スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガネという選択肢 

カテゴリ:病気

5.6年前から目に異常があった。

黒目の内側の白目部分が常に充血した状態で、おまけに違和感もある。

感覚的にはずっと取れない目やにが付いてるような感じ。

違和感があるんだけどぬぐっても取れない。

それがしばらくすると黒目にもかかってきて、視界を遮るようになって来た。

ネットで調べてみるとある病気が疑われたので2年ほど前に米子にある某U眼科に行って

診てもらったが、答えは私の想像とは全くかけ離れた何かのアレルギーじゃないかとの診断。

ちょっと呆れたが薬ももらって大人しく帰った。
(もちろんその薬は使用してもいないし、このU眼科にも二度と行く気はなくなった)


その後は特に悪くなる気配もないようなので放っておいたが、このところ目が疲れて

くるとコロコロしてしょっちゅう瞬きしないと目が開けてられない状態になってきた。

ちょうど最近テレビで目の病気に関する番組をやっていた。

そこに出てきた病気が私の症状にそっくりだった。

意を決した私は今度は境港市のH眼科に行って診てもらったら、やはりその病気で

間違いなかったようだ。

それは「翼状片」という病気でした。

翼状片とは、強膜(白目)の表面を覆っている結膜組織が過剰に増殖し、角膜(黒目)に

進入してくる病気のこと(「VDT症候群と目の病気」より)

通常50歳以降の高齢者によく見られる症状だそうだが、その理由として紫外線を

長年浴び続けることが挙げられるそうである。

紫外線を浴びる量が多ければ若いうちに発症するケースもあるようである。

症状がなければ放っておいても良いそうだが、私の場合は既に瞳まで少し覆ってきている。

こうなるともう手術で取り除くしかないようである。

で、30~40代で発症した場合は切除しても再発する可能性が高いそうである。

ってことは、何らかの対策を施さないとまた同じ事の繰り返しになると言う事だ。

紫外線を防ぐにはどうしたらいいか。

帽子をかぶるだけでも効果はあるが、この場合は対策を施さない場合と比べても目が浴びる

紫外線の量は5~8割程度にしかならない。

そこで有効なのがUVカット処理を施したメガネやサングラスである。

昔はサングラスと行ってもUVカット加工などされてないものも多くあったが、最近では

ほとんどのレンズで加工済みであろう。

また、サングラスをする場合でも色が薄ければ薄いほうがいいようである。

これは目に入る光が明るいほど瞳孔は小さくなるため、目に入る光の量を極力押さえる

事が出来るからだそうである。

だが仕事でも外に出る機会が多いのでさすがにサングラスはまずい(笑)

ってことで、UVカットレンズのメガネを付けることにしたのである。


IMG_31200.jpg

私は視力は両方1.5弱程度なのでもちろん度は入ってなくただの伊達メガネである。

今まではたまにサングラスをかける程度で常時メガネをかけたことはないので少々ウザイが

紫外線から目を守るためだからしょうがないか。


皆さんも撮影や自転車などで外に出る機会も多いと思うが、紫外線から目を守るという

意識を少し考えられてはいかがだろうか。


ちなみに、私はこれから手術に行ってきます。。。。゛(ノ‥)ノ


この記事へのコメント

Re: メガネという選択肢

「目が日焼けする」という言葉を聞いたことがあります。
この言葉を聞いて以来、私はサングラスを多用するようになったのですが、
まさかそのような病気があるとは・・・。
特に日本人は人前でのサングラス着用は失礼とみなされる風潮がありましたから(今でも)、
目を守るにしても言い訳しなければなりませんね。

私は視力が両方0.1で、眼鏡かコンタクトレンズを常用していますが、やはりウザイです。
裸眼で1.5という世界を体験してみたいです。

これからその手術に向かわれるのですか?
良くなるといいですね^^
ご無事をお祈りしていますm(__)m
  • [2010/09/01 15:54]
  • URL |
  • マシンガン@仕事中
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: メガネという選択肢

まっちゃんさん、初めて聞きましたその病名。
もしかすると僕もその傾向があるかもと今思いましたが
どんなもんやら。いつもサングラスは掛けるようにしてますけど
どのぐらい効果があるもんでしょうね。
手術の成果やいかに。一日も早いご回復を祈っています。

Re: メガネという選択肢

紫外線関連では、白内障とかもありますね。
若い人でも発症することがあるようですし、
私の友人知人は結構何人も、網膜はく離というヤツになって、
大変だったようです。
私も目が悪いので、網膜はく離のリスクは高いようですが・・・(^_^;)
いずれにせよ、体の中でも特によく使う器官なので、
しっかり直してお大事にしてくださいね~

