鰐淵寺 2009年・春 

カテゴリ:神社・仏閣

少し前になるがゴールデンウィークの最終日にマシンガンさんと鰐淵寺を訪れた。
秋の紅葉の時期に何度か訪れた事があるが、この時期は初めてである。
IMG_3962.jpg

秋の紅葉もきれいだが、新緑のこの時期もなかなかどうして負けてはいない。
IMG_3968.jpg
もみじの緑色が美しい。

石段を登っていくと本堂が見えてくる
IMG_3971.jpg



いつも思うが、こういう光景が荘厳さを感じさせる。
IMG_4064.jpg

IMG_3988.jpg

IMG_4011.jpg

時折差す日差しに新緑が映え、見る目を癒してくれる。
IMG_4066.jpg

この時期の山は暑くもなく寒くもなく丁度良い季候で、ストレス解消にはもってこいだろう。
IMG_4128.jpg

IMG_4173.jpg

IMG_4194.jpg


こういう場所にはいつまでいても飽きないものだ。


撮影機材 Canon EOS50D  EF-S18-55mm f/3.5-5.6 IS EF100mm f/2.8 Macro USM


2009年美保基地航空祭 その2 

カテゴリ:航空機

前回に続き美保基地航空祭の模様を(笑)

航空祭では様々な航空機が展示されています。
日頃見る事の出来ない機体を間近で見る事が出来ます。

IMG_5209.jpg

IMG_5231.jpg

IMG_5229.jpg

IMG_5226.jpg

あいにくの雨模様のため人が少ないですが、天気が良ければもっとたくさんの人が前にいます。

こちらはT-4練習機
IMG_5242.jpg

この機体に白と青の特別な塗装をした物がこちら
IMG_5251.jpg
そう、ブルーインパルスですね。
ブルーインパルスにはこの塗装の他に低空でアクロバット飛行をするためにいくつかの改善がされています。

続いて前回は動画でしたが少しカメラでも撮ってみました。
まずはF-15
IMG_5273.jpg

続いてF-2
IMG_5364.jpg

IMG_5403.jpg
いずれも200mmですね(^^ゞ

写真を撮りながらブースの前をうろうろしていると、エアロックのブースの前でこの人がやって来ました。
IMG_5449.jpg
これって肖像権とかあるのかな(笑)
エアロックエアロバティックチームのチーフパイロット、サニー横山さんです。
エアロックとはピッツS-2Bという複葉機によるアクロバット飛行を行う民間のアクロバットチームである。
こちらがピッツスペシャル
pits.jpg

じつはこのサニー横山さんは地元島根県は美保関のご出身なのである。
しかも実家はあの美保神社の社家である。
それでいてこのようなアクロバットのパイロットをやっているのは???な部分もありますが(爆)

一昨年の「第3回出雲國神仏霊場合同祭事・世界平和祈願祭」行事の一環として美保関上空にて
エアロックショーがありました。
それを見に行って以来、このピッツのアクロバティックなショーの虜になってしまいました(^^ゞ

ブースに入ってラジオ放送されてましたね。
IMG_5546.jpg


昨年は初めてこの航空祭での演技がありましたが今年はありません。
ぜひまたその勇姿を見せていただきたいものです。


こうして今年の航空祭は幕を下ろしました。
ここ2年、天候が思わしくなく中止になった課目等ありましたが生で見る航空機・戦闘機の迫力は
たまりませんね。
来年は、是非皆さんも足を運んでみてください。


美保基地航空祭 

カテゴリ:航空機

本日、自衛隊美保基地において航空祭が開催されました。
しかし土曜夜には雨が降り出し、当日の天候も雨の予報。
昨年も雨のためにほとんどの飛行展示は中止となり、残念な思いをしました。
朝目覚めると雨の音はしない。
なんとか持ってくれる事を願って午前9時過ぎに基地に到着。

