野鳥が見たい 

カテゴリ:つぶやき

以前の記事にチラッと書きましたが、私の心は野鳥に惹かれつつあるようです。
野鳥というと山や森に行かないとっていうイメージがあると思いますが、スズメや
鳩、カラスやとんびなどもれっきとした野鳥ですね。
で、そういう目で改めて辺りを見回すといろいろな鳥がいることに気付きます。
年中目にするものもいれば渡り鳥などある期間にだけ見られるものもいます。
小鳥たちの仕草は見ていてもほほえましいし、猛禽類などは格好いいですよねえ。

先日米子水鳥公園に行く機会があったのでちょっと遊びで置いてあるスコープにデジカメを
くっつけて撮影してみました(笑)
2121.jpg

ものすごいケラレですが(^^ゞ
それにピントイマイチ合ってないし、やはりうまい具合には撮れないもんですねえ。
でもマニュアルフォーカスにすればそこそこの解像度では撮れそうです。
まあそんな事ですっかり野鳥の虜になってしまった私はついにまた衝動買いをしてしまいました。
2128.jpg

ま、とりあえずは入門機ってことでケ○コーですが(^^ゞ
でも1諭吉ほどでフルマルチコーティング、完全防水です。
2126.jpg

一流メーカーならもう一枚は諭吉さんが増えるスペックです。
まあそんなんですから解像度とか耐久性なんかは劣るのかも知れないですねえ(^^ゞ
でも像は明るく見やすいです。
まあ初めて使う物ですからとりあえずはこんなもんでいいでしょう。

それで、またこんな中途半端な画像で申し訳ないのですが・・・
IMG_9853.jpg

これはミサゴという鳥です。
一見してトンビのようですが決定的に違うのは体が白いことです。
顔も白いですし慣れたらすぐにそれとわかります。
これがいたのは水鳥公園近くですが、ちょっと気を付けていればこのような鳥に遭遇する
チャンスは意外と多いもんなんですねえ。
ちょっとしばらくはこれにはまりそうです(爆)


この記事へのコメント

Re: 野鳥が見たい

あ~これってご褒美ですか?(笑)
頑張った自分には必要なものですよね。^^
しかし、今年何回目?というかまだ続くのかな・・・
まっ、私も人の事言えないですけどね(爆)

以前、野鳥の写真を拝見させて頂きましたが、
あまりの素晴しさに絶句。コメ書けませんでした。
これからも撮り続けてくださいね。^^

Re: 野鳥が見たい

あれ~、デジボーグではなかったのでしょうか。(爆)
やっぱりその方向に行くんですね。
楽しみにしてます。(笑

PS:キタムラでカメラorレンズのレンタル始めた様ですよ。
ただメーカーはニコン、キャノンなどみたいですがね。(笑

Re: 野鳥が見たい

↑のコメントは私です。(^^;
編集ができんかった。(笑

Re: 野鳥が見たい

おおっなんか、ディープな世界に
足を踏み入れようとしてますね。
鳥は好きですがとても金がかかりそうなので
遠慮しておきます。(笑)

Re: 野鳥が見たい

来春辺りは、迷彩服着てテントにこもって鳥撮ってるとか(笑)
季節によっては色んな渡り鳥も来るし、
鳥は面白い被写体ですよね。
でも、いかんせん、やっぱり望遠でないと(^_^;)
まっちゃん野鳥図鑑、なんてブログが出来たりして??(笑)

sugarさん@まっちゃん

いや、これはご褒美ではないですね(^^ゞ
まあ今月はかなり夜業したのでいつもより給料が良かったですから(笑)
ほんとに、今年何回目でしょうね?
怖くて数えられません(爆)

野鳥の撮影って結構何時間も待機してってイメージですが・・・。
果たして私に続けられるかどうか・・・(^^ゞ

takesanさん@まっちゃん

いやいや、さすがにまだデジボーグには手が出せませんよ(^^ゞ
冬のボーナスか冬・夏合わせた分から買えるかどうかってところです。
でも今年はLレンズも買ってますからちょっと難しいかも知れないですねえ。
今のところはこのように大きい鳥しか狙えないでしょう(^^ゞ

キタムラがレンタル始めましたね。
このあたりでは今のところ学園通りのみですか、レンズの種類もまだ少ないですね。
それに最大で300ミリだし。
ただ、何個か気になるレンズがあるので機会があったら借りてみたいですね。

ぽん太さん@まっちゃん

やっぱりディープな世界ですかね?(笑)
でも今や地球温暖化の影響で絶滅もしくは数が激減している種もありますし、昔は見れたのに
今となっては見られなくなった鳥とかもたくさんありますね。
それとは逆に昔は見られなかった所で見られるようになったという例もあるようです。
(東京など都会では滅多に見られなかったカワセミなどが都市部の河川の水がきれいになったのため
今ではいろんなところで見れるようになったとか)

ま、突き詰めていくと鳥と言うよりそれよりもっと大きなもの、それらを取り巻く地球環境そのものに
対して興味が出てきたというか・・・。
森や河川、海などもそうですがそれに鳥が加わったのはある意味必然だったのかも知れません。
本当に微力ではあると思いますが、それらの美しさや素晴らしさを写真を通して少しでも多くの人に
伝えられたらいいなあと思ってます^^

nasukaさん@まっちゃん

いやいや、さすがにそんなすぐにそこまではいきませんよ(笑)
せいぜい迷彩のマントかぶってる程度だと思います(爆)
ちょっと鳥に興味を持つようになってから、ほんとに様々な種類の鳥がいることがわかりました。
スズメを例にしてもいろんな種類があるんですねえ。
最近では鳥の鳴き声が気になって気にしてみるんですがなかなか姿が確認出来ません(^^ゞ
一度観察会みたいなのに参加して鳥を探すノウハウを勉強しないといけないですね。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://llmatchanll.blog59.fc2.com/tb.php/202-c2f6c03d