スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HDR 

カテゴリ:HDR

最近写真も撮れずネタもないのでお遊びネタでも(笑)

皆さんは「HDR」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

写真をされていれば一度は聞いた言葉であろうかと思います。

これはハイダイナミックレンジ合成と言って、通常の写真技法と比べ

より幅広いダイナミックレンジを表現するための技法の一つです。

t_IMG_9862_3_4_tonemapped.jpg



実際に目で見ている風景などではダイナミックレンジはしばしばコントラスト比で

100000:1を軽く超えると言われています。

それに比べフィルムやイメージセンサーなどではせいぜい2000:1しか表現

出来ないそうです。

日差しの強い屋外などで日の当たる部分と影になる部分ではコントラストの差が大きく

日陰に露出をあわせると明るい部分では白飛びが発生します。

それと逆に明るい部分にあわせると今度は日陰になってる部分は黒くつぶれてしまい

ディテールが失われてしまいますね。

このような場面でいくつか露出を違えた写真を合成して白飛びや黒つぶれのない、幅広い

ダイナミックレンジを持つ画像を作り出すのが「HDR」という技法です。

細かいことや詳しいことはまだ僕にもよく分かりません。

写真表現の中でこういう加工をすることは邪道だと思われる方もいると思います。

ですがせっかく撮った写真です、見たままの風景に近づける加工もアリだと思いますし、

より印象的に見えるようにちょっとオーバー気味でもアレンジを加えてみるのも面白いと

思います。

今回の画像、元の画はこんな感じです↓

IMG_9863.jpg

どうでしょう?より印象的な感じになってると思いませんか?

まあこれはちょっとHDRにするにはあまり適さない風景だと思いますので、効果のほうも

やや控えめと言った感じでしょうか。

いろいろとネットで調べておりますと皆さんかなり凄い作品を作っていらっしゃいます。

まあこればっかりやるわけではありませんが、少しネタに困ったときにはチョイチョイ

取り入れてやってみようかと思います。


この記事へのコメント

Re: HDR

HDRですね。 
最近デジタルで焼き込みや覆い焼きのできるソフトを探してます。
HDRもこれも一種なので非常に興味があります。
昔、銀塩(モノクロ)の焼付けをやっていたときに、画面すべてで露出を合わせられないか、試行錯誤してましたが、HDRはこれを一気にやってしまう技術と理解しておりますので大変興味があります。
どんなソフトがお薦めでしょうか?

Re: HDR

HDRの技法自体は邪道だとは思いません
これだけカメラが進化しても肉眼にはとうてい叶わないのですから
明暗差のあるシーンではどちらも両立させようとすると
どうしてもこうゆう技法が必要になりますね
でもいかにもHDRという感じでかえって汚くなってしまっている写真をたまに見ますが
やり過ぎには好みが分かれるところですね。

Re: HDR

面白そうですね^^。
ちょっと前まで銀塩にのめり込んでましたが(笑)今はデジタルで加工も踏まえた写真を作ろうと思ってます。
なので、この手のことも興味がありました。
で、ボンジュールさん始めまして、こんにちは。
私もソフトを探してましたが、こんなのは如何でしょうか?
「SILKYPIX」http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/
使い方等が載っておりますのでご参考まで。
いろいろな考えか方があると思いますが、これもありだと思います。
というか、デジタルなら加工は前提のような気がしてます。
銀塩とデジタルを上手く使い分けていきたいですね^^。
  • [2011/08/29 15:35]
  • URL |
  • クラウン・ベリー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ボンジュールさんへ

覆い焼きと言えば真っ先に浮かぶのがSILKKYPIXでしょうか。
バージョンが5になって新たにHDR作成機能も追加されたようですが、いかんせん
ソフト自体異常に重たいらしいので僕のPCではまずまともに作業出来ないのでは
ないかと思われます。
マシンガンさんはそのためにPCを新調したらしいです(笑)
その辺に関してはこれから僕も勉強段階ですのであまりお勧めとかは出来ないのですが
いまのところ良さそうだと思っているのは「Photomatix Pro」というソフトです。
基本的に3枚以上の画像を合成するのが基本なようですが、これは一枚の画像からでも
擬似的にHDRを作成可能です。
また比較的安価なのが「Photo ReColor」
こちらは5000円弱ですが、なんと3D画像まで作れるバージョンもあります(笑)
まあどれも体験版がありますから一度使ってみて自分にあったものを探されるのがいいかと
思います。
と言う僕もこれからいろいろと試してみたいと思っています。
何かあったら追々ネタにして提供してみたいと思います。

ぽん太さんへ

そうですね、出来る限り見た目に近い感じに近づけるという意味では
HDRという選択肢もアリだと思います。
ですが行き過ぎるとちょっと写真とは違うほうへ行ってしまいますので
そのあたりの加減が大事でしょうね。
そのあたりも含め今後いろいろ試行錯誤してみようと思います。

