ノビタキ 

カテゴリ:野鳥

少し前の撮影になりますが・・・。

岬にノビタキが来ると夏鳥の季節だなと感じます。

P4212670.jpg

実際には他にもいるんですが、あくまで僕の個人的な感覚という事で・・。

P4213134.jpg

岬で見て少しすると干拓地にも現れます。

P4223591.jpg

だいたい木や草のてっぺん近くに止まって虫などを見つけると捕食し、同じ場所に

戻ってくる事が多いです。

飛び出しのシーンを撮りたいのですがなかなか難しいです(^^;;

P4223586.jpg

干拓地にいたカップル。

やがてオスが僕の車のすぐ横にやって来ました。

P4223642.jpg

こうして上の方に止まっているので、いれば見つけやすい鳥です。

このあたりでは渡りの時期にだけ見られて、そのうちどこかへ行ってしまいます。

次に見られるのは秋になります。



OLYMPUS OM-D E-M5 + CANON EF70-200mm F2.8L ISⅡ USM + SIGMA TELECONVERTER 2x EX DG


ルリビタキ 

カテゴリ:野鳥

4月も終わろうかという頃になってやっとルリビタキに会えました。

P4213142.jpg

ちょっと体制が悪いですが残り少ない桜の花とのショットなので・・。

メスタイプは2~3羽がウロウロしています。

P4213298.jpg

朝から晩まで粘って、夕方になってやっと青い子が登場。

P4213434.jpg

足環が付いていますが僕はそんな事は気にしません。

青いオスに会うのは2010年以来3年ぶり。

これでやっと2度目のご対面となりました。

少しの時間でしたが会えて良かった。

P4213446.jpg

これで次週からはいよいよ山へ上がる事としよう(笑)


OLYMPUS OM-D E-M5 + CANON EF70-200mm F2.8L ISⅡ USM + SIGMA TELECONVERTER 2x EX DG

ボーグという選択肢 

カテゴリ:機材・その他

現在メインで撮影している機材はEOS50Dに70-200+2倍のテレコンをつけている。

これだと近距離(おそらく10m以内)では非常に良く写るのだがそれ以上離れるといくら

ジャスピンに合わせたつもりでもあまり解像度は良くない。

解像度だけが写真の全てでは無いけど、それでも少しでも綺麗に写したいと思うのは

写真家としての性であろう(笑)

しかしいわゆる大砲と呼ばれる500,600ミリクラスの白レンズには到底手が出せるはずが無い。

どうしたものかと考えている折、ボーグが値上げをするというアナウンスが流れた。

ところで、そのボーグとは何ぞや?と思われる方も多いと思う。

ボーグとは一言で言えばトミーテックというメーカーが販売している天体望遠鏡である。

もともと天体観測用のレンズであるが様々なパーツを組み合わせる事によりデジカメで超望遠撮影を

可能にしたレンズシステムである。

星を綺麗に映し出すことに優れているため、野鳥の羽根などの細かいディテールを撮影するのに

大変適しているそうである。

そのボーグを使った作例を見てみると、どれも素晴らしいものばかりである。

実はこのボーグというものには以前から興味はあった。

だがパーツの多さ、様々な組み合わせのバリエーションがあるが故にどういうシステムを組めばいいのか

いまいちわかりにくかったという事もありいまいち導入に踏み切れないでいた。

が、そこへ今回の値上げのニュース。

実際どの程度の値上げかはわからなかったが、導入の動機付けとしては十分であった(笑)

悩んだ結果、在庫のあった77EDⅡ望遠セットを購入。

それと同時にもう一台新たな機材を頼んだがこちらは少し間に合わなかったので、とりあえず手持ちの

ニコンD300に取り付けてみた。

P4161108.jpg

初めて見た方はびっくりされると思うが、カメラのレンズとしては異常に長い。

しかし思ったより重量は軽く、キャノンの70-200+テレコンと同じか多少重い程度だ。

これで直焦点で約700ミリ、D300だと1.5倍で1050ミリ超の望遠レンズとなる。

もとがカメラレンズでは無いのでもちろんピント合わせはマニュアルとなるが、ドローチューブの伸縮と

ヘリコイドにより細かなピント合わせが可能となっている。

初めのうちは多少手間取るが、慣れてくればそう難しくないと思った。

とりあえず今回は試しという事で車の中から半手持ちで撮影を行ってみた。

DSC_2317.jpg
ホオジロ

これが一発目に撮影した画像。

ジャスピンとはいかないがまずまずの写りだと思う。

DSC_2324.jpg
ノビタキ

DSC_2366.jpg
ルリビタキ

DSC_2567_20130416231249.jpg
ジョウビタキ

残念ながら今回撮影した画像にはジャスピンと言えるようなのは無かった。

ボーグの本当の実力はこんなものでは無い。

ヘリコイドを回しているとファインダーを覗いてピントが合っているように思われる範囲がけっこう

あったように感じた。

目にピントを合わせれば背中はすでにボケている、これだけの望遠になればピント合わせもシビアに

なるのだろう。

このあたりの感覚は少し慣れが必要だろうと思うがファインダー越しにでもピントが合ってきたときに

見える画像にはゾクッとするものがある。

使い込んでいけばボーグユーザーの作例にあるような綺麗な画像が撮れるのであろうか。

それにはひたすら撮影して経験を積むしか無いだろう。

あ、ちなみにD300では絞り優先モードによる撮影が可能でした。

また、ピント合わせがシビアなのできちんと確認出来ていませんがどうやらフォーカスエイドも使える

ような気がしました。

これは今後要調査です。






ハギマシコ 

カテゴリ:野鳥

渡り前のハギマシコに会う事が出来ました。

昼前に一度群れで木に止まってたんですが人が来て飛んでしまいました。

夕方再び行ってみると地上に降りてえさを啄んでいました。

IMG_64896.jpg

この時間にはもう人もおらず、あまり警戒している風でもありませんでした。

IMG_65014.jpg

近くでじっくりと撮影出来ます。

IMG_65004.jpg

それにしてもよく食べます(笑)

そして別の日に。

この日はあいにくの雨模様。

風も台風並みに強く誰一人いません。

道路を歩いて行くと道路脇に数羽いました。

ですが撮ろうと思っても傘を持っており、傘が風にあおられて思うように撮れません。

それどころか突風にあおられて傘の骨が折れてしまいました(^^;;

雨も小降りでしたので傘を差すのをやめて撮影。

IMG_65211.jpg

こんな近くにいても気にする事無く食べまくり(笑)、ほんとによく食う(爆)

見てるとタンポポばかりつついてましたが好物なんでしょうかねえ。

IMG_65191.jpg

食べてる間も鳴いているのでおしゃべりしながら食べてるみたいで可愛かったです。

もうそろそろいなくなるでしょうね。