スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルセウス座流星群 

カテゴリ:星空

少し前になりますが、ちょうどお盆休みに入る前日でしたので

ペルセウス座流星群を見に行きました。

真っ暗闇の中で見上げる星空は少々不気味でもありました(^^;;

現場にいた時間が約2時間半、撮影枚数は200枚弱でした。

その中で、流星が写っていたと言えるような写真はほんの2,3枚。

確率が悪いですね~。

そもそも事前情報ではピークは午前3時頃。

実際は2時過ぎくらいに立て続けに流星が出現しました。

ただ、ピークでは無いからまだこんなものじゃないのかもと思いつつ

そのときはまだ気合いを入れて撮影はしておらず、結果として一番良い時間を

みすみす逃すこととなってしまいました・・・・(x_x;)

まあ自然の現象ですので誤差はつきもの、その場その場で臨機応変に対応

しなければダメだと言うことですね。

では画像です。


DSC_2906.jpg

おそらくこれが一番まともに撮れていた画像です。

後のは無理矢理編集して見られるようになった程度。

DSC_2954.jpg

真ん中の赤い光は飛行機か何かですね、見にくいですが右の上の方から下に向けて

流れているのが流星です。


DSC_3011.jpg

よく見てみると全ての写真がピントが合ってません(x_x;)

やっぱ適当じゃダメですね。

次の流星群までに少し星景写真でも撮って練習してみたいと思います。


撮影機材 NIKON D300 + TOKINA AT-X 116 PRO DX





この記事へのコメント

Re:ペルセウス座流星群

結果的に、2時過ぎからの流星を撮っていればよかったですかね(笑)
流れ星は、あっという間に消え去りますから、まばたきもできないではないですか。
やっぱり、私のようなせっかちな人間は流星撮るのは無理ですね~。
でも、星空を撮るにはピント合わせは必要かな?
無限大にしておけばいいと思ってましたが・・・^^;
しかし、空にはこんなに星が光ってるのですね。星くずとは、よく言ったものです。

ヲアニーさんへ

仰るとおりです・・・・(^^;;
ですがバルブ撮影は意外とバッテリーの消耗が早くてですね、この時間でこれだけ
出るのだからピークになればそれはもう凄いことになるもんだと思っていました(笑)
結果ちまちま撮ってたものですからバッテリーは余裕で残ってるし流星は写ってないし
ろくな事になりませんでした。

>でも、星空を撮るにはピント合わせは必要かな?

そこですよ。
よく言われてるのは「ピントは無限遠に合わせて・・・」なんて書いてありますが、昨年の
流星群で試してみたら無限遠ではピントは合いませんでした。
実際には無限遠より少し戻したところでジャスピンになりました。
ですがこの日はそこまで緻密に合わせずに適当に撮ったのが間違いでしたよ(;´д`)トホホ
さすがに標高900メートルくらいまで上がると町中では見えなかった小さな星までも見えますね。
その光景は”くず”ではなくて宝石のようでしたよ(爆)


コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://llmatchanll.blog59.fc2.com/tb.php/534-109c6021

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。