スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

門脇家住宅・大山町所子 

カテゴリ:旧家・古民家

はじめに、当初記事内に誤りがありましたので訂正いたしました。

お詫び申し上げます。


さて、気を取り直して^^;

大山からの帰り、公開中の門脇家住宅へ寄ることとしました。

一般公開もこの日が最終日です。

時間も3時を過ぎており、ギリギリ間にあったという所でしょうか(^^ゞ

ここを訪れるのは初めてのことです。

CRW_0055.jpg

CRW_0058.jpg

外から見てもそうですが、門を潜るとまずその茅葺き屋根に圧倒されます。

CRW_0063.jpg

厚みは上の方で約80センチ、軒先のほうでは90~100センチになるそうです。

これだけの茅を調達するのも大変だろうと思いますが、前回の葺き替えに使用した材料は

東北から運んできたそうです。

この門脇家住宅、相互リンクしているぽん太さんやマシンガンさんが既にアップされているので

詳しいことはそちらを参考にして頂きたいと思います(笑)

ぽん太のポタリング日記 「重要文化財 門脇家住宅 秋季一般公開」

山陰発自転車倶楽部 「門脇家住宅(大山町所子)」

では気を取り直して中へ入ることとします(笑)

CRW_0073.jpg

受付を済ませると私たちが初めてと言う事もあり、最初にビデオを見ることを勧められました。

数年前に某国営放送局で制作された番組を約20分ほど見させてもらいました。

そしてようやく見学開始^^

明和初期の大庄屋のお宅だけあって立派な造りですねえ。

あまりに暗くて写真には収められませんでしたが、何段にも組重なる梁は見事でした。

柱や壁なども実に深みのある風合いになっています。

CRW_0070.jpg


CRW_0074.jpg

中にはいくつかの美術品が展示されています。

これは公開するたびに少しずつ毎回品を変えて展示しているそうです。

CRW_0087.jpg

今で言う役場のような所で、警察署とか消防のようなのも兼ねていたんでしょう、

壁にはそういった道具がかけられていました。

CRW_0082.jpg

奥の部屋やお茶室にも案内されましたが、お茶室は入り口が狭くバッグを背負っておりましたので

中まで入るのは遠慮しました(^^ゞ

続いて台所へ。

昔の台所ですね、昭和30年中頃まで使っておられたそうです。

CRW_0091.jpg

CRW_0094.jpg


昔の生活を偲ばせる道具や家財などが多く残されています。

CRW_0116.jpg

CRW_0124.jpg

このようなものを維持・保存していくことは大変なことなんだろうなあと思います。

国の重要文化財ということで多少は補助金が出るそうですが、それでも年に数回

このようにイベントをしたり、保存のための費用などを考えれば十分ではないのかも

しれないですね。

できるだけ多くの方にぜひ足を運んで見学していただきたいと思います。





EOS Kiss Digital + EF85mm F1.8 USM
               SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM


この記事へのコメント

Re: 門脇家住宅・大山町所子

彩度を下げた写真がいい雰囲気です^^
モノクロだとちょっと行きすぎですしね。
しかし、今年の当主は絶好調だったのでしょうか?
昨年はお疲れ気味のようで、椅子に座っての説明で、
茶室まで案内していただけませんでした(^^;)

記事の紹介ありがとうございました。
というわけで図に乗ってTB送ります^^
  • [2010/11/06 10:26]
  • URL |
  • マシンガン@仕事中
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: 門脇家住宅・大山町所子

おっ!3人目の写進化が訪ねている(笑)
白川郷の合掌造りも、屋根の葺き替えの茅を手に入れるのが大変のようですね。
米子市福万の高田家住宅も、このような荘厳な造りですが、
葺き替えの茅は、青森から持ってきてもらったと聞いたことがあります。
国の重文に指定されても、維持管理が大変ですね。

Re: 門脇家住宅・大山町所子

いつぞやこの門脇さんちに行こうと思ったのに、
発見できなかった記憶があります(^_^;)
米子の後藤家もですが、本当にこういうお宅は維持管理が大変ですね。
文化財になってるので、修理したくても勝手に出来ないんだとか。
でもやっぱり、未来に遺して欲しい建物ですよね。
旧街道沿いは、こういった古い建物が所々に残っていて、
散策するのも楽しいですよね。
私も、雪が降ったら自転車に乗れないし、写真活動に励もう・・・(笑)
そう思って、まっちゃんご紹介の忍者タスキストラップ、注文しましたよ♪

