スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滝 その9 大山滝(日本の滝百選) 2009年・春 

カテゴリ:

鳥取県東伯郡琴浦町にある上下二段からなる滝。
平成二年に日本の滝百選に選ばれました。
その落差は42メートル。
水量が豊富で、その流れは豪快そのもの。



先日の日曜、大山滝へと行って参りました。
この日は朝から曇り空で滝見にはもってこいの天候。
日頃親しくお付き合いをさせていただいているtakesanさん、ゆるポタさん、マシンガンさんとの滝見ツアーです(爆)

一向平キャンプ場から中国自然遊歩道伝いに滝を目指します。
初めはなだらかな道が続きますが、途中で急な階段が・・。
t_20090531105929(1).jpg

幅は狭いし間隔も小さいので非常に歩きにくい(^^ゞ
こんな所をしばらく進むと次の難所がこの吊り橋。
t_20090531110622(1).jpg

歩くと結構揺れます。
私は何ともありませんが、高所恐怖症の人はここで断念されるんじゃないでしょうか(笑)

道中ずっとこういう場所ばかりではなく、なだらかで気持ちよく歩けるところも多くあります。
IMG_6095.jpg

IMG_6082.jpg
新緑の時期、日差しと共に目に飛び込んでくる鮮やかな緑とウグイスやその他の野鳥のさえずりを聞いていると
心が洗われるようにすがすがしい気持ちになりますね。
私がトレッキングを始めたのもまさにこの風景に遭いたいからです。
このようなところに私一人で訪れたらなかなか滝までたどり着かないと思います(笑)
でも今回は一人ではないのであまり遅れないように撮影もほどほどに(^^ゞ

そんなこんなで2キロ程歩くと大山滝へ到着しました。
IMG_5783.jpg

この頃には少し日が差してきました。
IMG_5778.jpg

IMG_5883.jpg

ここから先は急な崖のような所を鎖を頼りに降りなければなりません。
少しびびった私はマシンガンさんに先に降りるように要請(爆)
無事を確認し、恐る恐る降りる事が出来ました。
しばし昼食を取った後撮影開始。
各自思い思いにシャッターを切ります。

IMG_6021.jpg

IMG_5929.jpg

IMG_5809.jpg
この撮影した場所は滝の水しぶきが霧となって降り注ぎ、まさにマイナスイオンのまっただ中といった感じ。
IMG_5918.jpg

道中汗ばんだ体が一気に冷めていくのを感じます。
周りも緑が多く、とても気持ち良いですね。
夏場は最高の避暑地でしょう。
IMG_6069.jpg

しばらく撮影を続け、大山滝を後にしました。
IMG_5817.jpg


ここで撮影する間に入れ替わり立ち替わり人が訪れます。
女性の方や年配の方もおられ、よくあの鎖場を降りてくるものだと感心致しました(笑)
さてさて一行はこの後さらにもう一つの滝へと向かいます・・・・


以降は次回へ続きます。

撮影機材 Canon EOS50D

今回から新たな試みとして動画による滝の紹介をしてみたいと思います。
静止画で見るのとでは印象が全く違うと思いますので、まだ行った事のない方の参考になればと思います。
興味がある方はどうぞご覧下さい(音量に注意してください)





この記事へのコメント

どうも!鎖場の魔術師です(爆)

お疲れ様でした^^

あれ?例の滝を心待ちにされている方がいらっしゃるのに、いいのですか?(爆)

階段と吊橋の写真は動画からの切り出しですか?(違ってたらスミマセン^^;)
私なんか、途中の木立は全く撮れませんでしたよ・・・
そんな余裕どこにもありませんでしたから(爆)

やはり同じようなところに目がいってるようですね(笑)
これまでの皆さんの傾向を考えて写真をチョイスしたつもりでしたが、
やはり数枚は被ってしまいますね^^

動画は、やはり画質が明らかに違いますね・・・(^^;)
圧縮前の生動画は素晴らしい画質なんでしょうね。
今度見せてください!^^

Re: 滝 その9 大山滝(日本の滝百選) 2009年・春

他の方にはなかった道中のカットがあって
よりいっそう周辺の雰囲気が感じられますね。
以前行ったのですがこんなところあったっけ?
ってずいぶん前になりますからね。

天気が良すぎたようですが初夏の清涼感が感じられます。
写真は一瞬の時を切りとるおもしろさがありますが
スケール感とか周辺の臨場感を表現するには
やはりビデオがいいですね、ほんと行った気になれます。

Re: 滝 その9 大山滝(日本の滝百選) 2009年・春

先日は、ご苦労様でした。
大山滝の登山道も、昔はもっと楽だったように思ってましたし^^;
途中の景色も皆さん撮るだろうと思ってたので、適度に休憩も出来る予定
だったのですが、皆さん、スタスタと歩き続けて行ってしまいましたからね(^^ゞ

こんな所で写真撮って無かったよな~と思ってましたが、ビデオからの画像ですか
今どきのビデオは、便利になりましたね~(笑)
動画を見ると、ズームも高倍率ですね。フルハイビジョンで見たいですね。

