花火2014 

カテゴリ:祭り

8月14日、安来月輪祭り。

これまで一度も花火を見に行ってなかったので、雨が降っていたが出掛けてみた。

と言ってももちろん現地ではなく(笑)、米子の干拓地から眺めた。

干拓地内の道路に止めた車の中から見ていたが、写真撮れるかも?と思い

後部座席に三脚を立ててチャレンジ。

IMG_5647.jpg

数枚撮ってみたがうまくいきそうだったので本格的に撮影開始。

IMG_5637.jpg

でもやっぱりあれですね、花火ってのはその祭りの現場で見てないと臨場感がないと言うか、

花火を見てからだいぶ経ってから音が届くというのは少々興ざめというもんですね。

まあ写真撮る分には周りを気にしなくて済むんですが、やっぱり一度くらいは会場まで行って

見た方がいいなあと思いました。

IMG_5649.jpg

花火はあれです、同じ種類の花火がある程度続けて上がるだけで、少し単調って感じ。

もう少しいろんな種類を続けてあげてもらった方が見る方にも面白くていいんじゃないかなあと思います。

IMG_5667.jpg

写真撮ってても同じ所に同じ花火ばっかり上がるので面白くありませんでした。

でもって帰ってからいろいろ考えてたら、「じゃあ合成すればいいじゃん」ってことに。

で、いろいろ探しました。

何がって?もちろんただで使える合成ソフトですよ(笑)

さすが便利な世の中ですね、ありましたよ、夢のような合成ソフト。

SiriusComp」っていうソフトなんですけどね。

これが優秀なソフトで、合成して出来たファイルを保存するフォルダを決めた後、合成したいファイルを

指定すれば後はソフトが勝手に合成して保存してくれます。

よく蛍や星空なんかを何十枚から何百枚撮影して合成するコンポジット合成という手法がありますが、

それを花火でやろうという次第です(笑)

素人の私でも簡単にできました。

gousei1.jpg

gousei2.jpg

gousei3.jpg

output_comp.jpg

まあこれだと一度にたくさんの花火が上がったみたいで格好いいじゃないですか!

この手法は意外と使えそうです。

ま、ある意味ねつ造と言えばそうなんですけど、やぱりこのほうが見応えありますよね。

背景の夜景がダブってるのはご愛敬って事で(爆)



撮影機材
CANON EOS50D + EF70-200mm f2.8L ISⅡ USM




大人への一歩 

カテゴリ:野鳥

ヤマセミの続きです。

教えてもらったポイントへ着くとヤマセミはすぐに目に入りました。

いるのはいるのですが、問題は写真を撮らせてもらえるかどうか。

ヤマセミと言えば相当警戒心の強い部類の鳥さんです。

遠目から証拠写真として押さえた後、カメラを構えられる所まで移動。

何とか飛ばれず、無事に三脚もセット。

というか、意外に警戒されることも無く普通に撮らせてもらえました^^

IMGP2572-1.jpg

今年生まれの幼鳥、全部で4羽いました。

兄弟同士でじゃれ合ったり、

IMGP2729-1.jpg

IMGP2869-1.jpg

水面に浮かぶ木枝や木の葉にダイブするのは狩りの練習でしょうね。

IMGP2518.jpg

IMGP2759-1.jpg

IMGP2522.jpg

何度も何度も飛び込んで、何も咥えてないことが多かったですがこうして大人への階段を

登っていくんでしょう。

IMGP2782-1.jpg

IMGP2788-1.jpg

IMGP3223-1.jpg

IMGP3558.jpg

IMGP2878-1.jpg

IMGP3249-1.jpg

ひとしきりダイブを繰り返した後は再びまったりモードに(笑)

IMGP2944-1.jpg

IMGP3321-1.jpg

IMGP3329-1.jpg

蒸し暑く、時折小雨もぱらつく天気でしたが有意義な時間を過ごすことが出来ました。

こんな光景、再び見ることはもうないかもねえ・・・(-。-) ボソッ