FC2ブログ

午前の部 

カテゴリ:野鳥

タイトル見て何のことか分からなかったと思いますが(笑)

実は前日の土曜、仕事の帰りにたまにはハイチュウでも観察しようかと思い
いつものフィールドに寄り道しました。
そこでハイチュウに似た少し色の薄い鳥を見かけました。
直感的にコミミズクだと思い探してみましたがちょっと遠目だし暗いので
いまいち特定は出来ませんでした。
それが気になっていたので日曜は朝の6時から目が覚め、フィールドに出向くことと
なったのです(笑)

結論から言うと、その疑惑の鳥には出会えませんでした。
それは今後仕事帰りに通って突き止めたいと思います。
ではその午前の探鳥の様子から・・・。

朝はやはり鳥の声も多いし姿もよく見かけます。
一番で撮れたのはホオジロでした。
IMG_18854.jpg
朝から一生懸命さえずってました。

それからしばらく行くと朝日を背中に受け黄昏れるノスリの姿が(笑)
IMG_18875.jpg

と、ここで先日大山でうまく撮れなかったカワラヒワがお食事タイムでした。
IMG_18913.jpg
今回はわりと近くで撮れましたが、まだちょっと薄暗いのであまりシャープなのは撮れませんでした(^^ゞ
IMG_18922.jpg
チラッと見える黄色い羽根が綺麗ですね。

この近くでふたたびホオジロ。
今度は木の上で何やら盛んにさえずってます。
IMG_18938.jpg

この後アシ原を進むと普段なかなか撮れないオオジュリンがいます。
IMG_18957.jpg
いつもすぐ飛んでいってしまうので数枚しか撮れません。

そして最後にまたまたホオジロ、これは番でしょうかね~。
IMG_18967.jpg
仲良く餌をついばんでました。

こうして約2時間半遊んできました。
そろそろ腹も減ったので一旦家に帰ることとします。
家に帰ると前の空き地にムクドリがいました。
IMG_19028.jpg
これはあちこちでよく目にする鳥ですね。

この後飯を食って掃除・洗濯を済ませ午後の撮影へと出掛けますが続きはまた・・・・。


ホオジロ・・・スズメ目ホオジロ科に属する。体長は17センチほど。
日本ではほぼ全国的に分布する身近な野鳥のひとつである。
平地や丘陵地の森林周辺、農耕地、草原、荒地、果樹園、河原など明るく開けた場所に生息する。

オオジュリン・・・こちらもスズメ目ホオジロ科ホオジロ属に属する。体長は約15センチ弱。
亜種オオジュリンが北海道・東北地方などで繁殖し、冬期に本州以南で越冬する。

ムクドリ・・・スズメ目ムクドリ科の鳥。体長24センチ程度。
日本国内ほぼ全域に生息する留鳥。