フィルム熱再燃か!? 

カテゴリ:独り言

昨秋、しばらく手を付けていなかったマニュアルカメラを手に取った。

紅葉でも撮ってみようかと久しぶりにリバーサルフィルムを入れた。


しかしながら、気持ちとは裏腹になかなか紅葉も撮るチャンスがなく

思うように枚数も増えていかなかった。

それでも普段の何気ない物など撮影していくうちに36枚撮ることが出来た。

ようやく現像に出し、はやる気持ちを抑えながらルーペを覗く。

この瞬間こそフィルムカメラの醍醐味だろう。

t_20090225-IMG_1197.jpg


デジタルカメラでは撮った画像はその場ですぐに確認出来る。

気に入らなければ撮り直すことも出来るし、何枚でも撮ることも出来る。

しかし、フィルムだとそうはいかない。

何度もファインダーを覗いては構図を考え、露出のバランスも考えながら

一枚一枚シャッターを切っていく。

そう、写真を撮ると言うより「作品を作る」と言った方があっているかもしれない。

はっきり言って一本のフィルムの中で本当に気に入った写真はそうある物ではない。

1~2枚あればいい方で、中には全然ダメだったと言うときもある。

しかし、そうやって失敗するのも勉強だろう。


同じ景色に2度出会えることはない。

一度しかないそのチャンスをちゃんとフィルムの上に残せるか。

そういう緊張の中でシャッターを切るのもたまには心地良いものだ。


気軽に撮れて楽しめるデジタルも良いが、どこか窮屈で不便な

こんなカメラをたまに使うのもいいもんである。


今年からは、また少しずつマニュアルカメラの出番を増やしていこう・・・。

山陰ポタリング倶楽部限定走行会~コンデジ倶楽部撮影&走行会~ 

カテゴリ:ポタリング

先日山陰ポタリング倶楽部の限定走行会として第1回目のコンデジ倶楽部撮影&走行会が

松江市で開催されました。


朝の10時に県庁の駐車場に集合したのですが、当日はちょうど「竹島の日」に当たってしまい

県庁付近は右翼やら報道関係者、警備にあたる警官などで並々ならぬ雰囲気です。


全員が揃ったところでがやんさんから「特製オマールエビのスープ」が振る舞われました。
t_20090222-IMG_1721.jpg

濃厚なエビのエキスとニンニクやらいろいろ入っているそうで(すいません、あんまりよく聞いてなかった(笑)

とても美味しかったです。


暫く談笑した後ゆるポタさんは私用で少し抜けることに。

再合流するまで我々は松江城周辺で軽く走りながら撮影することにしました。


最初に訪れたのは城山稲荷神社です。
t_20090222-IMG_1067.jpg

この神社は小泉八雲が好んで参拝に訪れたことで有名ですね。
t_20090222-IMG_1093.jpg
今年行われるホーランエンヤはここの神社のお祭りなのだそうです(takesanさん談)



私は初めて来たのですが、こんなに石狐があるんですね。
t_20090222-IMG_1081.jpg

かつては2千体もの石狐があったそうです。


皆さんがまだ上で撮影してる間に自転車を並べ替えて集合写真を(笑)
t_20090222-IMG_1094.jpg

その後松江城天守閣のほうへ向かいます。

t_20090222-IMG_1112.jpg

t_20090222-IMG_1160.jpg

t_20090222-IMG_1133.jpg

いつかはここで撮ろうと思ってた(爆)
t_20090222-IMG_1128.jpg


t_20090222-IMG_1121.jpg



ひととおり撮影を終え下に降りてくるとゆるポタさんの用事が終わったらしい。

合流するために少しの間待つことにする。

ここで気になっていたコギコギさんのリカンベントを撮影。
t_20090222-IMG_1170.jpg

t_20090222-IMG_1172.jpg

しばらくすると近くで警備をしていた警官数名がこちらにやってくる。

うーん、何か怒られるのかと思ったらリカンベントが気になっただけらしい(笑)

コギコギさんもいろいろ聞かれていたが最終的には「前に見たことある」なんて言われて

「悪いことは出来ませんね」とひとこと。


そんなやりとりをしてる間に私はバッチのほうが気になり、お願いして一枚撮らせてもらいました。
t_20090222-IMG_11715.jpg
普段はなかなか間近で見ることは出来ませんからねえ(笑)


