スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカショウビン 

カテゴリ:野鳥図鑑 ア行

これからぼちぼち僕が撮った鳥の記録を野鳥図鑑として残していこうと思います。




まず一回目としてアカショウビンです。

IMG_47287.jpg

アカショウビン(赤翡翠)
ブッポウソウ目カワセミ科
英名:Ruddy Kingfisher
大きさ/L28cm W40cm

体の大部分は黄色みを帯びた赤色で翼には紫がかった光沢がある。
腰の中央には瑠璃色の羽毛がある。
IMG_47231.jpg

くちばしは赤く足も赤い。

夏鳥として全国のよく茂った林に渡来し繁殖する。

鳴き声は「キョロロローーー」と尻下がりに鳴く。

飛びながら「キョロロ、キョロロ」と短めに繰り返す。

IMG_47203.jpg

オスもメスもほぼ同色。

唯一お腹の色の濃淡で見分けることが出来、色が濃いのがオスで薄いのがメス。

背中から見ただけではどちらか判別は出来ない。

ちょうど真下から撮影できましたが、さーてこれはどっちかな~?(笑)

IMG_46903.jpg

観察できる時期 5~8月 (あくまで僕自身が観察できた時期です)



こんな感じでアップしていこうと思います。

基本的に写真と動画ないし音声ファイルを一緒に残していくつもりでいます。

今の時点ではそのファイルの無いものもありますし、この先もっといい

写真が撮れるかもしれません。

ですので内容は随時変更ないし補足していきます。

僕の目の黒いうちに、果たして何種類掲載することが出来るか楽しみです。

スポンサーサイト

感動の再会 

カテゴリ:野鳥

朝日を拝んだ後、そそくさと目的地へ急ぎます。

そして昨年出会ったあの場所へ。

着いたらすぐに声が聞こえました。

しばらくするとその声はだんだん近くなりついには目の前に。

IMG_46218.jpg

声が近くなったときからドキドキしてましたが、やはりこの鳥に会うときは

いつも緊張します。

IMG_46238.jpg

少し移動してむこう向き。

背中のコバルトブルーも見せてくれました。

IMG_46255.jpg

向きを変えて^^

今止まっている場所は少し陰になっており、けっこうプラス補正しています。

手持ちでしたが強力な手ぶれ補正のおかげで何とか撮れました。

IMG_46288.jpg

またまた移動。

今度は光線状態のいいところへ出てくれました。

IMG_46263.jpg

遮るものも無く全体がすっきり見えました。

IMG_46297.jpg

この後は声はするものの姿は見せてくれませんでした。

結局4時間ほどいて対面できたのは5分ほど。

まあこの鳥はそんなもんです、探索していきなり会えただけでも上出来ですね。

早起きの得はここにもあったようです(笑)


あ、今回はボイスレコーダーで結構鳴き声を録ることが出来たのでアップしておきます。
(アオバトの鳴き声入り(笑)、ワオー、ワオーってのがそうです)

音楽を聞くにはプラグインが必要です


少し雑音も混じっていますのでご注意ください。

日食 

カテゴリ:未分類

今朝は日本列島の一部で金環日食が見られるという世紀の天文ショーがありました。

場所によっては雲が多かったりと言うところもあったようですが、綺麗な金環が見られた

ところもあったようです。

とりあえず前回の続きは置いといてこっちを先にアップします。


朝起きて台所に立つと朝日が降り注いでいます。

思ったよりも天気はいいようです。

朝食を済ませニュースを見ていると欠け始めた映像が流れています。

僕もちょっと外に出てみますがとてもまぶしくてまともに見ることは出来ません。

そこである考えがふと頭をよぎりました。

とりあえず、もういつ捨ててもいいキスデジを持ち出し、100ー300ミリの

レンズを付けて外へ出ました。

で撮ったのがこの一枚。

CRW_0007.jpg

もうかなり欠けています。

出勤の準備をしているうちに外はみるみる薄暗くなっていきます。

出勤前に再び撮影。

CRW_0018.jpg

画像情報では7時35分と出てるけどどうやらカメラの時計が狂ってます( ;^^)ヘ..

