ボーグという選択肢 

カテゴリ:機材・その他

現在メインで撮影している機材はEOS50Dに70-200+2倍のテレコンをつけている。

これだと近距離(おそらく10m以内)では非常に良く写るのだがそれ以上離れるといくら

ジャスピンに合わせたつもりでもあまり解像度は良くない。

解像度だけが写真の全てでは無いけど、それでも少しでも綺麗に写したいと思うのは

写真家としての性であろう(笑)

しかしいわゆる大砲と呼ばれる500,600ミリクラスの白レンズには到底手が出せるはずが無い。

どうしたものかと考えている折、ボーグが値上げをするというアナウンスが流れた。

ところで、そのボーグとは何ぞや?と思われる方も多いと思う。

ボーグとは一言で言えばトミーテックというメーカーが販売している天体望遠鏡である。

もともと天体観測用のレンズであるが様々なパーツを組み合わせる事によりデジカメで超望遠撮影を

可能にしたレンズシステムである。

星を綺麗に映し出すことに優れているため、野鳥の羽根などの細かいディテールを撮影するのに

大変適しているそうである。

そのボーグを使った作例を見てみると、どれも素晴らしいものばかりである。

実はこのボーグというものには以前から興味はあった。

だがパーツの多さ、様々な組み合わせのバリエーションがあるが故にどういうシステムを組めばいいのか

いまいちわかりにくかったという事もありいまいち導入に踏み切れないでいた。

が、そこへ今回の値上げのニュース。

実際どの程度の値上げかはわからなかったが、導入の動機付けとしては十分であった(笑)

悩んだ結果、在庫のあった77EDⅡ望遠セットを購入。

それと同時にもう一台新たな機材を頼んだがこちらは少し間に合わなかったので、とりあえず手持ちの

ニコンD300に取り付けてみた。

P4161108.jpg

初めて見た方はびっくりされると思うが、カメラのレンズとしては異常に長い。

しかし思ったより重量は軽く、キャノンの70-200+テレコンと同じか多少重い程度だ。

これで直焦点で約700ミリ、D300だと1.5倍で1050ミリ超の望遠レンズとなる。

もとがカメラレンズでは無いのでもちろんピント合わせはマニュアルとなるが、ドローチューブの伸縮と

ヘリコイドにより細かなピント合わせが可能となっている。

初めのうちは多少手間取るが、慣れてくればそう難しくないと思った。

とりあえず今回は試しという事で車の中から半手持ちで撮影を行ってみた。

DSC_2317.jpg
ホオジロ

これが一発目に撮影した画像。

ジャスピンとはいかないがまずまずの写りだと思う。

DSC_2324.jpg
ノビタキ

DSC_2366.jpg
ルリビタキ

DSC_2567_20130416231249.jpg
ジョウビタキ

残念ながら今回撮影した画像にはジャスピンと言えるようなのは無かった。

ボーグの本当の実力はこんなものでは無い。

ヘリコイドを回しているとファインダーを覗いてピントが合っているように思われる範囲がけっこう

あったように感じた。

目にピントを合わせれば背中はすでにボケている、これだけの望遠になればピント合わせもシビアに

なるのだろう。

このあたりの感覚は少し慣れが必要だろうと思うがファインダー越しにでもピントが合ってきたときに

見える画像にはゾクッとするものがある。

使い込んでいけばボーグユーザーの作例にあるような綺麗な画像が撮れるのであろうか。

それにはひたすら撮影して経験を積むしか無いだろう。

あ、ちなみにD300では絞り優先モードによる撮影が可能でした。

また、ピント合わせがシビアなのできちんと確認出来ていませんがどうやらフォーカスエイドも使える

ような気がしました。

これは今後要調査です。






この記事へのコメント

まっちゃん、おはようございます。

ご無沙汰してました。。

おー新しい機材ですか・・・。
機材のことはあまりわからないけれど^^;
これで私も野鳥を見てみたいです。
まずまずの写りとか書かれていますが、私からみればまずまずどころか
充分ですけれど(笑)
ホオジロなんて、私が撮ったものと比べものになりませぬ。(ま、もともとあたりまえなのですけれど)
私は相変わらず撮影までは機材不足のため出来ませんが、双眼鏡で鳥を探すのが楽しいです。
友人も嵌りましたよ。ポタリングでも70-300を持って、撮影出来る範囲で
鳥を撮影しています。私はポタリングを楽しんでますけれど(笑)
私は見たことないのに、ルリビタキを見たとか。。。
見たかった鳥だったので悔しい><
お写真のルリビタキは雌でしょうか。
かわいいなぁ。

ホオジロはよくいる鳥なんですね。山へ行くとけっこう見ています。。

新しい機材での鳥のお写真、楽しみにしています♪

めいさんへ

めいさん、こんばんは。

はい、ちょっと夏鳥シーズンを前に新兵器を導入してみました。
まあ写りとしては十分なんですけど、ボーグの真価は発揮できていないです。
はまったときの画像はこんなもんじゃないんですよ^^
めいさんもだいぶ鳥を見られて慣れてきたんじゃないですか?
そろそろ望遠レンズでも・・・(笑)
今回の写真のルリビタキは雌ですねかねえ。
ちょっと幼鳥っぽいところもありましたのではっきりとはわからないです。
ホオジロはこのあたりでは年中見られます。
なかなか持ち出せませんががんばって撮影してみようと思います。
ご期待ください(笑)

Re:ボーグという選択肢

お久しぶりです。
久しぶりにお邪魔したら、随分と物欲旺盛になっているようで(笑)
なかなかいいレンズではないですか。
500~600の白レンズは高額ですが、天体望遠鏡もきれいに撮れてますね。
手持ちでもブレがないですね。
ぜひ今度はお月さんを撮ってみてください(笑)

ヲアニーさんへ

おっとこれは珍しい(笑)
ご無沙汰しております<(_ _)>
いや、物欲旺盛は以前からですのでお構いなく(爆)
これはもともと天体望遠鏡で、対物レンズは2枚しか入っておりません。
カメラのレンズのように10何枚も使っていないので非常にクリアーな像を得られます。
10万いかない投資でこれだけの画像が得られるんですから、AFが効かない分を差し引いても
十分満足できるというものです。
手持ちは手持ちですが、車の窓にレンズを乗っけて撮ってるので一脚を使ってるといった感覚
でしょうかね。

>ぜひ今度はお月さんを撮ってみてください(笑)

いや、実はもう月を撮ってみたのですが・・・(^^;;
ちょっと思うような画は撮れませんでした。
こちらもちょっと練習が必要なようです。
いいのが撮れましたらいずれアップしようと思います。

Re:ボーグという選択肢

まっちゃん、こんばんは~
 この記事に気が付かなかったのですが・・ボーグデビューですか~
私の友達もオリンパスで使ってるみたいですが・きれいに撮ってます。
 最近はデカいのかってるみたいですが。
技が要るみたいですが使いこなせばいいレンズだそうです。
楽しみですね~

lamaさんへ

lamaさん、こんばんは。

いやあ、気付かれないようにコソッとアップしてたんですが・・・(笑)
この記事の時にはカメラが間に合わなくてニコンを付けてますが、いまは僕もオリンパスの
OM-Dで撮っています。
今までと比べると倍近くの画角ですのでやはり難しいです。
ただ、バッチリ決まったときの画質は相当のものといいますから、これから頑張って使いこなして
行きたいと思います。
でも、今年のところはほぼ練習で終わりそうですけどね(^^;;

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://llmatchanll.blog59.fc2.com/tb.php/520-257fcd23