FC2ブログ

新緑の蒜山ポタ会 

カテゴリ:ポタリング

先日の日曜、蒜山サイクリングロードにて山陰ポタリングクラブの
ポタ会が開催された。
集まったメンバーはゆるポタさん、ぽん太さん、kogikogiさん、
しじみカレーさん、陽さん、もとさん、尚さん、私にゲスト参加として
いつか見た風景さんを加えた総勢9名である。

前回ここを走ったのはちょうど8ヶ月前。
私自身はこれで3回目の蒜山となるが、新緑のこの時期に走るのは初めてである。
初めてお目にかかる人も多く、ちょっと新鮮な感じがする(笑)
その中でもトピックはもとさんのGIOSである。
これでGIOSが2台になった^^
しかも青と白のそろい踏みである(笑)
t_IMG_27635.jpg

でもこうしてみるとブルーは鮮やかでいいなあ(^。^ゞ

そうこうしているうちに準備は整い、いよいよ出発。
まずは黄金杉を目指す。

この黄金杉は道路には看板のような物は見当たらず、一見するとわかりにくい。
地図を見ながらこれだろうという推測で辿り着いた。
IMG_27639.jpg

画像右下に見えるのが案内板である。
しかもこの看板、個人の畑の縁に立てられている(笑)
それぞれが思い思いに撮影を始めるが、急に何台も自転者が来て一斉に写真を撮り始めるので
近くにいたおじさんが怪訝そうな顔をして見ている(^_^;)
とりあえず挨拶をして黄金杉について聞いてみると、毎日見てるのでそんなに珍しいものだとも
思われていないようだった。

普通は5~6月頃から色が変わり始めるようだ。
よく見ると葉が他の物よりも多少薄いような気もするし、先端が少し黄色ががっているようだった。
だが黄金色に輝いて見えるのは早朝の朝日を浴びる時間帯のようで、日も既に高くなってしまった
この時間では普通の杉と何ら変わらない(笑)

しばし撮影を楽しんだ後、再びサイクリングロードに戻る。
秋とは違い芽吹いたばかりの新緑の中を走るのは実に気持ちが良い。
同じコースを走るがやはりいつもとは違うコースのように感じる。
起こされたばかりの畑の土も綺麗だ。
IMG_27671.jpg
この時は天気も良かったので吹き抜ける風も心地よかった。

IMG_27658.jpg

酪農大学では牛さんが昼食中(^~^)モグモグ
IMG_27672.jpg

坂も皆さん余裕で駆け上がっていく。
IMG_27675.jpg

がんばれ!昼食までもう少し(爆)

その前に、休暇村前の坂を登り切ったときにふと思いついた。

IMG_27691.jpg

白い3連星!(爆)
気付けば白い自転車が3台にもなっていた。
私としては嬉しい限りだ。
手前からいつかさん、私、尚さんの自転車だ。
いつかさんはゲスト参加だが、もう倶楽部入会も同然でしょう。ね、いつかさん(笑)

昼食はB級グルメとして売り出し中(?)の蒜山焼きそばだそうである。

IMG_27694.jpg

見た目は微妙、味も・・・・ビミョーである(笑)
二度と食わない(爆)

食後ここではゆっくり出来そうもないので早々に次の目的地ワイナリーを目指す。

IMG_27727.jpg

4月にオープンしたばかりだそうで綺麗な店内である。
IMG_27701.jpg

ゆるポタさんは何故かにんじんジュースを飲んでいたが、私といつかさんは
ノンアルコールワイン=山葡萄ジュースを頂くことにした。

IMG_27706.jpg

これがまたノンアルコールとは言え飲み口はワインそのもので芳醇な味わいである。
店内の落ち着いた雰囲気とガラス越しに見える風景、上品なワインとこれは超お勧めである。
これからの時期はテラスで景色を眺めながら頂くのも良いだろう。

IMG_27696.jpg

このワイナリーでサプライズでtakesanさんが登場した。
とりあえず車で駐車場まで行き、そこから逆送して合流するとのことだ。
お昼を食べる頃から天候が怪しくなり、風も冷たくなってきていた。
このあたりからは自ずとペースも速くなる(笑)

前回でも立ち寄った「のーすぽーる」

IMG_27728.jpg

この前はパンは既に売り切れだったが、今日はどうだろう。
どうやら大きなパンしか残っていないようだ。
どうしても食べたいゆるポタさんは皆と分け合うことにして大きいパンを購入された。
嬉しそうにほおばるゆるポタさんの表情が印象的だった(笑)

最後にブリキのオブジェで有名な喫茶店で撮影会(笑)
ここでtakesanさんも合流された。
だが写真はない(爆)

IMG_27758.jpg

IMG_27751.jpg

最後は寒さからもう走るだけみたいになったが、まあそれもしょうがないか。
それでも前半は気持ちよく走ることが出来たし、何より今回も事故や怪我もなく無事に
走り終えることが出来たことに感謝しよう。
新緑の蒜山はやっぱりサイコーだった。
今回集まられた皆さん、お疲れ様でした。
また次回、お会い出来る日を楽しみにしております。