曼珠沙華 

カテゴリ:四季

平田方面での撮影の最後の記事になります。


毎年この花が咲くと秋が来たことを実感します。

DSC_1499.jpg


昔から「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、彼岸というのは春と秋の年に2回あります。

この花は別名「彼岸花」とも言いますが、ちょうど秋の彼岸の頃から開花し始めるのでその名が

付けられたようですね。

この花は夏の高温期を終え少しずつ気温が低下するようになるのを感じ、一斉に茎を地上に伸ばし

開花すると言われています。

ちょうどその気温の低下し始める頃が彼岸の頃だと言うことですね。


秋と言えば春に植えられた稲がたわわに実り収穫を迎える時期でもあります。

この黄金色に実った稲穂と彼岸花の赤色とのコントラストがとても美しい光景が広がっています。

彼岸花は稲作の伝来と共に広まったと言うことですから、日本人は古からこの光景を見てきたわけですね。

時代は変わっても、昔と変わらない風景がここにあるわけです。

出雲の地でこういう光景に出くわすと、何だかロマンを感じますね。

DSC_1504.jpg


まだ満開とはほど遠い状態でしたが、ここで撮影が出来て良かったです。


DSC_1532.jpg



今年の曼珠沙華の撮影はここで終わるはずでしたが、後日思いがけず他の所でも撮影が出来ましたので

曼珠沙華シリーズは次回も続きます(笑)






この記事へのコメント

Re: 曼珠沙華

稲穂と彼岸花のコラボはいいですね~~
ホント、古きよき里山、という感じです。
一度、段々畑に彼岸花が咲いてる風景を見てみたい(笑)
今年は咲き始めが遅かったので、
もうちょっと楽しめそうですね。
昨日玉造方面に行きましたが、あちこち彼岸花で真っ赤でしたよ~~

Re: 曼珠沙華

お久しぶりです。
オット、ここは来待の日吉神社前でないですか。
私の記事の下の彼岸花は同じ場所です。
来待もあちらこちら満開でした。^^

nasukaさんへ

この時期目につくのはやはりこの光景ですからね。
稲穂は単体でも十分いいですが、この彼岸花が入るとより一層引き立ちますね。
段々畑の彼岸花は僕も狙ってたんですけど、こないだの記事にもした山王寺の
棚田がニュースで見たらどうも彼岸花の姿が全くなかったようでしたのでガッカリでした。
今年の時期はもう終わりそうなので、また来年の課題として探しておかないといけませんね。

takesanさんへ

おっと、これは珍しい方からコメントが(笑)
確かに、下の方の写真は全く同じ場所ですね。
この画像でわかるなんて、さすが来待の主ですね(笑)
僕が行ったときには電車のカットのあたりなんてあんなに咲いてませんでしたよ。
僕も電車を撮るには撮りましたが、彼岸花とのコラボは無理でした(ーー;)

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://llmatchanll.blog59.fc2.com/tb.php/489-2c6cb07b