すると、そのころから雨がパラパラと・・・。
昨年の嫌な記憶が脳裏をかすめる。
幸い雨足は強くなる事はなくF-15の到着時刻を迎えた。

実はこの日のためにカミさんが新しいビデオカメラを購入。
そのレビューも兼ねてF-15はビデオカメラで撮影する事にした。
こちら↓


やはりこのクラスの戦闘機を撮るのは難しい(^^ゞ
録画した映像から静止画像を切り出す事も出来る。
t_20090524100456(1).jpg

t_20090524100456(2).jpg

t_20090524100456(3).jpg

続いてやって来たのがF-2。
これもビデオで


ここまで SONY HANDYCAM HDR-XR500V


この後C-1、YS-11などの飛行があり午前の部が終了。

一度基地を出て、1時半頃に再び入場。
ブルーインパルスの飛行前のセレモニーが始まっていた。
私はそれより少し離れた位置で待機。

いよいよ離陸のときが近づき、全機滑走路へと向かう。
しかしながらこの時上空は厚い雲に覆われ、雨も降っていた。
とりあえず5番機だけが離陸し上空を調査するとの事。
去年と全く同じだなあ(^^ゞ
数回基地上空を飛行していたが、やはり危険な雲があるとの事で2年連続で演技は中止となった。
数少ないショットで
IMG_5570.jpg

IMG_5576.jpg

5番機が着陸するのを待って全機隊列を組み帰投。
これを撮りたいためにここに陣取った(笑)
IMG_5648.jpg

パイロットの皆さんありがとう
IMG_5660.jpg

雨に濡れる機体がなんとももの悲しく見える
IMG_5499.jpg

以上で今年の航空祭は全プログラムを終了した。
また1年後、彼らに会える事を楽しみに待つとしよう。

今年撮った航空機たちをいくつか
IMG_5196.jpg

IMG_5200.jpg

IMG_5203.jpg

IMG_5206.jpg

IMG_5236.jpg

IMG_5523.jpg

くだらない画像ばかりで失礼しました(爆)

撮影機材 Canon EOS50D Canon EF100-300mm Canon EF-S18-200mm IS

滝 その8 聖滝(2009年・春) 

カテゴリ:

観音滝を後にして、次に向かったのが聖滝。

ここはきれいに歩道が整備されています。
IMG1819.jpg

歩いていて気持ちが良いです。
歩いて行くと水の轟音が聞こえてきました。
目に入った景色が
IMG4412.jpg

水量が凄いです。
流れも幾重にも分かれており豪快です。
IMG4421.jpg

奥に進むとさらに滝が続きます。
はっきり言ってどこを撮ってイイやらわかりません。
釣りで言ったら入れ食い状態です(爆)
IMG4469.jpg

IMG4472.jpg

IMG4431.jpg

少々歩きづらい箇所もあるので長靴を履いてきて正解でした。
とりあえず上がれるところまで上がってみました。

IMG4450.jpg

IMG4452.jpg

IMG4466.jpg

前回の観音滝もそうですが、もう少し時間をかけてゆっくりと撮影に臨みたいですね。
とりあえず今回は滝の下見が目的ですので撮影はほどほどに(爆)

さて、次に向かうとしますか・・・。


撮影機材 Canon EOS50D Canon EF-S18-55mm f3.5-5.6 IS
     Canon EF100m f2.8 マクロ USM


前回の観音滝より国道180号線を更に南下。
菅沢神社の手前で県道48号線を右折。
しばらく進むと左手に看板がある。
IMG1813.jpg

ここに車を止めて歩くようだが、私は車で更に奥まで入っていった(爆)
IMG1815.jpg
滝への入り口があるので、この道を上がっていく。




滝 その7 観音滝(2009年・春) 

カテゴリ:

南部町赤谷集落の奥にある滝。
実のところ南部町民にもあまり知られていないらしい(笑)

一度マシンガンさんにお伺いを立てたが、「行くなら一人で行ってくれ」とそっけなく突き放されたので(爆)
しょうがなく一人で訪れた。

道中は細いものの獣道のような道がある。
渓流はコケは少し少なめだが茶色い岩肌が鮮やかで好きだなあ。
IMG4320.jpg

IMG4330.jpg

IMG4393.jpg

IMG4337.jpg

IMG4331.jpg

おっと、遊んでる場合じゃなかった(^^ゞ
この道伝いに進んでいくと滝が現れた。
IMG4342.jpg

滝の傍らには観音像が。(ちょっとぶれた(^^ゞ)
IMG4354.jpg
その昔は修験場となっていたのでしょう。
IMG4362.jpg

IMG4389.jpg

途中の山道を除けばわりとアクセスしやすいように感じるが、やはり対向車が気になる。
車を降りてからも、伐採した後なのか倒れたのか定かではないが倒木が多かったのも
気にかかるところだ。
IMG1804.jpg


