衝撃のブルー 

カテゴリ:野鳥

出会いは突然だった。
登山道を歩いていると、目の前に一羽の鳥が舞い降りた。
距離にして約7~8メートルくらいだっただろうか。
条件反射的にカメラを構え、ピントリングを回す。
ファインダーの像がはっきりと見えたその時、私ははっと息を飲んだ。
高鳴る鼓動、心なしか緊張感が走る。
とりあえず、シャッターを切った。
が、思いっきりぶれた。ピントも合っていない。

IMG_20947.jpg
ISO160  f5.6 1/60

数枚目でようやく見れる画が撮れた。

IMG_21001.jpg
f5.6 1/30


背中に鮮やかな瑠璃色の羽根をまとった鳥、ルリビタキである。
この冬、いつか出会えるかと思いつつもなかなか見ることも出来ず
今シーズン会うことを半ば諦めかけていた矢先での出会いだった。
しかも完全なる雄の成鳥である。
はっきりと背中まで見せてくれた。

IMG_20964.jpg
f5.6 1/50


いつ飛び去るともしれないのでシャッターを切りまくったが、薄暗いのと
少々ドキドキしてるせいもあってブレ写真連発でした。
それでもしばらくの間チョコチョコ動きながら撮影の機会を与えてくれました。

IMG_21021.jpg
f5.6 1/125


IMG_21023.jpg
f5.6 1/125


後で確認してみたら3分ほどいてくれたようだ。
初めての出会いはろくに見れる写真も撮れないまま終わった。
だがこの冬に会えたことは非常に嬉しかった。
その形容から「幸せの青い鳥」と言われるが、森の中でこの青が見れたのは
まさに幸せなひとときであった^^




ルリビタキ・・・スズメ目ツグミ科。体長は14センチ前後。
オスの成鳥は頭部から上面にかけての青い羽毛で覆われる。

この記事へのコメント

衝撃のブルーとは、私のブルーノを見た時と同じような衝撃を受けたわけですね(笑)

しかし、1/30とは、よくブレずに撮れますね。
私なんか、200mmでも、ブレまくりますよ。感心します。
これは、ほふく前進で、撮ってますよね?

ゆるポタさん@まっちゃん

すいません、ブルーノの衝撃とは度合いが全く違います!(笑)
全く思いもしなかった出来事だったので余計ですね。

>しかし、1/30とは、よくブレずに撮れますね。

この大きさなのでそう見えるかもしれませんが、少しはぶれてますよ^^
ですが慣れですかね、もう何ヶ月もこれでやってますから普通に比べたら
ぶれることは少なくなったと思います。
それよりもピントのほうが問題ですね。
こんな小鳥だと撮ってても合ってるのかどうかも分かりません(爆)

Re: 衝撃のブルー

幸せの青い鳥ですね~~♪
シャッタースピードもだけど、感激で手が震えて・・・
ってのも大きかったでしょ??
私も先日、すぐ近くの橋のガードレールに留まっている巨大な猛禽を見て、
カメラカメラ!!と思ったんですが、
キンチョーして体が動かず(爆)、不穏な気配を感じた鳥は飛び去ってしまいました(^_^;)
やっぱり、鳥を好きなまっちゃんのような人だと、
鳥のほうにも気持ちが伝わるんですねぇ・・・ワタクシはまだまだです。
ところで、
首の周りに白い筋のようなものがある、赤茶っぽい小さい鳥は何なんでしょう??
まっちゃんのブログで見た気もするし・・・??

Re: 衝撃のブルー

お腹がオレンジなのはルイビタキ?でしたっけ
これはお腹が白く背中が青いルリビタキなんですね
この鳥が幸せの青い鳥のモデルなんですか?
なんか凄いもに見たんでしょうか
幸せになれるかも(^。^)
いつ逃げるかわからなくてドキドキするんでしょうね(笑)

せめてメジロぐらいは撮りたいなあ~

Re: 衝撃のブルー

「幸せの青い鳥」ですか^^。
可愛い鳥ですね~。
大人になるとなかなかドキドキすることが少なくなりますが、
この瞬間!と思うとドキドキしますよね(笑)
鳥撮りが一番かと思いますが、
風景写真でもドキドキする時があるんですよね~。
あの感覚、結構好きです(笑)
  • [2010/04/02 10:13]
  • URL |
  • クラウン・ベリー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: 衝撃のブルー

「幸せの青い鳥」か。
やはり誰かさんと違って普段の行いがよい人は違いますね。(笑

しかしほんと手持ちで良くやるわ。
ブレはほとんど私には感じませんよ。

nasukaさん@まっちゃん

いやあ、ちょっと焦って手が震えてしまいました(笑)
今回はたまたま運が良かっただけでしょう。
こんな鳥探そうにもどこにいるのか全く見当が付きませんでしたから(^^ゞ
えっと、首に白い筋のある赤茶っぽい鳥ですか?
さて?何でしょうねえ(^^ゞ
見かけたのはどういうところでしょうか?
筋と言ってもどの程度の物なのか、他に色は混ざってないかによって違ってきますし
ちょっとそれだけでは判断出来かねます(^^ゞ
すいません。

ぽん太さん@まっちゃん

お腹がオレンジはジョウビタキです(笑)
厳密に言うとヨーロッパに青い鳥は存在しないそうなのでこの鳥がモデルという
訳では無いようです。
そんな滅多に見られないような色の鳥という意味だったんでしょうか。
この機会を逃すと次はいつ見られるか分からないという気持ちからつい焦ってしまいました。
この鳥を見て嬉しいと思ったときが幸せな瞬間なんですよ^^

クラウン・ベリーさん@まっちゃん

やはり生き物相手なので、いつもこれが最後のチャンスという感じで撮影してます。
それがずっと追い求めていた鳥なら興奮しないわけないですよね(笑)
風景でもドキドキする瞬間は結構ありますね。
私の場合、鳥を撮るときのドキドキとはちょっと違いますが(笑)
ですがどちらも含めて私もその感覚は大事にしています^^

takesanさん@まっちゃん

普段の行いもさほど良くはないんですけど(爆)
ありがとうございます。
画像が小さいのであまり目立たなくなってますが、今回は全部ブレとか
ピン甘がわずかに入ってます。
やはり小さいとピント合わせるのがほんと大変ですね。
かといって山の中三脚持って歩くのもしんどいし(笑)
もうそろそろ山の中で椅子に座って待ち構えるスタイルに移行しないといけないかも(爆)

Re: 衝撃のブルー

首の白い筋とちょっと黒っぽい羽と赤茶、というイメージで検索かけたら、
ありました!
ヤマガラですね~~
見たのは一瞬だったんですが、色の区切りと言うか、印象に残ってたので・・・
近頃、真上からウグイスの声が聞こえてくることがよくあるんですが、
未だに本体を見たことがありません(^_^;)
ヤマガラくらい派手?だとわかるのに・・・(笑)

nasukaさん@まっちゃん

ヤマガラでしたか(笑)
どっちかというと私には白より黒のほうがイメージが強いので・・・(^^ゞ
今日はそう思ってヤマガラ撮ってきましたよ(爆)

私もウグイス撮りたいのですがなかなか姿を見せてくれません。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://llmatchanll.blog59.fc2.com/tb.php/264-12786ac6