私も伊達メガネ使ってますよ!UVカットレンズの。
サングラスでも、隙間から紫外線が進入してくるので、
本当は横まで覆ってあるスポーツ用のサングラスのほうがいいようですね。
日常で着けるにはちょっとたいそうですけどね(笑)
でも、メガネをかけた人ってカッコイイですよね~
私は、メガネをかけた男性に弱いです(爆)

Re: メガネという選択肢

確かに、眼鏡をかけない人がかけるようになると煩わしいものです。
でも、目のためにはかけた方がいいでしょう。
そのうち、イケメンまっちゃんさんの顔にフィットしてきますよ。

私も20歳を過ぎてからかけましたが、最初は、寒いときに珈琲やお茶を
飲むと湯気がレンズに付くのが億劫でした。
3~4年前に、まばたきをする度に目の前に虫が飛んでいるような
感じがしたもので、眼科へ行ったところ、飛蚊症と診断されました。
年を取ると、そうなってくるようです。
今はそんなに感じませんが、もしかしたらなれかもです。

いずれにしても、早く快復されることをお祈りしています。

Re: メガネという選択肢

目の病気って怖いですね
もし目が見なくなったらと思うとゾッとします。
以前、見てたテレビで紫外線で白内障になったりすると聴いて
ポタ用にサングラスを買いました。
目が悪いので度付きは高く付いてもったいないですが
猛暑で日差しもきつい今日この頃、必須アイテムですね

手術したことないので怖いです(^_^;)
早く良くなるといいですね。

Re: メガネという選択肢

そうでしたか。
手術が成功しますように^^。

私も目が悪いので、とても興味深いです。
テニスをしていた時は、サングラスをしていましたが、
今はしておりません。
ポタ時にもサングラスが必須のようですね~。
はて、サングラス、どこに置いたかなぁ?
  • [2010/09/02 14:58]
  • URL |
  • クラウン・ベリー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: メガネという選択肢

そうですか、手術の経過はどうですか。

なんにしても目が見えないことには何にも出来ませんからね。
日本人は昔から目を見て話せと教えられてきましたから
サングラスをしていると怪訝そうな扱いを受けてしまいますね。(^^;
でも目を守るためなら必要でしょう。

くれぐれもお大事に。

Re: メガネという選択肢

眼の病気は怖いですね
私は、長年コンタクトレンズを愛用しているので、
酸素不足から細胞が一部死んでしまったり、
黒目に血管が侵入したりで、眼医者通いは必須となっております。

まだまだ紫外線は強いです
術後が肝心ですから、おとなしくしておいて下さいね!

マシンガンさん

そうなんですよ、目も日焼けするんですよね。
おまけに数年前からオゾン層が薄くなってるようなことも言ってますし、
気を付けないといけません。
ただ、サングラスでなくともUVカットならメガネでも良いみたいです。
色が薄いほうがいいようなのでメガネにしました。
手術は昨日行って40分ほどで終わりました。
ですが思ったより大変で、帰ってから死んでましたよ(笑)

kogikogi-lifeさん

私も2年ほど前に症状を頼りにネットで検索していて初めて知りました。
目に膜が張ったような感じで、いつも目が充血して赤くなります。
サングラスですが、UVカットはもちろんですが色は薄いほうが良いようです。
手術は無事に終わりました、眼帯も一晩で外しました。

nasukaさん

そうですね、白内障や角膜炎なども紫外線が原因の病気ですね。
それらに比べればこの翼状片という病気は軽いほうなんですが、
眼が赤く充血するので見た目があまりよくありません(^^ゞ
メガネをかけるのは億劫ですが、それだけでかなりの紫外線をカット
出来るならお手軽と言えばそうなのかもしれませんね。
ちなみに、私はメガネ似合いませんので(笑)

Re: メガネという選択肢

「翼状片」、初めて聞く病気です

私は裸眼では視力が両目とも0.1以下なのでメガネなしでは生活ができません
なのでメガネが顔の一部と化していますが、普段メガネをされていないと
最初はわずらわしいかもしれませんね

それにしても、結果的にではありますが
病院を変わって病名がハッキリしたのは不幸中の幸いでしたね

手術に向かわれたとのことですが、早く快復されることをお祈りしています

ヲアニーさん

そうですかねー、しばらくかけていれば慣れるでしょうか。
確かに温度の違いでレンズが曇るのはちょっと面倒ですね。
少し前からかけてますが、仕事の時でも汗で曇ることもあってかなり
面倒です(笑)

飛蚊症ですか、星がチカチカするようなあれとは違うんでしょうか?
それだったら私も良くなりますけど(笑)
いやあ、ですがこれから歳をとっていくといろんな症状が出てくるんでしょうね。
気を付けないといけないですね。