IMG4396.jpg


撮影機材 Canon EOS50D Canon EF-S18-55mm f3.5-5.6 IS
     Canon EF100m F2.8 マクロUSM 
     Canon Powershot G10





国道180号線を米子方面より南下、緑水湖をすぎてしばらくすると赤名集落の入り口がある。
残念ながらこの入り口の写真を撮るのを忘れた(爆)

この道を入りしばらく道なりに進むと滝への案内板が現れます。
IMG1796.jpg

見にくいと思うが観音滝まで800mと書いてある。
道に沿ってしばらく進むと舗装が無くなります(^^ゞ
IMG1797.jpg

それにもくじけずどんどん車を進めましょう。
道幅は狭く、前から車が来たらどうしようとかいろいろと考えてしまう。
ところどころ待避場所があるが一人だから少々心細い(笑)
IMG1811.jpg

標識には800mとあったが私の車の距離計で800m走ってもまだたどり着かない(^^ゞ
不安になるが更に奥へ行くとようやくたどり着いた。
1.4kmくらい走ったな(爆)
突き当たりには2~3台止めれそうな駐車スペースがある。
IMG1800.jpg

200mで滝に着きます。
IMG4397.jpg




黄金色に輝く 

カテゴリ:夕焼け

YS-11を取り終える頃には日も西に傾き夕焼けが綺麗に見えてきた。
久しく夕景を撮っていなかったので早速夕陽の見える方へ車を走らせた。

途中スプリンクラーが水をまき散らしていた(笑)
畑もこれから繁忙期を迎えるのだろうか。
IMG_4844.jpg

と、この横でこんな光景が・・・
IMG_4857.jpg

おわかりになるでしょうか。
麦畑が夕陽を浴びてまさに黄金色に輝いている。
我を忘れてシャッターを切りまくった(笑)
IMG_4879.jpg

「麦秋」という言葉をご存じでしょうか。
麦が収穫期を迎えて黄金色に稔るという意味と、初夏の訪れを差す季語として使われたりします。
時期的にはもう少し先なのでしょうが、まさに麦秋を彷彿させる光景です。

熱中しすぎて夕陽を忘れるところでした(^^ゞ
更に車で進みとある水路へたどり着きました。
ちょうど先ほどから飛んでいたYS-11もやって来ましたよ。
IMG_4980.jpg

やはりこの日没の前後という時間帯は何故か落ち着きます。
IMG_4993.jpg

ここでもシャッターを切りまくっていたらいつしかメディアが一杯に(爆)
仕方なく少しいらない画像を削除して数枚を撮り帰る事にしました。
IMG_4992.jpg

久しぶりに綺麗な夕陽を見てストレスが解消されたような気がします。
ここは私の夕景ポイントに登録する事にしよう(爆)


撮影機材 Canon EOS50D  Canon EF-S18-200mmIS


YS-11 

カテゴリ:航空機

昨日仕事から帰って庭の草むしりをしていた。
しかし、何かやたらと頭上で大きな音が何度も・・・。
ふと見上げると自衛隊のYS-11が飛んでいる。
24日に開催される航空祭の練習をしているようだ。
あまりしつこく飛ぶので、ちょっと撮ってやった(笑)
IMG_4772.jpg

あまりに真上過ぎて収まりきらない(爆)

IMG_4785.jpg

このYS-11は2006年までは民間の航空機として日本各地を飛んでおりました。
しかしながら航空法の改正により改修経費の関係で民間定期路線より引退する事となったのです。

車に乗り、少し見晴らしの良いところへ移動しました。
IMG_4806.jpg

偶然こんなのも撮れました(笑)
IMG_4791.jpg

今となっては自衛隊、海上保安庁の運用する機体のみが残っています。
しかし自衛隊ではまだまだ現役ばりばりでがんばってますね。

もっとよく見えるところに行こうと車に乗り込み、海が見えるところへ。
ちょうど着陸するところです。
IMG_4812.jpg

IMG_4818.jpg

IMG_4823.jpg

昔大阪からの帰りにこのYS-11に乗りましたが離陸は良いんですが着陸するときにお腹が
ゾーッとするというか何とも言えない感覚があったのを覚えています。
「スーッと」徐々に高度を下げる感じじゃなく、「ストン、ストン」と一段階ずつ下がっていくような感じ。
車でよく坂を下がったときにお腹が変な感じになる事がありますよね。
それと同じ感覚です(笑)

