FC2ブログ

台風の残した爪痕 

カテゴリ:未分類

今月初めに中国地方を縦断し各地で大きな災害をもたらした台風12号。

大山においてもその被害は甚大で、土砂崩れや沢の崩壊などであちこちで

通行不能となったり、以前とは大きく景観が異なったりしています。

なかなか時間が取れず少し遅くなりましたが、昨日少し様子を見るために

大山に上がってきました。


まず道路ですが、桝水から鍵掛峠を通って御机に抜ける環状線は通行止め。

紅葉シーズンに向けて全力で復旧作業が続けられているようです。

そしてスキー場を通って香取・赤崎方面への赤崎大山線も土砂崩れにより

通行止め。

こちらは当面復旧の見通しは立っておりません。

この2カ所は近くに行ってその状況を見ることも困難なので割愛。

木谷沢の渓流も橋が流されるなどかなりのダメージを負ったようです。

こちらも現在まだ通行止めなので行くことは出来ません。

なので、昨日は大山寺周辺を見て回ることにしました。

a2640.jpg

大山寺橋から。

石は崩れ木が流されているのが見えます。

山道を登っていくと大神山神社の鳥居のあたりから異変が。

a2641.jpg

a2644.jpg

石畳の上には石や岩が散乱し、石畳もえぐられて穴が開いているところもあります。

橋を渡るとさらにひどいことになっていました。

a2648.jpg

2675.jpg

大きな穴が開き片側は水があふれ、もう片側は5~60センチほどえぐられ、土嚢が

しいてありました。

石畳の被害が一番大きかったのはこのあたりでした。

続いて金門のほうへ出てみます。

a2655.jpg

ここはかなりの量の水が流れたと聞きました。

石が散らばってますし、あちこちえぐられたような跡が見えます。

a2667.jpg

a2660.jpg
これらの石は台風の後新たに積み上げられたものでしょうか。

a2669.jpg


ここを乗り越えて参道のほうへ水が流れていったと聞きましたが。

かなり高いところまで土がえぐり取られているのがわかりますね。

石畳の様子からかなりの勢いで流れたものと思われますが、その光景は

想像すら出来ません。

そして再び大山寺橋の所ですが、ここのコンクリートの壁が崩壊しています。

a2676.jpg

河原の横の林を流れた水がここを破って出てきたんでしょうかねえ?

自然の驚異というのをまざまざと見せつけられた気がします。

このようにあちこちで大山の自然は以前とは姿を変えてしまったところも

多いと思います。

一日も早い復旧を願うと共に、何か出来ることがあれば力になれたらと思います。