7時30分前くらいと思います。

おそらくこれがこのあたりのピークでは無いかと思われます。

まあとにかく日食が見れて大満足。

会社について8時半ごろに再び撮影。

CRW_0060.jpg

もうほとんど戻りかけていますね。

鳥取で次に大規模な日食が見られるのは23年後だそうです。



だるま太陽 

カテゴリ:風景

気合いを入れて4時半に起床。

家を出るとどうやらすぐに日の出の時間が来たようだ。

海岸沿いの道路を走りながら、もう太陽が出てきそうだったので適当なところで

砂浜におり撮影した。

IMG_46158.jpg

時間が無いので場所も選べず、結局何も無いただの砂浜( ;^^)ヘ..

ただ、通りかかった漁船がアクセントになってくれた。

IMG_46167.jpg

みるみるうちに太陽は昇っていくが、形がかまぼこみたい(笑)

今度はどんどん膨れていくお餅みたいになった。

IMG_46185.jpg

どうやらこれがだるま太陽というものらしい、今回初めて見ました。

IMG_46189.jpg
とうとう分離(爆)

IMG_46193.jpg

朝日を見るのは久しぶりだったけど、こんな幻想的なのは初めてですね。

もやに浮かぶ大山も幻想的。

IMG_46197.jpg

早起きは三文の得と言うけど、どうやらこの日に限ってはそれ以上に得があったようです。


続く・・・。

新緑 

カテゴリ:四季

日本には四季折々の風景があります。

この時期は山では緑が芽吹き、太陽の光と共に緑のシャワーとなって

降り注いで来ます。

鳥見をするのにはこの新緑は鳥が探しにくくなり非常に厄介なのですが、

鳥のさえずりとこの緑のシャワーは相乗効果で僕の心を癒してもくれます。

DSC_2553.jpg

なので目当ての鳥に会えないとしても、有意義な時間が過ごせるのでとても

好きな季節のひとつですね。

DSC_2567.jpg

今回は松江市の楽山公園にて撮影したものです。

ひとしきり鳥を撮った後で撮り歩いて見ました。

DSC_2577.jpg

花もたくさん咲いていますし、被写体にはこと欠きませんね。

DSC_2590.jpg

大好きなすずらんの花ですが、花が下向きなので地面に這いつくばらないと

撮れないので大変(笑)

DSC_2565.jpg

今度はブナ林に出掛けようと思います。

ネギボウズとヒバリ 

カテゴリ:フィールドノート

少し前になりますが5月10日のフィールドノート。

昼休みに干拓地に向かうと、ネギボウズの上に何か止まっている。

IMG_44264.jpg

撮ってみるとヒバリだった。

盛んに囀っていたが、ちょっと面白い光景だと思った。

IMG_44278.jpg

近くの草むらではオオヨシキリが鳴いていた。

今年はなかなか姿を見せなかったけど、この日はようやく撮ることが出来た。

IMG_44302.jpg

仕事帰りにもちょっと寄ってみるとコチドリがいました。

IMG_44366.jpg

やっぱりこの鳥は逃げない(笑)

すぐ横に車を止めてますが、最初だけちょっと止まってるけどすぐに餌を

探し始めます。

逃げないけど動きが速くてなかなか止まりません。

この日は少し暗かったのでブレ写真連発してしまいました( ;^^)ヘ..

少し先の方に目をやるとバンがいました。

IMG_44437.jpg

くちばしの白いオオバンはよく見るけどバンは久しぶりに見ました。

IMG_44469.jpg

大山探鳥会 

カテゴリ:野鳥

日曜は大山で探鳥会でした。

今回のテーマは「青い鳥を探そう」です。

大山の夏鳥の代表である青い鳥”オオルリ”

今回はこの鳥に会うことが目標です。

大山情報館をスタート参道を歩いて行きます。

まず現れたのはキセキレイです。

t_IMG_1430.jpg

建物の屋根の上の煙突のようなものの上で囀っていました。

林は新録がまぶしいくらいです。

t_IMG_1437.jpg

そんな中にキビタキが現れました。

t_IMG_1451.jpg

「ピッコロリ、ピッコロリ」とかわいらしい歌声を披露^^

この日一番多く目にしたのがこのキビタキでした。

南光河原の一番上、金門の下では、遙か頭上の杉の枯れ枝で囀るオオルリを発見。

残念ながら写真には納められませんでしたがしばらく美しい歌声を堪能できました。

大山寺を通過して再び参道へ。

ここで僕は一行と離れしばし参道にたたずんでいると目の前にキビタキが。

t_IMG_1477_1.jpg

ちょうど周りに人がいなかったので警戒していなかったのかもしれません。

t_IMG_1479.jpg

ちょっとお腹の毛並みが乱れていますよ^^

大上山神社まで上がったところでジュウイチの声がしました。

まだ見たこともない鳥なので見たかったですがちょっと遠かったようです。

この大上山神社の山門が僕は好きなんです。

下から見るのもいいんですが、特にこの見下ろす角度が。

t_IMG_1494.jpg

なぜかは自分でもわかりません(笑)

