年末探鳥 

カテゴリ:野鳥

新年早々昨年の記事で申し訳ありません(; ̄ー ̄川

昨年の大晦日、ようやく仕事も終わり最後の休みで本来なら家の大掃除を

しなければいけないところですが、天気もまずまずでしたので午前中だけ

鳥見納めに行って参りました。

雪の中で柿の木に群がるツグミ
IMG_56180.jpg

ここだけでかなりの数のツグミがいました。

雪が積もると食べ物が限られてくるんでしょうねえ。

中に数羽のシロハラの姿も見られました。

IMG_56135.jpg

IMG_56164.jpg

こういった多数の群れの中に数羽違った鳥が混じることが多いです。

群れの中からそういったものを探すのも楽しみの一つですね。

別の場所にはカシラダカ。
IMG_56293.jpg

場所を変えましたが、他の果樹園にも多数のツグミがいました。

で、やはりカシラダカもいます。
IMG_56319.jpg

カシラダカを撮っているときに頭上でなにやら変わった鳴き声が聞こえてきました。

すぐには気づかなかったんですが、それは僕が探し求めていた鳥でした。

すぐに飛んで行ってしまいましたがそう遠くへは行かなかったようで、近くの木に

止まったようでした。

そちらの方へ歩いて行ってみると木にはたくさんの鳥の姿が。
IMG_56424.jpg

レンジャクです。

すると信じられないことにカシラダカを撮っているときは横殴りで雪が降っていたのに、その3分後には

雪はやみ、空には青空さえ見え始めてきました。

これは鳥見の神様がきっと味方をしてくださったに違いない(笑)

冬場って意外とこういう天気の急変が多いですね、逆の場合もありますが。

なので雪が降っててもけっこう撮影できる機会はあるものです。



レンジャクには尾羽の先が赤いヒレンジャクと黄色いキレンジャクがいます。

通常ですとヒレンジャクは西日本に多く、キレンジャクは東日本に多いと言われています。

今ここにいるのを見てみますと・・・
IMG_56535.jpg

よく見てみると赤いのと黄色いのどちらもいるようですね。

今回ヒレンジャクもキレンジャクも初見になりますが、どちらも同時に見れるとはラッキーでした。

これが尾羽の赤いヒレンジャク
IMG_56554.jpg

IMG_56516.jpg

こちらが黄色いキレンジャクです
IMG_56551.jpg

IMG_56567.jpg

尾羽の先っぽの色の違いがわかりますね。

よく見ると非常にきれいな羽をしていますね。

見た目ではそれほど明確な違いがある訳ではありませんが、それぞれ違う鳥ですよ。

今年はけっこう多くのレンジャクが入ってきているようなのでまたどこかで出会えたらいいなと思います。


別の場所ではミヤマホオジロもいました。
IMG_56582.jpg

この鳥も今シーズンはよく目にします。

大晦日になってレンジャクにあえてよかったです。


この年の鳥見は春のヤツガシラに始まってクロジ、オジロビタキも初見、アカショウビンも何度も会えたし、

冬にはキクイタダキにも会え最後にこのレンジャクと、とても充実した一年だったように思います。

ぜひ今年もさらに多くの鳥たちと巡り会えたらいいなと思います。

出す写真はとても鑑賞に堪えがたいものも多いですが、がんばっていろんな鳥を探していこうと思います。

今年もどうぞよろしくお願いします。


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://llmatchanll.blog59.fc2.com/tb.php/506-673ad966