鎖場で引き返してくるとは、まっちゃんにも弱点が有って、私は嬉しいです(爆)
構図も、皆さんほとんど同じ場所で撮ってましたから、被るのは仕方ないでしょう^^;

Re: 滝 その9 大山滝(日本の滝百選) 2009年・春

今はこのような階段ができているのですね。
3年前に行ったときは、吊り橋は渡ったが、このような階段はなかったと思うのですが^^;
大山滝の途中には、木立に覆われて、まさに昼なお暗き杉の並木のところもありますね。
私もいつか再びここで”トレッキング”してみようかな(笑)
私は2~3回に分けて、1つはトレッキングのカテゴリをつくるのだが^^;
水量も結構あったようで、よかったですね。
ところで、情無理事はいつUPするのでしょうね(爆)

マシンガンさん@まっちゃん

先日はお疲れ様でした。
持病の方もそれほど酷くはならなかったようで安心しました^^

えっと、上の2枚が動画から切り出したものです。
私はもっと皆さん途中で撮影しながら行くものだと思ってましたが(^^ゞ
ああいうところで休憩も無しに歩いたら疲れますよ(笑)

>圧縮前の生動画は素晴らしい画質なんでしょうね。
今度見せてください!^^


そりゃあもう全然違いますよ(笑)
でもせっかくのハイビジョン画質なのでハイビジョンテレビで見ないと・・・。
あ、あなたのテレビがそうでしたね。しかも大画面( ̄ー ̄)ニヤリッ
そのうちお邪魔しますから部屋片付けといてください(爆)

ぽん太さん@まっちゃん

ご希望の滝でなくてすいません(^^ゞ

そうですね、やはり滝だけでなくこういう良い風景もあるんですから
それも紹介しとかないとねえ。
皆さん渓流はバシバシ撮られるのに、こういうのには全く興味がないのでしょうか(笑)
ほんとならもっとたくさん撮りたかったのですが、皆さんの移動スピードが速すぎて・・・(爆)

やはり紹介するとなるとやはり動画に分がありますね。
滝そのものを動画に納めておけば写真はもっと細かい部分にこだわっても良いわけですし。
まあ全ての滝にビデオを持って行けるかどうかは分かりませんが、初めて行くところは
なるべく持ち込みたいですね。

ゆるポタさん@まっちゃん

とうとうゆるポタさんもアルツハイマーの気が出始めたようですね(爆)

あ、どうもお疲れさんでした。
そのいい加減な記憶のせいで酷い目にあったお二人は結構こたえていたようですが(笑)

>途中の景色も皆さん撮るだろうと思ってたので、適度に休憩も出来る予定
だったのですが、皆さん、スタスタと歩き続けて行ってしまいましたからね(^^ゞ


そうですか?
私にはゆるポタさんが一番スタスタと歩いていたように見えましたが(笑)
takesanさんなんか足がもたついてヨタヨタしてましたよ(爆)

ちなみに、ビデオからの画像は上の2枚だけですよ。
あとはちゃんとカメラで撮りました(笑)
しかし残念ながら我が家にはフルハイビジョンテレビはありませんので、今度
マシンガンさん家で試写会をやります(爆)

私は数年前に足を骨折してから右足首があまり動かないものですから・・・。
だからああいう急斜面はちょっと苦手です。

ヲアニーさん@まっちゃん

以前の道中を私は知りませんのでわかりませんが、ちょっとこの階段は酷かったですね(笑)
ここは滝が無くても十分楽しめる遊歩道だと思いますね。
ほんとなら仰るようにもっと道中の写真を撮りたかったんですが、ご老公がやたらと早足で
先を急ぐものですから(爆)
あの階段さえなければトレッキングだけに行ってもいいのですが・・・(^^ゞ

情無理事は期限切れのネタをまだ出し切れてないようですからねえ。
盆までには何とかしてくれるでしょう(爆)

Re: 滝 その9 大山滝(日本の滝百選) 2009年・春

おお、懐かしい風景です。
ものすごぉく昔に、友人たちと一向平にBBQに行ったついでに、
ちょっと行ってみようか~、と行ってみたことがあります。
わかかったですから、そんなにしんどいとは思わなかったのですが、
今行くと、結構辛いでしょうかね(笑)
昨年までは、道が崩れてて一向平からは入れなかったんですよね??
橋もきれいになってるし、これからのシーズン、ハイキング客も多くなるでしょうねぇ~
ホント、緑がきれいで、滝も絹のように滑らかに撮れてますね~~

NASUKAさん@まっちゃん

何か最近凄い時間に来られますね(笑)
昨年まで道が崩れてたんですか?
あまりよくは知りませんが、これだけの階段を設置されるのも相当大変だったろうなあと思いました。
自然遊歩道ですからトレッキングの方も多いでしょうね。
もう少し近ければまた行きたいと思うところですね(滝は別として)

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://llmatchanll.blog59.fc2.com/tb.php/155-939ac2da

山陰の滝を見る - 大山滝 (春) -

            幾多の困難を乗り越え、一行はついに「大山滝」にたどり着いた。 落差43mを2段に豪快に流れ落ちる姿...
  • [2009/06/07 19:27]
  • URL |
  • ゆるゆるサイクリング日記 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。