。

IMG_25736.jpg

少し寒かったが、この光景を独り占めしてるようで気分はハイでした(笑)

振り返ると大山も少し色付いてます。

IMG_25725.jpg

IMG_25756.jpg

IMG_25797.jpg

この日は雲もなく普通の眺めでしたが、十分感動的でした。

また機会があれば登ってみようと思います。


帰り際にウィンズの上に浮いてる受け月が哀愁を感じさせました。

IMG_25814.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。