スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りゅう座流星群 

カテゴリ:星空

3連休の中日に当たる9日の未明、13年ぶりにりゅう座流星群が

極大になるというニュースを読んだ。

ネットで調べてみると、ピークは午前2時と5時の2回あるらしい。

午前2時ではまだ月があり、5時になると日の出が近く空も明るくなるという。

予想としては2回目のピークのほうが流星の数は多いそうだけど日の出の関係もあり

観測は難しそうだ。

となると月明かりは我慢するとして最初のピークにかけるしかない。

と言うわけで少し早めの午前0時前に家を出て北のほうへ向かってみた。

撮影場所に着き、明るめの星を数枚撮ってピント位置を決める。

そうすれば後は適当に方角を合わせシャッターを切っていく。

使ったレンズはシグマの30ミリ。

そう広角でもないので全ての範囲をカバー出来るわけではない。

いちおう目安となる方角はあるがそこばかりに現れるとは限らないので、すこしずつ

向きを変えながらの撮影だ。

いろいろあって1時過ぎくらいからの撮影であったが一向に流星は現れない。

それでも油断するわけにいかないので一定の間隔でシャッターは切っていく。

最初のピークである2時を過ぎても目視出来るような流星は現れない。

気持ちが萎える中、ひときわ明るい光りが横一文字にスーッと流れ、何度も

きらめきながら消えていった。

はっきりとはわからないが2~3秒は光っていたように感じた。

それから俄然やる気が回復したが、それ以降はまた沈黙してしまった。

それでもと思いいろいろは方向に向けてシャッターを切っているうちに、

やっと一筋の光りを捉えることが出来た。

IMG_42720.jpg

画面の端のほうにチョロッと(笑)

本来ブログに載せるような画像でもないし記事でもありませんが、せっかく

夜中に3時間も粘ったのでご勘弁を(^^ゞ

結局今年は外れ年だったのだろうか?

たくさん見られたところはあったのかなあ?


ちなみにこの日は知人の某Mさんにお誘いを受けて一緒に撮影しました。

合間に普段見ない星空をじっくりと見たり話をしたりしながら時間を過ごしました。

秋の夜長に、少し寒くはありましたがこうした有意義な時間が過ごせたことは

良かったと思います。

それだけでも収穫はあったのかな(笑)



この記事へのコメント

Re: りゅう座流星群

やりましたね!(笑)
こうやって見ると、
空にはいっぱい星がありますね~
しかも、色んな色があるし。
じっくりと夜空を見ながらデート(爆)するなんてめったにないことですから、
こんな時間も、本当にいいですね。
それに、今の時期なら蚊にかまれる心配も少ないしね(^_^;)

Re: りゅう座流星群

9日は私も遅くに帰りましたが、月夜でしたよね。
で、りゅう座流星群ですか。
詳しくないのでよく分かりませんが、写真はなかなか良いとおもいます・・。
良く見られる時は何本も流れてるんでしょうか?
でもこの一時が最高に良かったんじゃないですか^^。
楽しい時間が想像できます。
  • [2011/10/11 17:22]
  • URL |
  • クラウン・ベリー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: りゅう座流星群

おぉ、流星が写っている
ちゃんと願い事をされましたか^^

私も一度は星座撮影をしたいと思っていたのですが
今回手順が書いてあったので大変勉強になりました

しかし流星撮影となると大変な根気が必要ですね
一人だと辛そうですけど仲間と一緒だったら合宿のようで楽しそうです^^

nasukaさんへ

ありがとうございます。
でもちょっと苦しいですね(^^ゞ
肉眼ではこれほど多くの星は見えていませんが、いやあカメラのレンズって
凄いですね、こんなにたくさんの星を写し出すんですから。
まあぼんやりと(でもないけど)星を眺めながらまったりと過ごす時間も
たまにはいいもんです。
蚊がいないのは良いんですがかなり寒かったっすよ(^^ゞ

クラウン・ベリーさんへ

はい、明るい月夜でした(^^ゞ
僕もこの流星群は新聞で見るまで知りませんでした。
だいたい13年に一度の周期で大出現するそうで、今年は特に多くの流星が
観測出来るのではという記事でしたので期待していたんですが・・・。
もし予想通りなら、ピーク時には1時間に100個程度観測出来るはずでした。
ほんとならこの画面にかなりの流星が写るはずでしたけど(笑)
まあ待ちながらなんやかんや話してるのが楽しいんでしょうね。
一人だったらさっさと帰ってるところでした(爆)

いつか見た風景さんへ

願い事ですか?
すっかり忘れてました(笑)
流星撮影の手順と言っても肝心なのはピント合わせることです。
遠くだから無限遠で良いと思いがちですが、実際は無限遠よりも近くで
ピントが合います。
星の軌跡を撮りたければ少し絞って長秒露出した方が良いですね。
この画像は絞りが1.8で、5~6秒程度の露出です。
もっと流星の数が多ければ放射点に向けて構えていれば何個か同時に
写し込めたはずなんですがね(^^ゞ
何とも数が少なすぎました(笑)

Re: りゅう座流星群

夜中に3時間ですか~なんとも凄い忍耐強さですね
まぁ一人じゃないと退屈しないかも知れませんね。

一度は星座がぐる~と回ってるような写真撮って見たいですが
待ち時間に耐えられるか・・・(^_^;)

でも1カットでも撮れるとはすごいタイミングですね。
待った甲斐がありましたね。

ぽん太さんへ

いやあ、やはり流星群となるとそれくらいは粘りますよ。
出来上がりの写真を想像すればこれくらい待つのは我慢出来るでしょう。
ですがこれで大出現してくれれば報われるんですが、この程度では疲れるだけですね。
こんな状況でこれっぽっちでも画面に入ったのは奇跡です。
本来なら記事にも出来ないところですが、これだけで採用しちゃいました(爆)

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://llmatchanll.blog59.fc2.com/tb.php/410-faf3243d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。