機体の性能自体は非常によいようなので、まだまだ現役でいて欲しいですね。

このあと久々に夕陽が見れたのでそちらに撮影に向かいます〈つづく〉


撮影機材 Canon EOS50D  Canon EF100-300mm



住雲寺 再び 

カテゴリ:四季

5月5日、再び住雲寺を訪れました。


前回訪れたのは一人でして、今回はカミさんも連れての訪問。
5分咲き程度だったのも8分咲き程度まで開いておりました。
IMG_1678.jpg

とりあえず参拝してからと思い賽銭を入れて手を合わせていると中から地元の人が
「せっかくだから中も見て行きなさい、人が多くなったら入れんくなるけん」と言って下さいました。
お言葉に甘え、中を見学させてもらいました。

Scan10038.jpg
(↑ ↓ 久々にCanon A-1にて撮影 Film FUJI Velbia 100F)
Scan10039.jpg
フィルムスキャンだとかなりぼやけますね(^^ゞ
スキャナが古いからでしょうか(笑)
よく言えば味がある写真とでも言いますか(爆)
IMG_1651.jpg
まだ新しいので金色がまぶしい程です(笑)

IMG_1652.jpg

IMG_1653.jpg
「江戸の大名展」として掛け軸が展示されていました。

↓こちらは「地獄極楽絵図」
IMG_1660.jpg

良いものを拝見させていただきました。

外に出てしばし藤を眺めて住雲寺を後にしました。


Scan10036.jpg
(↑ これも A-1)
IMG_1668.jpg

IMG_1665.jpg

 撮影機材 Canon Powershot G10
      Canon A-1  FUJI Velbia 100F



滝 その6 白馬の滝(2009年 春) 

カテゴリ:

毛無山の麓にある滝。
正確には白馬山の麓であるが、毛無山の方が有名なのでこっちのほうが
わかりやすいかも知れない(笑)
GWに毛無山に登ったのですがその時に偶然発見しました。
IMG_3702.jpg
曲がりくねった道の途中にポツンと看板が。
その奥には滝と呼ぶには少々寂しい流れがある。
IMG_3601.jpg

IMG_3580.jpg

何も詳しいことは書かれていないのでここの事かと思ってシャッターを切りまくる。
何も知らない私は「ショボい滝だな」と思いながらそれでその場を後にした。
家に帰ってから調べてみると滝は上の方にあると書いてあるではないか!
ショックを覚えたがやはり最後まで見なかった事が悔まれてならない。
強引ではあったが2日後に再びリベンジ(笑)

ネットには沢づたいに登るとあったので少し暑かったが
長袖に長靴はもちろん薄手のジャンバーも着込んだ。
意を決して登り始めるが足場はかなり悪い。
滑るとマズイのでなるべく沢には足を入れないように歩くが
それでもどうしても入らなければならない所もある。
帰りのことも考え何度かやめようと思ったが、そうこうするうちに滝が見えてきた。
IMG_4601.jpg

IMG_4603.jpg

ここまでが苦しかったので夢中でシャッターを切る。
IMG_4592.jpg

IMG_4586.jpg

が、いまいちテンションが上がらない。
まずまずの滝ではあるが、果たしてここまでしてくる甲斐はあっただろうか?という考えが頭をよぎる。
足場も悪く、どこにでも三脚を構えて撮影出来るわけでもない。
わかりにくいかもしれませんが、振り返ると後ろはこんな感じです。
IMG_4599.jpg
この写真のほぼ真ん中あたりが沢で、この沢伝いに歩かねばなりません。

道中かなりの危険を伴う事を考えると二度と来ることはないだろう。
また、あまり人にお薦めすることも出来ない。
あえて危険を冒してそのことを伝えようと思っていたのですが、既に先に来られた方がいたようで(爆)
ぽん太さんのブログ 「江府町~幻の七段滝、白馬の滝を探し求めて2 」

ま、このような滝は人の写真を見て楽しむ程度にしておくべきだと思う。
手軽な滝は他にたくさんあるのだから(笑)