t_IMG_1496.jpg

山を歩くにしても写真撮るのにも緑が映える今頃が一番いいかもしれないですね。

気候的にもちょうどよく、日差しがあっても吹き抜ける風は涼しく心地いいですね。



この日は撮れなかったですがオオルリ

t_IMG_40364.jpg

シジュウカラです

t_IMG_0767.jpg


結局ほかにはアカゲラやゴジュウカラ、シジュウカラ、ミソサザイなど30種近くの

姿や鳴き声を確認できましたがやはりオオルリの姿がもう少し近くで見たかった気がします。

ですが暑くも無く寒くも無く気持ちよく散策できました。

山歩きは今がおすすめです。


追記ですが、探鳥会終了後に昼食をとった後下山キャンプ場を歩いていたら

しげみでゴソゴソするものが・・・。

ドキドキしながら見ると
IMG_41770.jpg

これってアナグマでしょうか?

初めて見ました、こんなところにもいるんですね。

最後に木の実をほおばるヤマガラ

IMG_41778_20120515072230.jpg

こないだは巣材をせっせと運んでましたが、今は子育て中なのかなあ?


セイタカシギ 

カテゴリ:野鳥

少し前になりますが干拓地の水田にセイタカシギがいました。

IMG_43961.jpg

毎年渡りの時期に数羽飛来が確認されます。

仕事帰りにぶらっと寄った水田ですが、ここには一羽だけがいて数日通いましたが

続けて見ることが出来ました。

IMG_44003.jpg

ひっきりなしに長いくちばしを突っ込んで餌を捕らえているようでした。

途中なぜか寝かけてる?(笑)
IMG_43999.jpg

脇の道路に車を止めていたらどんどんこっちの方に寄ってきました。

IMG_44017.jpg

こんなに近くで見たのは初めてです。

サービス精神旺盛な子でした^^


Canon EOS50D + EF70-200mm f2.8L IS Ⅱ USM + SIGMA APO TELECONVERTER 2x


バードウィーク 

カテゴリ:野鳥

5月10日~16日までの1週間は愛鳥週間(バードウィーク)です。

愛鳥と言っても鳥をかわいがると言うことでは無く、自然の中で飛び回る

鳥を愛でるということだそうです。

これは鳥類保護連絡協議会と言う会(後の(財)日本鳥類保護連盟)が決定し、

昭和22年4月10日のに実施されたバードデーが始まりだそうです。

後に5月に一ヶ月ずらし、より多くの人に知ってもらうために期間も1週間と

なったそうです。

「野鳥を大切にし、自然を守っていこう」という心の輪を広げるためにつくられた

週間なんだそうです。


鳥は(鳥に限らず生き物すべてそうですが)餌となる虫や小動物、木の実などが

無ければ生きていくことが出来ません。

逆に言えば野鳥がたくさんいる環境はそういった生態系のバランスがとれている

自然豊かな環境であるといえるでしょう。

自然が豊かと言うことは私たち人間にとっても住みよい環境といえるでしょう。

私たちの周りにはたくさんの鳥が生活しています。

それらの鳥を観察し、自然の大切さについて考えて見てはいかがでしょうか?



t_IMG_1322.jpg
画像はオオルリです


P.S.
余談になりますが10日から日本海新聞紙上において「野鳥賛歌」と題し、小学生から一般の方
の書かれた作文が掲載されます。
その文に1枚ずつ添えられる写真に、数枚ですが僕の写真が使ってもらえることになりました。
とても大判でお見せできるような画像で無いので申し訳ないのですが、このような機会に僕の撮った
写真がお役に立てるというのは嬉しい限りです。
それと共に、いままでの単に撮れればいいというのは卒業して、これからはもっと”魅せられる”
鳥写真を撮れるようがんばろうと思います。