Re: 門脇家住宅・大山町所子

最近、古民家がブームなのか(^^ゞ
しかし、分厚い藁葺き屋根ですね~ 地層みたいです(笑)
ぽん太さんも書いてましたが、そんなに暗いんですか。
それならフルですね(爆)

この家ですが、人が住んでるのに、余り生活感を感じないのはなんででしょう(^^ゞ   

Re: 門脇家住宅・大山町所子

ぽん太さんのところでも拝見した古民家ですね^^。
何回見ても、凄いお屋敷ですね~。
上から5枚目は、壁なんでしょうか?
とてもいい艶ですね。
上手く撮られてますね^^。
時々、古民家の空間に触れると何となく気持ちが良いです(笑)
で?、人が住んでるんですか???
  • [2010/11/07 00:39]
  • URL |
  • クラウン・ベリー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: 門脇家住宅・大山町所子

おぉ、ここいい感じですね。どの写真もアングルが
素敵です。勉強になります。
僕も行ってみたくなりました。
でもいつでも中に入れてもらえるんでしょうか?
しかもかなり暗いとなれば、MFTでは無理かな。
やっぱり「フル」でしょうか。D700が最近局所的に
はやってますが(笑)、僕も実はほしいです。

Re: 門脇家住宅・大山町所子

ここの路地はいい感じですね~
そぞろ歩きをしてみたくなりました(^^)

私の知っているご当主はかなりご高齢なかたで
以前はお茶の幹事長をなさっていらっしゃいました
こちらのお茶室もお道具もなかなかだと聞いております
今度の公開には行ってみようかな(^^)

Re: 門脇家住宅・大山町所子

何だか、有名な民家のようですね。
ここにある台所なんか、素晴らしいの一言に尽きますが、現在も実際に使われているのでしょうか?
こうゆう所で炊いた仁多米なんて最高なんでしょうね。(笑)
しつこいようですが85mm最高ですね。オランダで327ユーロ(約37,000円)で売ってて、ビックカメラより安いようなので、心が揺れてます。(爆)

マシンガンさん

TBありがとうございます。
私が行ったときはご当主は椅子に座っておられましたよ。
ご長男さんとかいろんな方にご説明頂きました。
とても雰囲気が良く、また訪れて見たくなる所でした。

ヲアニーさん

へへへ、写進化として訪れないわけにはいかない感じがしました。
屋根に使う茅はある程度の長さが必要なようです。
この門脇家でも2メートル程ないといけないらしくて、このあたりのものは
それほど長さがないようです。
これだけの量ですから調達は大変でしょうね。
これだけ立派なものなので、大事にしていって欲しいですね。

nasukaさん

私もはっきりと場所はわからなかったのですが、看板が出ていたので
見つけることが出来ました。
山陰道の大山IC下りて、大山電機に入る道を真っ直ぐ行った所にありました。
今日は赤崎の方に行ってましたが、このあたりにも古い集落には趣のある
街並みが多く残ってますね。
ストラップ買われましたか!
普通のストラップと違って締められるので自転車でも使えそうですよね。
レビュー楽しみにしています!(笑)

ゆるポタさん

ブームかどうかは別として、以前から行きたかったところに
やっと行けたといった感じです。
茅葺き屋根は厚いですよ、近くで見てびっくりでした。
これだけの屋根を葺き替えるのは大変だろうなあと思います。
屋根裏は照明もないですから暗いです。
で、なんで暗いとフルなのかよく分かりませんが、明るいレンズと
高感度性能のいいカメラがいりますね(笑)
下は土間なので三脚立てるのもどうかと思いますし。
基本的に公開されている部分は普段は使われてないと思います。