いちおう場所はこちらです。



撮影機材 Canon EOS50D




毛無山トレッキング ~2009年・春 カタクリを見に~ 

カテゴリ:四季

鳥取県江府町と岡山県新庄村との間に聳える毛無山。
この山にはカタクリが自生しており、山頂付近には群生地もある。
数年前に一度訪れたが、その時は足を怪我していた事もあり登る事が出来なかった。
今年のゴールデンウィークは珍しくまとまった休みが取れた事もあり、この山に登る事にした。

前回は新庄村側の「山の家」に行ったが、今回は江府町の「中国電力サージタンク駐車場」の
ほうから上がる事にした。
結構広めの駐車場だが、トイレ等施設は何もないので注意が必要だ。
車を止め奥の方へ歩いて行くと登山道の入り口がある。
image1.jpg

IMG_3603.jpg

入り口へ入るとすぐに結構な坂道となる。
後で聞いたのですが3合目までが一番きついそうです。
なので3合目あたりまでは時間を掛けてゆっくりと登った方が良いですね。
IMG_3604.jpg

IMG_1686.jpg

赤松林やブナ林などが続きますが、4合目付近で急に視界が開けます。
ここに展望台があり辺り一面の大パノラマが楽しめます。
IMG_1719.jpg

panorama.jpg
(↑クリックすると別画面で大きい画像になります)

この展望台を過ぎたあたりからちらほらとカタクリが顔を見せ始めます。
IMG_3611.jpg

IMG_3606.jpg

正直ここまでかなりのペースで登ってきていたので疲れを感じていましたが、
カタクリの可憐な姿を見て再び気力が沸いてきました!(笑)

5合目過ぎには「力岩」、そのすぐ上に「蔵之助岩」なる二つの岩が。
IMG_1699.jpg

IMG_1703.jpg

うーん、何故こんな大きな岩がこんな所に・・・。
不思議だが先を急ごう(笑)

このあたりになると山道にも慣れ足取りも最初に比べると幾分軽やかだ(笑)
1時間半近く登ったであろうか、ようやく前方にカタクリ広場の案内板が見えてきた。
IMG_1712.jpg

時期的にはもう終わりかけであろうか、群生と呼ぶには少々味気ないがそれでも
ある程度は固まって咲いていた。
IMG_3671.jpg

IMG_3631.jpg

IMG_3669.jpg

もう少し小さめの花を連想していたが思ったより大きい。


しばらく撮影し山頂へ向かうかこのまま下山するか迷ったが、お昼も回っていた事だし
下りて飯を食おうという話になりさっさと下山(笑)
IMG_3695.jpg

IMG_3691.jpg

眼下に広がる素晴らしい景色を眺めながらあっという間に登山口までたどり着いた。
少し時期が遅かったがそれでもカタクリを見る事が出来たので良かった。
今くらいの時期は暑くもなく緑も増え始めると言う事でとても気持ちよく歩けると思う。
道中ずっとウグイスや野鳥の鳴き声が響き渡り、耳でも楽しませてくれた。
このくらいの規模の登山であればわりと気軽に楽しめると思うので、また挑戦してみようと思う。


(注) いくら低い山と行っても道中は危険であるし、天候も変わりやすく注意が必要なのは当然である。
したがって山を登る際にはそれなりの装備で望みたい。


撮影機材 Canon EOS50D  Canon Powershot G10

失われゆくもの・・・ 

カテゴリ:スナップ

日野郡江府町にある俣野小学校。

IMG_1825.jpg

1994年、チロル地方の街全体の景観作りを図る目的でこのような設計で建築されたそうです。
少し明治時代を思わせるようなデザインが印象的です。

IMG_4623.jpg

しかしながら、ここにも少子化の影響でしょうか今年の4月に江府町内の小学校は全て統合され
江府小学校となりました。
したがってこの校舎は今は使われておりません。

IMG_1829.jpg

IMG_4636.jpg

これまで何人の子供たちを送り出してきたのでしょうか。
つい先日までは賑やかに校庭で遊ぶ子供たちの姿も見れたでしょう。
IMG_1833.jpg

IMG_4626.jpg

この先この校舎は取り壊されるのか、それとも何らかの形で残されるのでしょうか。

IMG_4637.jpg


IMG_3713.jpg

いずれにせよ、もうこの校舎に子供たちの元気な声が響き渡る事はもうない・・・・。


撮影機材  Canon EOS50D Canon EF-S18-200mm IS
       Canon Powershot G10



赤と緑の競演 

カテゴリ:写真

すっかり暖かくなり、木々も新しい葉や芽を吹きだした。
この時期になると面白い光景を芽にするようになる。
それがこの「もみじ」 
IMG_3104.jpg


もみじには緑の葉が出るものと赤い色の葉が出るものがあります。
新芽の時期になると両方が芽吹いてきますから、赤と緑の両方のもみじが楽しめるわけですね。
IMG_3109.jpg