ここでゆるポタさん登場。

ちょうどお昼を回ったところだったので「近くの蕎麦屋で昼飯にする?」と聞くと昼だから多いだろうと

いう話になって、ゆるポタさんが気になっている佐陀川のほうへ先に行くことにした。


ここからは少し距離もあるので高速巡航モードに突入。

道に詳しいコギコギさんに先導をお願いするもこれが大失敗(爆)

普通に流しても30キロは楽に出るというリカンベントはあっという間に先に行ってしまいます。
t_20090222-IMG_1177.jpg
(コンデジだとお気軽にこんな写真も撮れるからいいですよね)

と言うか、他のメンバーはついて行ってますが、私だけ取り残されてる?(笑)

おかしい、今日はスピード出さないはずなのに・・・

サイコンは楽に20キロをオーバーしてる。

うーん、この原因はいずれゆるポタさんとこの記事で明らかになると思われるが(笑)

お目当ての佐陀川に出たのでそこから上流のほうへ進みます。

今にも泣き出しそうな空模様

佐太神社に到着したところでついにポツポツきました。
t_20090222-IMG_1181.jpg


濡れては大変とそこからはひたすら県庁目指してペダルを漕ぎまくる。

少し雨足が強くなりかけた頃に到着。

ひと息ついて少し遅い昼食に向かうことにします。

当日走ったコースです
20090222.jpg


続きはこちら↓


夕焼け小焼けで日が暮れて 

カテゴリ:夕焼け

今日は久しぶりに良い天気

夕焼けもきれいに見えました

t_20090221-IMG_1059.jpg
1/800秒 F4.0 ISO80 補正無し


明日天気になあれ!(笑)
t_20090221-IMG_1063.jpg
1/1250秒 F4.5 ISO80 補正無し

本日の撮影 Canon Powershot G10


伯耆古代の丘公園~あなたに見せたい景色があります~ 

カテゴリ:スナップ

先日、少し天気が良かったので「伯耆古代の丘公園」に行くことにした。

出掛けに家の庭で梅が咲きかけていたがちょっとシャンデリアのように見えたので
t_20090215-IMG_1626.jpg
Canon EOS50D  Canon EF100mmF2.8マクロUSM 1/800秒 F2.8 -1/3EV


ここへ到着したのは午後2時前くらい。

水仙はやや終わりかけ、梅は8分咲きといったところだっただろうか。
t_20090215-IMG_1686.jpg
Canon EOS50D Canon EF-S18-200mmIS  1/400秒 F5.6 -1/3EV


伯耆古代の丘公園は入るのに入場料がいるが、水仙や梅の咲いているのは

この公園とは道を挟んで反対側になるので料金はいりません。

また公園のほうに入らなくても白鳳の里のほうからも入れます。


しばらく探索しそろそろ返ろうとしているとおばあさんが息子さん(かな?)に手を引かれ

歩いている姿を目にしました。

t_20090215-IMG_1690.jpg
Canon EOS50D Canon EF-S18-200mmIS  1/320秒 F5.6 -1/3EV


年老いた母にここの花を見せたくて来たのか、それとも母のほうが頼んで連れて来て

もらったのかはわかりませんが、足の不自由な母を思いやり足下を気遣いながらゆっくりと

足を進める後ろ姿にゆるぎない愛情を感じました。

自分の大切な人に見せたい、大切な人と見たい風景があるから訪れる。

この日見た光景は、カメラなどなくてもこの老婆の瞳の奥にしっかりと刻まれたことでしょう。


春の足音 

カテゴリ:四季

今週はまだ2月だというのに暖かい日が多かった。

中国からはありがたくない黄砂が飛んでくるし、例年よりかなり早い春一番で

気温はぐんぐん上がり大山の雪も一気に溶け始めている。

梅の便りも聞こえ始めてきたのでまだ早いかなと思いながら春を探しに出掛けてみた。


まあ、人によっては梅も春の花になるのかもしれないが、私にとって春と言えばこれだ。
t_20090215-IMG_1641.jpg
1/2000秒 F2.8  -1/3EV

