大山探鳥会の後に 

カテゴリ:野鳥

話がまた戻りますが、先日の大山での探鳥会が消化不良でしたので午後から再び
場所を変えて鳥を探すことにします。
とりあえず指導員の方に何カ所か見られそうな場所を聞いていたのでそちらへ
向かうことにしました。

駐車場に車を止め歩き出すと早速キビタキがいました。
IMG_27949.jpg

木の枝でまったりしてます。
IMG_27992.jpg

いちおうこちらも気にしているようですが特に逃げる気配もありません。
IMG_28009.jpg

やはり緑がバックだとこの鳥は映えますね。

そうしていると今度は林の中で「キャッ、キャッ」という声が近づいてきます。
アカゲラかと思いカメラを向けるとちょっと色が違う。
IMG_28045.jpg

アオゲラでした。
名前は青ですが実際は緑色をしています。
漢字で書くと「緑啄木鳥」と書きます。

これも指導員の方に教わった話ですが、古い意味で緑色は青に分類されるようです。
そういえば新緑も青葉とか言いますもんね。
信号の青信号も実際は緑だし(笑)
で、本当に青いのは瑠璃と言うんだそうです。
オオルリやコルリ、ルリビタキなどは青いですね。

IMG_28058.jpg
これは後頭が赤いので雄です。
この鳥はちょっと見たい鳥でしたのでこれは嬉しかったです。
ですがチョコチョコ動いてすぐにどこかへ行ってしまいました。

この後も散策を続けますが、アカゲラの鳴き声はするけどなかなか姿が見えません。
朝からずっと山の中を歩いているのでさすがに疲れたと思い、そろそろ帰ろうかと
駐車場へ向かっているときにすぐ近くにアカゲラが飛んできました。
IMG_28160.jpg

慌てて撮りまくりますがどうやら飛んでいく気配はありません。
それどころか熱心に毛繕いを始めました。
IMG_28172.jpg
どうやらこの子はメスですね。
やはり身だしなみが気になりますか(笑)
IMG_28199.jpg
かなり長い間毛繕いをしてました。
もちろんその間は撮り放題です^^
こうして毛繕いしている間にもひっきりなしにキャッキャッ鳴いてました。
ちょっとうるさいかも(笑)

探鳥会が不発でしたので、ちょっと居残りして良かったです。

でもアオゲラもうちょっと見たかったなあ・・……(-。-) ボソッ


祝!日本代表 決勝トーナメント進出 

カテゴリ:独り言

おそらく今日は朝早くからテレビを見られていた方も多いと思います。
ワールドカップ日本代表がデンマークと対戦、見事3-1で勝利し
決勝トーナメント進出を決めてくれました(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ

あいにく私はその時間は出雲のほうで仕事中でしたのでテレビを見ることは
出来ませんでしたが帰りの車中ラジオで試合終了のホイッスルを聞いたとき
には思わずガッツポーズをしてしまいました(笑)

IMG_27896.jpg
(画と本文は関係ありません・・・・笑)

大会前の様子ではおそらく一勝も出来ずに終わるんじゃないかと思ってましたが
やるときはやってくれますね(笑)
決勝トーナメント初戦の相手はパラグアイです。
ランキングでは日本は格下ですが、今日のようなゲームが出来れば勝てると思います。
29日はまたテレビの前に釘付けですなあ(爆)


夕陽とウィンズと 

カテゴリ:風景

相互リンクしているヲアニーさんが水曜に撮られたという岡成からの大山を
アップされていたので、同じ日に撮影した夕陽をアップしようと思う。

ヲアニーさんの記事はこちら↓
写進化・ヲアニーの作品集 「岡成池に映る大山」

こういうのは時期を逃すとただのハードディスクの肥やしになってしまうので
勝手にこじつけて記事にしてみました(笑)
まあたいした写真ではありませんが(^^ゞ
IMG_28235.jpg

真ん中に見える建物はウィンズです。
ワインズって何?って人もいると思いますが、早く言えば場外馬券売り場のことです。
この建物、ちょっと面白い形をしているので一度じっくりと撮ってみたい建物でもあります。

この建物の少し左側に見える山がキューピー山。
IMG_28252.jpg
この画ではちょっと見にくいかな?