ぽん太さん

私はついこの間まで紫外線については無関係と思っていましたが(笑)
仕事もずっと外ばっかりでしたし、今思えば相当紫外線浴びてたんだろうと
思います。
車の運転以外でサングラスとかしてると恥ずかしいという思いがあったので
ついつい外してしまいますが、メガネならずっとかけれますからね。
欲を言えば調光レンズが良かったんですが(笑)

目の手術は初めてでしたが、麻酔の注射するときが一番怖かったです(^^ゞ

クラウン・ベリーさん

手術は無事に終わりました。
小一時間で終わったので眼帯してすぐに帰りましたが、夕べは縫った糸が
チクチクしてなかなか眠れませんでした(笑)
ポタ時に限らず、外出時にはいつも着けるくせにしたほうがいいですよ。
私は普段から常時着けれるようにとメガネにしました。
サングラスも色はあまり濃くないほうがいいようです。
もちろんUVカットは必須です。

takesanさん

はい、経過は順調だと思います。
ただ6針ほど白目の部分を縫ってますので、その糸が当たってチクチク痛いです(笑)
ちなみに、サングラスではなく普通のメガネですので不当な扱いは受けないと思います(爆)
まあしばらくは大人しくしておきたいですが、なかなかそうもいかないのが現状のようです。

sugarさん

そうですか、sugarさんも目の病気に悩まされていますか。
物が見えないと危ないし気持ち悪いですよね。
まさかこんな手術まで必要な病気と思わなかったので、こんなに長い間
放置していたことが悔やまれます。
本来なら目の上を覆ってる物なんだそうですが、私のは黒目の中にまで
入り込んでいたそうです。
何年も大きくならないと思っていたら中に入り込んでいたんですね、恐ろしい(笑)

ありがとうございます。
大人しくしておきたいですが明日からまた仕事です(x_x;)

いつか見た風景さん

いやあ、メガネがあるといろいろと面倒ですね。
視力でメガネが必要な方は大変だなあと思います。
私の場合は最悪の場合外せば済みますから(笑)
いやあ、本当に病院変わって良かったです。
某U眼科では袖の下渡さないと手術の日取りまでいつになるか
わからないようなありさまだそうですから。
こちらの病院では手術をお願いして1週間後にはしてもらえました。

無事に終わりましたので後は日にち薬ですかね。

Re: メガネという選択肢

翼状片ですか、災難でしたね。
手術は(医者の腕にもよりますが)大げさなものではないので、無事終了されたものと思います。
でも、最初の眼科はひどいですね。 翼状片は白目の部分でもスリットランプ(眼を見る顕微鏡)を見れば余程のことがない限りすぐに分かると思いますが。。。。

翼状片の原因の一つは紫外線との言われていますが、実際にはよく判ってないようですね。
でも、紫外線を防ぐ為にUKカットの眼鏡をかけることは良いことだと思いますよ。
白内障は老化の一種ですので、遅かれ早かれ長生きすればかかりますが、紫外線を出来るだけさえぎることで、進行を遅くすることができると言われてるようです。 また老人性黄班変性症(網膜の病気)も紫外線をさえぎることが予防の一つと言われてます。白内障の手術は簡単ですが、網膜は厄介ですので要注意です。しかも視野欠損やら物がゆがんで見えます。


小生も近視に加え、飛蚊症を患ってます(最近は老視も加わってます。笑)ので眼には注意してます。
飛蚊症は硝子体剥離を起こすような構造近視に多いので、近視でないまっちゃんさんの眼はリスクは低いですが、これを機会に緑内障なども含めて定期的に眼科の健診を受けるのも良いかと思います。

いずれにしても、眼が駄目になると写真も楽しくないので、お互い眼の健康には注意して写真を楽しみましょう。

仕事の関係でちょっとだけ眼に詳しいボンジュールからのアドバイスでした。



ボンジュールさん

おかげさまで手術は40分程度で無事終わりました。
今日からは仕事にも行きました^^
そうですか、ボンジュールさんは目に詳しかったんですね。
だったら先日お会いしたときにいろいろ聞いておけば良かったな。
でもあのときは病気のことはまだ知らなかったしなあ(笑)
やはり目の病気は怖いですね。
やはり紫外線を遮ることは効果ありですか、よかったです。
私の翼状片は再発しやすいタイプだと先生が仰ってました。
自分で出来る予防手段はなるべく紫外線を浴びないようにするしか
ないですもんね。
そうですね、お互い目には気を付けて写真ライフを楽しみましょう。
いろいろありがとうございます。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://llmatchanll.blog59.fc2.com/tb.php/321-d3fc93de

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。