夕映え 

カテゴリ:風景

たまには風景を(笑)

今日は仕事で蒜山へ。

帰りに夕焼けが田んぼに映り込み綺麗でした。

IMG_1262_1.jpg

山並みが少しぼやけていていい雰囲気を醸していた。

時間があればもっとじっくりと撮ってみたかった・・・。

IMG_1267_1.jpg

この時期だけの絶景ですね。


Canon PowerShot SX40 HS


サンコウチョウ初認 

カテゴリ:フィールドノート

大山にて

サンコウチョウ今季初認。

IMG_44062.jpg

1時間半待ったが、待ってた甲斐があった(笑)

IMG_44091.jpg

2分ちょっとの間だったが楽しませてくれた。

IMG_44095.jpg

ほかにはイカル

IMG_44052.jpg
(ちょっと遠かったので大トリミング)

キビタキ

IMG_44043.jpg

画像はないがマミチャジナイ、ヤマガラ、アカゲラ、コゲラなど。

近くの谷ではクロツグミの声がしていた。

姿は確認していないが声の方向から3羽はいたようだった。

帰りに赤松の橋にイワツバメがいたので撮って遊んでみた。

IMG_44156.jpg

動きが速くなかなか捉えるのが難しかった。

IMG_44194.jpg

もう少し訓練していつかバッチリ撮ってみたいと思う。

IMG_44140.jpg


サクラソウ~日南町福栄地区~ 

カテゴリ:四季



今日4日は用事があり日南町へ行ってきました。

日南町の福栄地区にはサクラソウの自生するところがあります。

雨が降っていましたが少し撮影しました。

IMG_43256.jpg

機材には大変ですが、花には恵みの雨でしょうか。

IMG_43259.jpg

自生ではありますが地元の方が一生懸命手をかけられて守られています。

IMG_43269.jpg

もう数日で満開になって見頃を迎えるのではないでしょうか。

IMG_43282.jpg

GWも残り2日ですが天気も回復するようです、是非出かけてみてはいかがでしょうか。



より大きな地図で サクラソウ を表示

ビンズイ他 

カテゴリ:フィールドノート

4月30日

曇っていたが地蔵崎へ行ってみた。

丘の上に2羽のビンズイがいた。

IMG_42564.jpg

似ているものとしてタヒバリがいるが、見分け方としては汚白色の眉斑と

目の後方にも白色斑があることらしい。

IMG_42593.jpg

渡りの途中であろう、採餌に余念がなかった。

藪の中にいたのはアオジのオス。

IMG_42658.jpg

この日はこのくらい。

続いて5月3日。

この日も雨だったが午前中少し晴れ間があったので再び地蔵崎へ。

天気はあまり良くなかったが鳥たちはよく囀っていた。

チヨチヨビーと声がするがなかなか姿が見えない。

一瞬抜けたところに現れたのですかさず連射した。

IMG_43122.jpg

ウグイスではない、ムシクイの仲間と思ったがこの場ではわからなかった。

帰って図鑑を見ていて頭央に線があるのはこの鳥だけのようなのでセンダイムシクイと同定。

IMG_43124.jpg

ビンズイと共に初見初撮りであった。

最後になるが一番多かったのがマミチャジナイ。

IMG_43210.jpg

地蔵崎に限らず、この近くの山にかなりの数がいたようだった。

あと余談になるが、帰りに軽尾に向かう山の中でフクロウの声を2度聞いた。


シギ 

カテゴリ:フィールドノート

少し前になるが4月の第4週のこと。

干拓地を散策しているといろいろなシギが見られた(中には重複しているものもあるかも)

シギは勉強不足で名前はいまいちわからないが・・・(^^ゞ

IMG_41404.jpg

IMG_41785.jpg

IMG_41435.jpg

IMG_42813.jpg
これはタシギ。

IMG_42788.jpg
これはセイタカシギ。

赤い長い足が印象的な鳥です。

IMG_42834.jpg

IMG_42779.jpg
これは1枚に3種のシギが写っている。

今回はセイタカシギの飛翔シーンも撮ることが出来た。

IMG_42862.jpg

IMG_42891.jpg
最後にこれはチュウシャクシギだと思う。

今まで気にして見たことがなかったけど、結構いろんなシギがいるのだと思った。

これからは注意深く見てみることとしよう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。