水路もあるので写り込みも狙えます。
t_IMG_28261.jpg
しばらく撮った後、家へ向かう途中で空は真っ赤になった。
IMG_28278.jpg

ところで、ワールドカップ日本は惜しくも敗れましたね。
でも負けたとはいえ何度か見せ場もありましたから、次のデンマーク戦は面白くなりそうですね。
最後(になるかもしれない)なので、皆さんちゃんと応援しましょうね(笑)


霧に浮かぶ 

カテゴリ:風景

ちょっと前後しますが、これは1週前の日曜です。
このところ霞にかかったように遠くが見えない日々が続いていました。
埃が舞っているのか定かではありませんが何日もそういう状況でしたね。
この日も朝から大山を目指しました。

とりあえず朝日を拝みます。
IMG_27807.jpg

うーん、少しもやがかかったようなあまりスキッとはしてませんね。
では上の方ではどうなってるかというと・・・。
ミルクの里からの眺望です。

IMG_27820.jpg

これは雲海と呼んでも良いんでしょうか?(笑)
米子市内は全域霧に包まれたようになってますね。
境港方面も真っ白で、島根半島がその中にポッカリと浮いたようです。

IMG_27811.jpg

わかりにくいですが真ん中あたりにぼんやりと浮いてるのは隠岐の島と思われます。

IMG_27813.jpg
よく分からないのはこの画で真ん中に浮いている山のようなもの。
本来ここは海のはずですが、なんでこんな山のようなものが見えるんでしょう?
いくら考えても分かりません、何かの自然現象なんでしょうかねえ。
ご存じの方がいたら教えていただきたい(笑)

ちなみに、山のほうはクッキリと見えておりました。
IMG_27818.jpg

IMG_27821.jpg

いつしか大山も緑に覆われましたね。
山開きも終わり多くの登山者がこの頂きを目指すんでしょう。
私も近いうちに登ってみたいなあ(笑)


「ブナの森に住む鳥たちと会おう」~春の野鳥観察会~に参加する 

カテゴリ:野鳥

今日は大山で「春の野鳥観察会」がありました。
前日の天気予報では朝から雨、しかも強く降る怖れもあるとのことでした。
しかし、朝起きた時点ではまだ降っておらず「せめて昼ぐらいまで持ってくれればなあ」と
思っていましたが、出る準備の最中に早くもポツリポツリときた。

集合場所の「大山自然歴史館」に到着しても小雨がぱらつく状況。
ひととおり説明を受けた後いよいよ出発。

2302.jpg

参道から南光河原に出る。
河原沿いの林の中を歩くが鳥の姿は見えない。
金門下でようやくホオジロが見られた。
2305.jpg
しばらく皆さんで観察。

大山寺の広場へ出ると鳥の声が良く聞かれた。
カワラヒワやミソサザイなどの姿も見られる。
2311.jpg

その後金門へ出るが風が強く鳥の出現は期待出来そうもない状況だった。
そんなときひょこっとオオルリが横切っていった。
雄の成鳥が2羽いたので縄張り争いの最中だったか。

更に上にある大神山神社へ。
2313.jpg

ここでもさほど鳥は見られなかった(カラ類はいたようである)

2318.jpg

ここから下山神社を通り寂静山方面へ続く山道を行く。
途中で野生のシイタケがあった。
2325.jpg

しかし良く見つけるなあ(笑)

この頃には少し雨も上がったようで、少し明るい光が差し込むように。
新緑の透過が美しい。
2328.jpg

鳥の姿もあまり見られないので、途中で歴史館館長による植物の解説も随時行われた^^
2338.jpg
ここではヤマアジサイやオオカメノキについて説明されてました。

2343.jpg
ヤマアジサイ

2344.jpg
オオカメノキ

そうして2時間半ほど散策した後、昼食のため「山の宿 中の原ぎんれい」さんへ。
2357.jpg

店内にはちょっと和風なライトのオブジェが。
2363.jpg

こういう和風なものって心を穏やかにしてくれますね。
2368.jpg

昼食です。
2366.jpg

おこわと鶏肉やナス、山菜などを味噌に絡めて焼いたもの、ここには写ってませんが
大山そばもありました。
ここで食事後にアンケートをして解散となりました。

この会に参加するのは秋に続いて2回目ですが、秋も雪で泣かされましたが今回も
雨と風で思うように鳥を見ることが出来ませんでした。
ですがこういう会で観察員の方と歩くことで鳥だけでなくいろいろな植物などについても
説明を聞くことが出来るので私のようにネットワークもなく単独で探鳥しているような
ものにとって非常にためになりますね。
この大山自然歴史館では毎週のようにこういった観察会やさまざまな催しをされてるよう
ですので観察員や指導員の方も大変だろうなあと思います。
まあそれが仕事だと言ってしまえばそうなんですけど・・・(^^ゞ
昨年の秋はまだ鳥のことが全く分からない状況での参加でしたので、今年の秋もまた
参加してみたいと思います。

解散後、鳥見が消化不良だったため場所を移動してさらに鳥を探すことにしました。
それは次回に・・・。


本日の撮影  
全て Canon Powershot G10

ワールドカップ開幕 

カテゴリ:独り言

ワールドカップがいよいよ開幕しました。
4年に一度のサッカーの祭典。
1ヶ月にわたる死闘が繰り広げられますね-。
今大会のワールドカップはどの国に渡るんでしょうか。
しばらくは寝不足が続きそうです(笑)

