スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼岸花 

カテゴリ:四季

昨年は猛暑の影響か開花が遅れた彼岸花。

今年は例年通り咲いたようです。

IMG_41507.jpg

3年前にここを知って以来毎年訪れている。

今年もこの間の日曜に訪れました。

IMG_41495.jpg

満開とは行きませんが、それでもかなり咲いていました。

蕾も多かったのですが、もう色が褪せているものも多かったです。

IMG_41436.jpg

まあ今年も例に漏れず撮りまくり(笑)

申し訳ありませんがお付き合いを(爆)

IMG_41392.jpg

この花は光りが当たると輝いて見えます。

その妖艶さを何とか表現しようと試行錯誤しますが、なかなか思うようにいきません。

IMG_41443.jpg

バックもいろいろと工夫してみたり。

IMG_41448.jpg

ハイキーでちょっとパステル調。

IMG_41421.jpg

小一時間撮影していると遠くに何やら怪しい人影が(笑)

IMG_41505.jpg

ま、ここでは敢えて触れずにおきましょうか(爆)



CANON EOS50D + EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM


スポンサーサイト

ツバメ 

カテゴリ:野鳥

前回の久々の野鳥で思い出しましたが・・・。

そう言えば少し前に日野町にツバメを撮りに行きました。

「何でわざわざそんなところにまでツバメを?」と思われるかも知れませんね(笑)

その理由はこれです。

IMG_41113.jpg

白いツバメです。

突然変異で白くなってしまった個体です。

世の中には遺伝情報の欠損により先天的にメラニンが欠乏し白い体で

生まれてくる個体があります。

このような個体は体が弱いことが多く、しかも外敵に狙われやすいので

生存する確率は低くなります。

ですが一年前に生まれた個体が翌年再び帰ってきたという例もあります。

IMG_41151.jpg

確かに飛んでる姿はよく目立つ(笑)

頑張って生き延びてくれることを祈ります。

あーっと、それからもうひとつ忘れてました。

この9月でブログを始めて3年になりました。

途中何度か休止したりしていましたが、ここまで

続けて来られたのも皆さんのコメントに励まされた

からこそだと思います。

これからも、どうぞよろしくお願いします。





コアジサシ 

カテゴリ:野鳥

久々の野鳥です。

飯梨川の河口へ行ってみるとコアジサシがいました。

IMG_41239.jpg

カモメ科の鳥です。大きさはムクドリ大。

飛びながら魚を探し、見つけたらダイブして魚を捕らえます。

その様子から鰺刺(あじさし)の名が付いたと言われています。

小さいながらも格好いい鳥だと思います。


IMG_41242.jpg

この日は風も強く、狩りは無し。

カモメやウミネコと入り交じれ、のどかな海鳥たちの風景が広がっていました。


IMG_41246.jpg




EOS 50D + SIGMA APO 50-500mm F4-6.3 EX DG /HSM




台風の残した爪痕 

カテゴリ:未分類

今月初めに中国地方を縦断し各地で大きな災害をもたらした台風12号。

大山においてもその被害は甚大で、土砂崩れや沢の崩壊などであちこちで

通行不能となったり、以前とは大きく景観が異なったりしています。

なかなか時間が取れず少し遅くなりましたが、昨日少し様子を見るために

大山に上がってきました。


まず道路ですが、桝水から鍵掛峠を通って御机に抜ける環状線は通行止め。

紅葉シーズンに向けて全力で復旧作業が続けられているようです。

そしてスキー場を通って香取・赤崎方面への赤崎大山線も土砂崩れにより

通行止め。

こちらは当面復旧の見通しは立っておりません。

この2カ所は近くに行ってその状況を見ることも困難なので割愛。

木谷沢の渓流も橋が流されるなどかなりのダメージを負ったようです。

こちらも現在まだ通行止めなので行くことは出来ません。

なので、昨日は大山寺周辺を見て回ることにしました。

a2640.jpg

大山寺橋から。

石は崩れ木が流されているのが見えます。

山道を登っていくと大神山神社の鳥居のあたりから異変が。

a2641.jpg

a2644.jpg

石畳の上には石や岩が散乱し、石畳もえぐられて穴が開いているところもあります。

橋を渡るとさらにひどいことになっていました。

a2648.jpg

2675.jpg

大きな穴が開き片側は水があふれ、もう片側は5~60センチほどえぐられ、土嚢が

しいてありました。

石畳の被害が一番大きかったのはこのあたりでした。

続いて金門のほうへ出てみます。

a2655.jpg

ここはかなりの量の水が流れたと聞きました。

石が散らばってますし、あちこちえぐられたような跡が見えます。

a2667.jpg

a2660.jpg
これらの石は台風の後新たに積み上げられたものでしょうか。

a2669.jpg


ここを乗り越えて参道のほうへ水が流れていったと聞きましたが。

かなり高いところまで土がえぐり取られているのがわかりますね。

石畳の様子からかなりの勢いで流れたものと思われますが、その光景は

想像すら出来ません。

そして再び大山寺橋の所ですが、ここのコンクリートの壁が崩壊しています。

a2676.jpg

河原の横の林を流れた水がここを破って出てきたんでしょうかねえ?

自然の驚異というのをまざまざと見せつけられた気がします。

このようにあちこちで大山の自然は以前とは姿を変えてしまったところも

多いと思います。

一日も早い復旧を願うと共に、何か出来ることがあれば力になれたらと思います。


申し訳ありませんが・・・ 

カテゴリ:つぶやき

当分の間ブログを休止いたします。

a.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。