まだ早いのでまばらではあるがぼちぼち咲き始めていた。


蜂たちも足に一杯花粉を付け大忙しだ(笑)
t_20090215-IMG_1652.jpg
1/800 F2.8 +1/3EV

風が強く、マクロで撮るのには手こずったが天気も良く気持ちの良いひとときだった。


t_20090215-IMG_1654.jpg
1/1600 F2.8 +1/3EV


春もすぐ近くまで来てるようですね。


本日の撮影はすべて Canon EOS50D  Canon EF100mmF2.8マクロUSM




黄昏 

カテゴリ:写真

先日の秘密会議(笑)の帰り道、夕刻を大根島で迎えた。

ここはマシンガンさんのテリトリーだが本人同席だったので公認を得て撮影した(笑)

t_20090208-IMG_1612.jpg
Canon EOS50D Canon EF-S18-200mm IS  1/256 F5.6 0EV(RAW現像ソフトにて-1.7補正)


廃船・・・

ここはちょうど海岸沿いの新しい道路建設の工事区間に入ります。

そのため近いうちに撤去されてしまうかもしれません。

一言断っておくと、これは不法投棄ではなく波を防ぐ目的でわざと置かれていた物だそうです。

かつては漁船として活躍していた船がその役目を終え、ここで新たな役割を果たしている。

それももうすぐ終わろうとしているのです。


だからかな?

ここで見る夕陽は他で見るのとは違う”重み”を感じさせます。

日中見てもそれほどではないのですが、夕刻ここを訪れると特にそれを感じます。

ただの朽ち果てた、一見すれば不快な物とも捉えかねない船も風景の一部として自然に溶け込み

哀愁すら感じさせます。

t_20090208-IMG_1020.jpg
Canon Powershot G10 1/318秒 F4.0 -1/3EV


普段見ている何気ない景色も数年もしたら形を変えていってしまうかもしれません。

そんなものを少しずつでも記録していくのがカメラを持った者の定めですかね(笑)






コンデジ倶楽部発足に向けたミーティング 

カテゴリ:ミーティング

宇宙世紀0079年2月某日、月の裏側に位置する

基地グラナダにおいて秘密裏にある同盟が

結ばれようとしていた。


水面下で進められてきたコンデジ倶楽部結成の動きが、

ここにきて急速に進展しつつあったからである。

今回グラナダに集まったのは「山陰ポタリング倶楽部」から

ゆるポタ突撃起動軍大佐。

「山陰コケまくろう会」からマシンガン大佐、

そして私まっちゃん大尉の3名。


まずは私が重い口を開く

「本日はわざわざご足労いただき感謝します。

集まってもらったのは他でもない、最近のポタリング倶楽部は

巡航速度が通常の3倍にまで上がっているようですが…

特にニュータイプ研究所からの大幅な増員でその傾向が

より顕著になっていませんか?」



ゆるポタ大佐「皆がニュータイプとして覚醒しつつある今日では、

それは自然の流れだよ。

人が宇宙に上がったときからこうなることは

ある程度予期してはいたのだが…」



マシンガン大佐「ルウム戦役で5隻の戦艦を沈めた頃は私も

赤い彗星と恐れられてはいたが、ララアを失ってしまった今となっては…。

それも皆貴様のせいだ!貴様がララアを殺さなければ!」


とまっちゃん大尉の胸ぐらに掴みかかる。

まっちゃん大尉「ララアを戦いに巻き込んだのは貴様のほうだ。

ララアは戦いをする人ではなかった」


争う2人をよそにひとり物思いに耽るゆるポタ大佐。

(愛機のベルを鳴らして)♪チャリーン

「いい音色だ(失笑)」

2人「…」


まっちゃん大尉「しかし、最近ゆるポタ大佐は新たにグワジン級を

一隻新造されたという噂を聞きますが…」



ゆるポタ大佐(こいつ、どこでそれを?)今の船はキシリア様にいただいたものだ。

♪チャリーン(ベルを鳴らして)いい音色だろ?(失笑)

オールドタイプではあるが、私はそこに愛着すら感じているよ。

まさかそんな根も葉もないような噂を本気で信じている訳ではなかろう?」



まっちゃん大尉(ふん、うまくかわしたな)ゆるポタ大佐のところは

こないだドズル情無理事のグワダン級がアナハイムから支給されたばかりだからね。

それに触発されたかと思っただけですよ(笑)」


「そんなことより、本題に入りましょう。

私たちの母艦では常にバックパックやバズーカ砲のような一眼級の兵器を搭載し、

最大戦速で航行するのは多少の無理があると思いませんか?