記事とは関係ありませんが昨日の夕景でも。

IMG_27938.jpg


囀り 

カテゴリ:野鳥

ネタもないので在庫から鳥のさえずりのシーンを集めてみました。

IMG_22316.jpg
セグロセキレイ

鳥の鳴き声には大きく分けて2通りあります。
ひとつは一年を通して鳴き、雄雌の違いもほとんど無い地鳴きという鳴き方。
これは短くて「チッ」とか「ジッ」という単純な鳴き方です。
林の中とか藪の中とかで鳴くことも多いので、声はするけどなかなか見つけられなかったりします。


IMG_24090.jpg
イソヒヨドリ

もう一つは囀りと呼ばれる鳴き方。
この鳴き声は複雑で、主に繁殖期の成鳥の雄の無く声です。
あとは縄張り主張の場合もあるようです。
種によって独特の節回しがあり、これを聞けば大抵何の鳥か判別可能です。
目立つところに出て鳴くことも多いので声を頼りにして探してみると見つけやすいかもしれません。

IMG_26116.jpg
コルリ

囀りの代表的なものと言えば、皆さんよくご存じのウグイスの「ホーホケキョ」ですね。
春先から今の時期良く聞かれます。

IMG_27885.jpg
ウグイス


この囀りを覚えると声だけでどんな鳥がいるか分かるので、場所によってどんな鳥がいるのか
わかるようになります。
そうなれば自分の見たい鳥の声がすれば、そこで探せばいいわけです。

IMG_27859.jpg
ホオジロ

公園や森の中などでじっと鳥の声を聞くのもとてもリラックス出来て良いものですよ。
この新緑の季節、たまには自分の足でゆっくり歩いて自然を満喫してみませんか?

IMG_25998.jpg
コサメビタキ?


大山 ~朝の風景~ 

カテゴリ:風景

蒜山ポタの日、どうせ蒜山まで行くならと今気にしている
夏鳥を探そうと思い少し早めに家を出た。

家を出た頃は境~米子にかけてどんよりとした雲が立ち込めている。
「今日は天気大丈夫か?」と思ったが、大山が見えて来ると山の上のほうは日が差しているようだった。
大山寺付近手前まで行くと山頂がくっきりと見える。

IMG_27422.jpg

朝の6時前だったが、駐車場は既に多くの車で埋まっていた。
ここはそのまま通り過ぎ、桝水から鍵掛峠方面へと車を走らせた。
一の沢に差し掛かった時、眼下に少しであるが雲海が見えた。

IMG_27428.jpg

雲海を見るのはこれが初めてだった。
全く頭に無かったのでこれは嬉しかった。

続いて二の沢からの雲海と大山。

IMG_27437.jpg

IMG_27431.jpg

このあたりからはスッキリと見えていたが、ぽん太さんによるとあまり見えてなかったらしい(~_~;)
どうやら下の方では雲か霞かであまり見えていないようだった。

更に車を進め、ちょっと気になるポイントがあった。
そうしてとある場所で車を止め、耳をすませてみる。
アカゲラのドラミングやキビタキ、コルリなどの囀りの合間にその求めている鳥の鳴き声も聞こえた。
実際に生でその声を聞くのは初めてだったので、その瞬間は逆にビックリした(笑)

だが近くで大声で囀るのはウグイス(笑)

IMG_27460.jpg

最近は割と近いところで目にすることが多い。

その求める声は山の奥の方から聞こえて来る。
集合時間まではまだ余裕があるので少し山に入ってみることにした。
朝早いので車もほとんど通らず、聞こえて来るのは鳥の声だけだ。
他には誰もおらず、自然のまっただ中にいるようで至福の瞬間だった^^


少し入ると、何やらその鳴き声が近付いて来るようだ。
立ち止まっているととうとう頭上を鳴きながら飛んで行った。
今の時期、もう木には葉が生い茂っているので見上げても空は見えない。
車を止めた開けた場所に止まったようだったので引き返して見たが結局姿を確認することは出来なかった。

ちょっと落ち込んでいたが、キビタキが少し遊んでくれた(笑)

IMG_27523.jpg

口には虫をくわえていた。
しばらく私の周りをうろうろと移動しながら囀りを聴かせてくれました。

IMG_27608.jpg
ちょいブレ(~_~;)

IMG_27577.jpg

いつみても綺麗な鳥です。

IMG_27611.jpg

こんな事している間にもまだ鳴き声はしていたのでポタ会をドタキャンしてこのまま居座ろうか
という考えも一瞬脳裏をかすめたが、さすがにそれは出来ないので諦めてまたさがすことにしよう(笑)

最後に御机から

IMG_27616.jpg

交通安全の地蔵があったので、安全を祈願してポタへと向かった。

IMG_27617.jpg