クラウン・ベリーさんへ

お、クラウン・ベリーさんも興味をお持ちでしたか^^
デジタルは何と言っても自由に加工出来るところが長所だと思います。
加工と言っても様々ですが、実際の見た目により近づけるという意味でこの
HDRという技法は最も有効でしょうね。
明暗差のある画も表現の上では大切な要素ですから、もちろんそう言ったものを
全てHDR化していこうというものでもありません。
ですが今後こういう加工前提で被写体を探すこともあるかもしれないですね。
で、お勧めのSILKYPIXですが、噂によるとかなり重たいらしいです。
推奨でCPUがCore 2 Quad以上、メモリ2Gとありますのでかなりのハイスペック
ですよね。
まあ体験版を使ってみてませんので何とも言えませんが・・・(^^ゞ
ですが金額的にけっこうしますので敷居の高いのも事実で(笑)
ソフトについてはこれからいろいろと試してみたいと思います。

Re: HDR

デジタルになって自由に加工できると言うことから
HDRは有効とは思います。
ですが、あまり行過ぎた作例を見るとどうかと思う時もありますね。(^^;

私の場合デジタルと銀塩の共存を考えると現在のパソコン環境は再構築の時期にあると
思ってます。(^^;
まだ先のことですがいろいろと勉強しているのですが現像ソフトもSILKYPIXもあり得るかもしれません。
そうしたらHDRも考えるかもですね。(笑
その時は御教授下さい。(爆)



takesanさんへ

明暗差のある景色では普通に露出補正しても限度がありますからね。
あまり手を加え過ぎず、見たままの再現という範囲でしばらくは
やってみようと思います。
近頃は高画素化になって画像一枚あたりでも10メガバイト以上ですから
それなりのスペックが必要になってきました。
しかしこないだレンズに手を出してしまいましたし、当分パソコンに
かけるお金はないですね(^^ゞ
まあtakesanさんが手を出す頃までには少しはやれるようにしたいと思います(笑)

Re: HDR

私もHDR化はした事がありませんが、
写真の表現の可能性という意味で興味があります

HDRは加工と考えるか技法と考えるかで受け取る感じ方は違うでしょうね
個人的には最終アウトプットをどう感じるかというのが重要だと思っていますので
使い方しだいだと思いますね^^

Re: HDR

度々お邪魔致します。
詳細な情報ありがとうございます。
SILKYPIX良さそうですね。
実は家のPCが、もう駄目になりつつあって、新しいものへの買い替えを検討しておりますので、それでやってみようかなとも考えております。

デジカメ画像の、ソフトでの画像処理は日本では賛否両論のようですが、昔のモノクロも増感して粒子を粗くしたり、焼付けの時に覆い焼きをするのが一般的だったので、これも一種のレタッチと考えております。
今週パリに出張したときに、フランスの有名な写真雑誌(PHOTO)を買ってみましたが、HDRどころか、ありとあらゆる色の挿げ替え、合成、何でもありって感じで、あくまでも「表現の一つ」と捉えられていいるようです。
芸術先進国(?)のせいか、ちょっと日本人的には???の作品もありますが、芸術と捉えれば何でもトライするのもありかなと思うようになってきました。自分がやるかどうかは別にして。(笑)


Re: HDR

なんかチョット意外(笑)

HDRは僕はよくするのですが、
僕にとっては自由をモットーにしているので
ありですね。
ただ最近はコッテリ系は飽きてます。
自然の風景はHDRに適さないのですが、
山陰は自然が多いので・・・

ちなみに僕はPhotomatix派です。
日本語版は高いので英語版の最新を使っています。
僕が買った時は約6千円でしたが、
円高のおかげで今なら約5千円で買えますよ。

いつか見た風景さんへ

HDRは初めちょっととっつきにくいところがあったんですが、露出補正
だけではどうしても表現に限界があると感じました。
ある意味写真の撮って出しにこだわるのでなく、これからは少し手を加えて
みるのもありかなと思っています。
写真としてだけでなく、アートとしてみるならばその可能性は無限に広がり
ますよね。
写真もそういつも撮りに行けるわけではないので、そういうときに家でいろ
いろ加工して遊んでみるのも面白いと思います。
どの程度まで許せるのか、皆さんの反応を見ることにしましょう(笑)

ボンジュールさんへ

そうですね、僕も余裕があればSILKYPIXといきたいところですが
それは難しいかも(^^ゞ
ボンジュールさんPC新調されるならいいかもしれませんね。
しかしHDRに関して皆さんからこれだけ意見を頂けて嬉しいです。
それに皆さんも少なからず興味がおありのようなので、いろいろと
試しながらときどきアップしてみたいと思います。

陽さんへ

あれ、意外ですか?
実はHDRを気にしだしたのは陽さんの影響ですよ(笑)
発色の鮮やかさ、見た目に近い風景の再現という意味で考えると
HDRという選択肢は有効ですね。
ただ、あまり度が過ぎるとやり過ぎとなってしまうので、そのあたりの
加減をどうするかが問題になってきますね。
当面は明暗差を少なくするための技法というスタンスでやっていくつもり
なので、この山陰の自然風景でも十分活用の余地はあると感じています。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://llmatchanll.blog59.fc2.com/tb.php/403-83dab889

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。