赤と緑のもみじが青空によく映えて綺麗です。
IMG_1644.jpg

IMG_3383.jpg

IMG_3425.jpg

IMG_3050.jpg

IMG_3044.jpg

秋のもみじも良いですが、新緑の頃もそれ以上かもしれませんね^^

撮影機材 Canon EOS50D Canon EF100mF2.8マクロ
     Canon Powershot G10


葛藤 

カテゴリ:独り言

ブログを立ち上げてから8ヶ月になる。
友人からのお誘いで始めて、すぐに「山陰ポタリング倶楽部」という倶楽部に入れてもらい
仲間も増えていった。

一方で、私の中でどうも引っかかる事があった。
しばらく「何だろうなあ・・・」と思っていたが、最近になってようやくそれを特定する事が出来た。
それは何かというと、ずばり自転車であった。

これも友人の影響で衝動的に買ったものであったが、それなりに楽しいものではあった。
しかしながら数ヶ月がたち、他の人のブログも拝見するうちに「何かが違う」と思うようになった。
私は他の人たちのように自転車に対する思い入れがあるわけではない。
たまには乗りたいと思う事もあるが、それがストレス解消になるかと言えばそうでもない。
クラブの走行会などに参加する事は楽しいし嫌なわけではないのだが、じゃあ一人でどこへでも行って
走りたいかと言えばそれも???である。
現に花粉症が出始めてしばらく自転車には乗っていないが、その間乗りたいと思った事は一度もない。

そんな感じでいろいろと思う事はあったが、いちおう心の区切りは付いた。
てなわけで、ブログのタイトルから自転車は外そうと思う。
新しいタイトル名を「雨のち晴れ、ときどきカメラ」とします。


勘違いしないでいただきたいが、自転車に乗るのをやめるわけではない。
今まで通りポタのお誘いがあれば喜んで参加させていただくし、たまには一人で出掛ける事もあると思う。
単にタイトルに「自転車」と入っていると自転車に乗らないといけないという強迫観念に囚われてしまうからだ。
自転車とはもう少し気楽に付き合っていこうと思う。




お手数ではありますが、リンクを頂いている方はサイト名の変更をお願い致します。
本来であれば皆さんの所へお願いに行くべきでしょうが、皆さんのコメント欄を使うのも申し訳ないので(笑)
よろしくお願いします。


化生寺他 (勝山 街並み保存地区) 

カテゴリ:神社・仏閣

勝山の街並み保存地区へ行ったときに訪れたお寺界隈です。

まずは玉雲宮。
入り口には「勝山歴史さんぽ道」とあります。

IMG_1511.jpg

奥には朱塗りの鳥居が見えます。
IMG_1513.jpg

青空に朱が映えますね。
IMG_1514.jpg

どうやらこちらが拝殿でしょうか
IMG_1523.jpg

内部には奉納提灯がたくさんぶら下がっていました。
IMG_1527.jpg

こちらが本殿になります。
IMG_1548.jpg

この玉雲宮の隣に化生寺があるのですが、現在は新築工事中でした。
IMG_1556.jpg



こういう工事はなかなか見れませんので、機会があれば見ておきたい物です。
IMG_1555.jpg

IMG_1554.jpg

ここのお隣にあるのが日蓮宗妙円寺。

IMG_1570.jpg

ものすごい存在感ですね
IMG_1566.jpg
唐様、和様折衷式で、重層式の寺院建築は岡山県下でも珍しいそうです。

お寺とか見るのは好きなので、こういう所にいると時がたつのを忘れてしまいそうです。
IMG_1540.jpg

IMG_1539.jpg

IMG_1537.jpg

IMG_1557.jpg

IMG_1578.jpg

IMG_1560.jpg

長くなりそうなので続きはこちらで↓