そこで考えたんのですが、巡航速度を落とし武装もビームライフル程度にまで削り落とした

新しい部隊を結成するというのはどうでしょうか。

例のものは持ってきていただけましたか?」



そこで一同はそれぞれのウェポンを取り出した。
t_20090208-IMG_1519.jpg


一同「おおーっ、さすがにこれほどの物が揃うとは…」


ゆるポタ大佐「これも時代の流れか。しかしこれを見れば異議を唱えるものもなかろう。

キシリア様も喜ぶ(笑)」


まっちゃん「これらの身軽い武装であれば我々のようなムサイ級でも十分立ち回れると

思うのですが。マシンガン大佐はどう思われますか?」



マシンガン大佐「父ジオン・ダイクンはニュータイプとは人の革新だと言った。

もしそれが本当なら私もそれを見てみたいな。フフフ」


こうして我々の協議は数時間に及び、新しくミニベロ、コンデジを基本とする倶楽部が

正式に発足する運びとなった。


細かいことは追々決めることとするが、倶楽部名を仮で

「コンデジーロ山陰」

とでもしておこうか(笑)


私の所ではあまり広まらないのでゆるポタ、マシンガン両大佐もそれぞれ持ち場に帰って

皆に通達しておくよう命じます(爆)


鳥 

カテゴリ:動物

今日は少し寒かったですが良い天気になりました。

少し用事があって出掛けたので、そのとき出会った鳥を撮ってみました。

やっつけなネタですいません(^^ゞ

t_20090208-IMG_1479.jpg

t_20090208-IMG_1602.jpg
この鳥、普通はこんなに寄れないんですが慣れてたんですかね(笑)

Canon EOS50D Canon EF100-300mm


霜 

カテゴリ:写真

最近朝の冷え込みで霜が降りる日が多い。

いつも出勤時に写真、写真と思うのだがなかなか機会がない。

会社に着いたら草むらに霜の付いた草があったので撮ってみました。

表示されるまで少々お待ちを^^

Canon Powershot G10

GPSロガー インプレ 

カテゴリ:GPS

今回は購入したGPSロガーの機能についてインプレを兼ねて紹介してみたいと思います。


その前にGPSロガーという物について説明しますと、GPSを使って自分が移動したルートを記録(ログ)する機器のことです。

ログしたデータはあとでグーグルアースなどのインターネットのマップ上に表示させることが出来ます。

写真を撮っていればその写真と同期させその写真も一緒に表示出来るようになります。

また、画像ファイル自体にもGPSデータを書き加えますのであとでどこで撮った写真なのかもすぐわかるようになります。


では実際に動かしてみましょう。

まず起動するとこのような画面です。
t_20090201-IMG_0903.jpg

この画面からしてバイクを意識しているなというのを伺わせますね^^

GPSを補足するとログが取れるようになります。
t_20090201-IMG_0937.jpg

表示出来るデータはいろいろあります。
112.jpg
左が補足しているGPSの情報、右がコンパスです。

GPSのからの方位データの他にこのロガー本体にも電子コンパスを内蔵しています。

コンパスを内蔵していることで静止していても正確な方角を示してくれます。
(実はこれがすごく便利だったりする・・・)

今回はとりあえず近場にある水準点を探してみようと思います。

まずは国土交通省国土地理院の「地図閲覧サービス(ウォッちず)」というサイトを利用して

水準点を探します。

ここで位置を選んでダブルクリックすると経緯度が表示されます。

このデータをロガーに入力して目標点に登録します。
t_20090201-IMG_0927.jpg
目標点と方位、そして直線距離が表示されました。

とりあえずこの方角目指して進むことにします。

画面を切り替えると表示するデータを切り替えることが出来ます。
222.jpg
表示出来るデータは時刻、速度、温度、高度、高度差、最高速度、平均速度、移動時間、停止時間等々・・・。

その他にログモードも切り替えることが出来ます。
t_20090201-IMG_0915.jpg

そうこうしているうちに目標に近づいてきました。
t_20090201-IMG_0934.jpg

少し進むと目標の水準点を無事に発見しました。
t_20090201-IMG_0936.jpg
水準点ってこんなマンホールのふたみたいな物だったんですね(笑)

今回のルートはこのように表示されます。
t_rog.jpg

このほかにGPSから今いる地点の登録も出来ますので、デポ地を登録しておいてあとは帰り道を気にせずに

好きなところを走り回るなんて使い方も出来ちゃいます。

見知らぬ土地でも安心ですね(笑)



決して安いとは言えませんが、そこそこ遊べる物だと思いませんか?(爆)