木谷沢はいま 

カテゴリ:風景

台風12号以来一部通行止め区間があり通り抜けが出来なかった大山環状線。

最後の通行止め区間であった江府町エバーランド奥大山~御机間が開通し昨日の

午後1時より全線開通となりました。

そしてタイミング良く昨日は仕事で御机へ。

帰りに環状線を通りずっと気になっていた木谷沢へ行ってみました。

駐車場に車を止め渓流へ下っていきます。

道が開けたその時、目の前に広がる光景に思わず言葉を失いました。

IMG_43639.jpg

かつてはここはこんな風でした。

kidani4.jpg

苔むした岩は流され、土砂で埋め尽くされています。

IMG_43647.jpg

木もかなり流されてしまったようです。

IMG_43641.jpg

こちらは上流部にある橋。

流されて壊れてます。

橋から見るさらに上流部。

IMG_43644.jpg

台風以前がこちら。

kidani1.jpg

もはや以前の面影はこれっぽっちもありません。

ひどいとは聞いていましたがまさかここまでとは・・・。

IMG_43657.jpg

下流部の橋もご覧の通りです。

橋から下へは行くことが出来ません。

IMG_43655.jpg

こういう光景ももう見れないんですね。


kidani2.jpg

kidani3.jpg

しかしこれが現実、受け止めざるを得ません。

かつての苔むしたこの渓流を写真に収めることが出来た事だけでも良かったと言うことでしょうか。

この先何十年かけてでも、果たして前のような自然を取り戻すことが出来るのだろうか・・・。


この記事へのコメント

Re: 木谷沢はいま

いろいろな方のブログでも紹介されていましたが
まっちゃんさんの写真が一番理解しやすいですね
まさかここまでとは・・・(T_T)
苔生した岩はどこに、あの静寂さを放つ光景は・・・・
ずいぶん通って僕的にはもう撮りきって満足ですが
他にない美しい渓流がなくなるのはとても残念です。
ただこれが自然による災害だというのがせめてもの救いです。
人間の自然破壊によるものだったら・・・・

Re: 木谷沢はいま

大丈夫です、自然の再生能力はすごいです!
時間はかかるかもしれないけど、きっとあるべき姿に戻ります。
数年後には、更に美しい木谷沢に出会えることを信じましょう~!
日野川沿いを走ってると、
やはりあちこちで台風12号の爪あとが見られますが、
ひと月以上経って、ずいぶん回復してきてると思います。
朽ちた木は、きっと新しい命の苗床になるでしょうし。
沢が再生できるよう、そっと見守りましょう~~

Re: 木谷沢はいま

私も最初に木谷沢に行った時には
こんなにアクセスしやすい場所に渓流の美しさが見られる所があるなんてと
大変感動したのを憶えています

個人的にはまだまだ撮りたかったので大変残念な状況ですが
自然が作ったものは、また自然が治癒してくれると私も信じたいものです
時間はかかるかもしれませんが・・・

ぽん太さんへ

わかりやすいですか、ありがとうございます。
他の人のブログは見てませんが、自分で見るのが一番早いと思いまして。
何度行っても新しい感動を与えてくれた渓流ですから、このような惨状になって
言葉もありません。
鳥たちもいましたがこの先どうなるか・・・。
自然の恐ろしさをまざまざと見せつけられました。
ある意味自然を破壊し続ける人間への警告のような気がしてなりません。

nasukaさんへ

そうですかね、なんかこれだけの状況を目の当たりにするとちょっとやそっとじゃ
元のように戻らないんじゃないかって思います。
日野川も木にゴミがかなり引っかかってるところもありますね。
大山はあちこちが傷を負ってますね。
三の沢は工事のためまだ片側通行でした。
鍵掛峠あたりはもう見頃が近いようでしたが、今週末は天気が悪く残念です。
この渓流はもう大切な財産でしたからね。
再生するまで見守っていきたいですね。

いつか見た風景さんへ

そうですね、私も初めてここへ来たときは水面から靄が立ちこめていて
とても神秘的だったのを覚えています。
年に数回は必ず訪れていたのでこのような状況になって非常に残念です。
おそらく人の手もかなりかかると思いますが、また以前のような癒しの
空間が戻ってくれるのを祈るばかりですね。

Re: 木谷沢はいま

台風の影響が凄かったんですね。
私はまだ一回もお邪魔したことがなかっただけに・・とても残念です(涙)
nasukaさんが言われるように自然の回復力の凄さに期待したいところです。
最後のカットいいですよね^^。
確か85㎜だったですか?
  • [2011/10/27 16:00]
  • URL |
  • クラウン・ベリー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

クラウン・ベリーさんへ

クラウン・ベリーさんは行かれてなかったですね。
あの苔むした光景を一度見ていただきたかったですが残念です。
同じく自然の回復力に期待したいところですが、どれだけ年月が
かかることでしょうか。
事あるごとに訪れていたので寂しいです。
最後のカットはそうです、85ミリですね。
よくご存じで(笑)
ですが今ではこの85ミリも影が薄くなってしまいました(爆)

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://llmatchanll.blog59.fc2.com/tb.php/413-ff61dd0e