Re: 門脇家住宅・大山町所子

まっちゃんさんも門脇家住宅に行かれたのですね

他のお二方と違って屋敷の外の写真がありましたので
行ったことのない私には、とても参考になります

またどの写真にも、まっちゃんさんの個性が出ていて良いですね
今回は特に三者三様で大変勉強になりました

P.S.
しかし最初にビデオを20分間見るのですか
結構時間に余裕が無いと厳しいですね

クラウン・ベリーさん

そうです、ぽん太さんもアップされてましたね。
いやあ、実際目の当たりにするとその重みというか存在感に
圧倒されますね。
特に梁の重厚感は必見ですよ。
5枚目のは壁ではなくて、タンスでもないし物入れというか、
それの引き戸です。
つやといい光の当たり具合といい、何となく艶めかしい感じでしたので
撮ってみました(笑)
こういう空間は、何となく心が静まる感じがします。
和が好きと言う事なんでしょうか(^^ゞ
同じ建物に居室はありますが、この公開している部屋は使われてないと
思います。

kogikogi-lifeさん

いい感じでしょ?
初めて訪れましたがとても素晴らしいところでした。
台所にしても他の部屋にしてもそうですが、光の具合と言いますか
蛍光灯でない柔らかな光ですのでとても癒される空間になっています。
ただ、普段は入ることは出来ません。
年2回春と秋に公開されていますのでその時だけですね。
かなり暗いのは梁を撮ろうとしたときだけで、その他はそこそこ
明るいレンズであれば問題ありません。
コギコギさんもフルいっちゃいます?(笑)

sugarさん

こんな感じの路地はこの前の辺だけですよ、たぶん。
今回お茶は頂きませんでしたので道具は拝見しておりませんが、
お茶室は立派な物だったんではないでしょうか。
(そういう物自体あまり見た事がないのでわかりませんが)
次回の公開は来年の春ですが、是非行かれてみてください。
300円でお茶も頂けますから(笑)

ボンジュールさん

国の重要文化財ですので超有名です(笑)
ここの台所は今はもう使われていないそうです。
さすがに今時このような道具では不便でしょう(笑)
ですがここで炊いたお米は美味しいでしょうね^^

>しつこいようですが85mm最高ですね。

おや、ボンジュールさんも85ミリの虜になってしまいました?(笑)
37000円って新品ですか?安いですね。
それは是非買っておいて間違いないんじゃないでしょうか。

いつか見た風景さん

はい、私も行ってしまいました(^^ゞ
屋敷の外ですね、これ一枚だけですがこの路地の雰囲気も良かったので
一応収めておきました。

>またどの写真にも、まっちゃんさんの個性が出ていて良いですね

ありがとうございます。
自分ではわからないですが、やはり私の写真にも個性ありますか?
でも同じ所に行ってもそれぞれ撮り方が違うので面白いですよね。
ちなみに、ビデオは見ても見なくてもいいんですよ。
まあ予備知識的に見ておけば見学していてもわかりやすくなるかと思います。
ちょっと時間もあったので見てみただけという事です(笑)

Re: 門脇家住宅・大山町所子

昨日はお疲れ様でした。
限られた範囲で同じ被写体を独自のアプローチで
撮られてますね~面白い。
最後の蔵の雑貨は撮りませんでしたが
言い雰囲気出てますね~

Re: 門脇家住宅・大山町所子

同じところでも撮る人の感性が各々違うから
同じところとは思えませんね。^^
だから面白い。(笑

古びた民家の風情がいいと思います。^^

誰かさんはフルを単に広めようとしているだけで
また何かのネタにしようと思っているだけです。(爆)

ぽん太さん

お疲れ様でした。
同じ所を撮ってもやはりちょっと視点が違ってますね。
人それぞれの作品を見るのもまた勉強になっていいものですね。
蔵の雑貨は私にはストライクでしたから(笑)
こういう物って何でかわかりませんが好きなんですよね。
アップはしてませんがかなりいといろ撮ってます(爆)

takesanさん

あ、takesanさんからコメント来てる(笑)
各人の感性が違うのもありますが、後でアップする者はなるべく同じような
アングルの画は出さないから余計そう思えるのでしょう。

>誰かさんはフルを単に広めようとしているだけで

まあ私は当分はフルに手を出すことはないでしょう。
仮に入手しても黙ってますよ(爆)

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://llmatchanll.blog59.fc2.com/tb.php/341-283daab0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。